CoinPostで今最も読まれています

世界をリードするバイナンスが発表した「ビッグニュース」3選|1000億円規模の仮想通貨ファンド、ほか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンスが3つのビッグニュースを発表
仮想通貨業界をリードする世界最大手取引所「バイナンス」は、Binance Labs開催のカンファレンスにて、10億ドル(1,000億円)規模のファンド設立や支援プロジェクト「Dache Chain」など、3つのビッグニュースを発表しました。
BNBとは
バイナンスコイン(BNB)は、取引高で世界一を記録した経験がある仮想通貨取引所のバイナンスが発行している、独自仮想通貨。ERC20(Ethereum Request for Comments:Token Standard #20)トークンの規格で作られたもので、Ethereumのブロックチェーンを使用している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

バイナンスが3つのビッグニュースを発表

世界最大手の取引所のバイナンスは5月31日、所有する「インキュベーター」チームであり、自社起業家支援プロジェクトの「Binance Labs(バイナンスラボ)」初主催となるオンラインカンファレンスを開催しました。

カンファレンスは、バイナンスCEO「Ella Zhang」氏らをはじめとする主要メンバー紹介、バイナンスラボの説明のほか、主に3つのビッグニュースが発表されました。

バイナンスラボの特徴について

まず同カンファレンスでは、バイナンスラボがどのような特徴を持ったプロジェクトであるかについて、説明がありました。

特徴1

1つ目は、「研究所」の性質があること。

バイナンスラボではその名の通り、ブロックチェーン技術や暗号化に関する研究・開発を行っていく組織です。

特徴2

2つ目は、投資収益率のみを重視するのではなく、仮想通貨の生態系全体、ひいては社会全体にとって有益なエコシステムの提供に力を入れた”エコロジーファンド”であることです。

運営の発表によれば、

  • パブリックブロックチェーン
  • 分散型取引所(DEX)
  • 保管、支払い用ウォレット
  • ステーブルコイン(一定価格の安定通貨)
  • 電子取引システム(ATS)/セキュリティートークン向けのプラットフォーム

上記、5分野への投資に注力するとしています。

特徴3

3つ目は、スタートアップの育成と資金提供に力を入れるインキュベーターであるということ。

以上のように、大別して3つの特徴をバイナンスラボは有しています。

自主規制組織「CCG」の設立

カンファレンスで発表された最初のニュースは、自主規制団体「CGI(Cryptocurrency Governance initiatives)」の設立です。

国際的な規制枠組みが、まだまだ未熟な状態にある仮想通貨界の現状において、市場関係者が頭を悩ませ続けている懸念材料の一つが、詐欺コインやピラミッドスキーム(ネズミ講)などの犯罪行為です。

仮想通貨市場でプレゼンスを高める「バイナンス」は、世界最大規模の取引所である自らが、率先して自主規制団体を設立することによって、このような問題の解決に対して真っ向から取り組む方針です。

10億ドル(1,000億円)規模のファンド設立

そして、同カンファレンスで最も注目を集めた発表が、「10億ドル(1000億円)規模のファンド設立」に関するものです。

カンファレンス内でバイナンスラボは、10億ドル規模の「Community influence」ファンドと、20のパートナーと共同による「Binance ecosystem」ファンドの立ち上げを発表しました。

具体的な情報までは公開されていませんが、ファンド内での投資には独自通貨の「BNB(バイナンスコイン)」が用いられるほか、1億ドル(100億円)以上の規模が必要であるといった、参加条件があるようです。

ファンド設立の背景としては、仮想通貨業界ではこれまであまり見られなかった、ファンドからの資金獲得を含めた”より柔軟な資金創出の在り方”をバイナンスが模索していることが挙げられます。

支援プロジェクト「Dache Chain」

またカンファレンス内で、同プロジェクト初となる支援事業も発表されました。

Weixing Chen氏とJun Jun氏によって設立された、中国版Uberとも言われる配車アプリ「Didi chuxing」に匹敵する配車アプリを開発する「Kuwaidhi Dache」が手掛ける新プロジェクト、「Dache Chain」です。

同プロジェクトは、ブロックチェーン技術を応用することで、Uberに匹敵する規模のライドシェアプラットフォームを築く構想であり、バイナンス陣営はこのプラットフォーム構想の実現によって、「純粋な共有エコシステムを実現し、”生産性と富の不公平な配分”の問題を解決することが期待できる。」と語っています。

現時点では、どのようなプラットフォームになるのかといった詳細までは明かされておらず、スケーラビリティ問題、セキュリティ問題など、ブロックチェーンが抱えている諸問題について、Dache Chainがどのように対処していくのかまでは判然としません。

その一方で、Chen氏は起業家以外にもバイナンスをはじめとした、12のブロックチェーン関連プロジェクトに投資を行う著名投資家としても知られており、こうした背景からも、Dache Chainの取り組みに対して高い関心を集めています。

すでに4プロジェクトに投資

さらにバイナンスラボは、

  • MobileCoin(仮想通貨)
  • Oasislabs(スケーラブルでプライバシー保護されたスマートコントラクトのための次世代ブロックチェーンプラットフォーム)
  • Certik(信頼できるスマートコンタクトとブロックチェーンの生態系を構築するための検証プラットフォーム)
  • Republic(SECとFINRAに登録された、クラウドファンディングプラットフォーム)

以上、4プロジェクトへの投資を公開しました。

バイナンスは先日、中国や日本などの規制当局による影響を受け、仮想通貨に対して好意的な姿勢を取る、地中海の島国「マルタ」への拠点を移すことを発表しており、バイナンスの今後に対して世界中の市場関係者からの視線が集まる中、今回のカンファレンスは開催されました。

今回のカンファレンスは、事業内容の詳細発表というよりは、ある種の所信表明とも言えるものでした。バイナンスは、仮想通貨業界のトップを走るリーディングカンパニーとして、ますますその存在感を強めています。

CoinPostの関連記事

バイナンスコイン(BNB) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
仮想通貨 バイナンスコイン(BNB)とは/今後の将来性について
仮想通貨バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)とは何か、また今後の将来性についてを解説しました。バイナンスコインはその特性上、Binanceの信用度や成長性に大きく影響を受ける通貨で、手数料割引や投票制度などで使われています。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア