CoinPostで今最も読まれています

大手仮想通貨VCら、米電子取引大手シタデルに1,000億円以上出資

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

シタデル、約1,300億円を調達

米電子取引大手シタデル・セキュリティーズは11日、大手VCのセコイア・キャピタルと大手暗号資産(仮想通貨)ベンチャーキャピタルのパラダイムが主導する資金調達ラウンドで、11億5,000万ドル(約1,300億円)を調達したと発表した。仮想通貨事業へ関心を持っていることが示唆されている。

2001年の創業以来、シタデル・セキュリティーズ(以下、シタデル)にとっては、初の外部資金調達ラウンドとなるものだ。セコイア・キャピタルはSequoia Heritage、Sequoia Capital Global Equities、Global Growth Fundという3つのファンドを通じてシタデルに投資した。セコイア・キャピタルは、2021年に仮想通貨取引所FTXなどのブロックチェーン企業にも出資している。

今回の取引の一環として、セコイア・キャピタルのパートナーであるAlfred Lin氏も、シタデルの取締役会に参加する予定である。

シタデルは、世界有数のマーケットメーカーで、米国では株式、債券、その他の資産を含む全取引の30%近くを扱っている。その最大の顧客の一つは、米人気投資アプリのロビンフッドだ。

マーケットメーカーとは

金融市場での取引が円滑に行われるように、流動性を提供する市場参加者。取引が行われる資産を充分な量で保有し、売買価格を提示して、迅速に取引を成立させる役目を持っている。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨事業にも関心か

パラダイムは、仮想通貨やWeb3.0セクターに積極的に投資を行っているクリプトネイティブのベンチャーキャピタルだ。ブロックチェーンデータ企業チェイナリシスや、米大手取引所コインベース、ディエム財団、その他複数のDeFiやNFTプロジェクトなどにも出資。同社の共同設立者Matt Huang氏(Sequoiaの前パートナー)は、シタデルが、仮想通貨などにも関心を持っていることを示唆した。

関連業界最大規模、仮想通貨VCのParadigmが2,800億円ファンドを発表

Huang氏は、今回の発表で次のように語っている。

シタデル・セキュリティーズは、世界中の機関投資家や個人投資家のために、市場構造を大幅に改善するソフトウェアとアルゴリズムを開発してきた。当社は、シタデルが仮想通貨を含む、さらに多くの市場や資産クラスにその技術や専門知識を拡大しようとする中、提携していけるのを楽しみにしている。

シタデルのPeng Zhao CEOは、「金融市場における技術革新がますます重要になる中で、さらに多くの市場、多くの商品にわたって、顧客のニーズに応えていく大きなチャンスがあると考える」とコメントした。

なお昨年10月時点で、シタデル創業者Ken Griffin氏は、「規制が不明確なため、シタデルは仮想通貨を取り扱っていない」と話していた。

ロイター通信によると、Griffin氏は次のように述べている。

仮想通貨セクターに参入している競合他社もいるが、当社は規制の空白地帯(仮想通貨セクター)で、リスクを引き受けたくはない。

規制が明確になれば、仮想通貨は今よりはるかに競争の激しい市場となる。それは良いことだと思う。

また、「適切に規制が実施された時には、シタデルは仮想通貨を扱うようになるかもしれない」と続けていた。

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/02 金曜日
10:25
米FRB、シルバーゲート銀行の清算に同意
米FRBは、米シルバーゲート・キャピタルとシルバーゲート銀行に対して、自主清算に同意する命令書を発表した。シルバーゲート銀行と仮想通貨業界のつながりについても指摘した。
09:35
ナイキ、米ゲーム大手EAと協業へ
Nikeとデジタルエンターテインメント企業EAは、新しいパートナーシップを締結。Web3プラットフォーム.SWOOSHのユーザーらの体験をカスタマイズできるようにしたり、向上させたりしていくという。
08:45
香港企業、米ドルステーブルコインをローンチへ
香港拠点のカストディ企業First Digitalは、仮想通貨の米ドルステーブルコインFDUSDをローンチすることを発表。FDUSDは、BNBスマートチェーンを基盤にするという。
08:15
デフォルト懸念後退 米国株反発、c3.aiは決算受けて大幅安
本日のNYダウは+153.3ドルと反発。ナスダックも+165.7ドルで取引を終えた。米下院が前日に債務上限法案を可決したことによって米国のデフォルトリスクは大きく後退している。
06/01 木曜日
21:40
Zaif、暗号資産FXサービス終了と「第一種金融商品取引業」の廃止を決定
暗号資産(仮想通貨)交換業者Zaifは1日、ビットコインやイーサリアムの暗号資産FXサービスの終了と「第一種金融商品取引業」の廃止を発表した。
15:29
AI のもたらし得る「深刻なリスク」に一部専門家が警鐘
「AIによる絶滅リスク」の軽減を訴える公開声明に、世界に名だたるAI技術の研究者や企業幹部ら350名が署名し、話題となっている。声明の主張には賛否両論あるが、AIについての議論の場を広げるものとして歓迎される。
15:10
Web3企業向けマーケティングツール「ソシャマ」リリース
ソーシャルマーケティング株式会社がWeb3企業向けのマーケティングSaaSツール「ソシャマ」の提供を開始した。仮想通貨やNFTを取り扱うWeb3事業者が抱える、ツイッターなどソーシャルメディア上でのマーケティングニーズに対応する。
12:32
英TP ICAP、機関投資家向け仮想通貨マーケットをローンチ
世界有数のインターディーラーブローカーTP ICAPは、ビットコインなど仮想通貨のスポット取引市場「Fusion Digital Assets」をローンチした。機関投資家向けで、分離運営モデルを採用している。
11:30
東京都政策企画局がデジタル証券発行支援を開始
東京都政策企画局は、デジタル証券(セキュリティトークン)発行支援事業の開始を発表した。これは、ブロックチェーン技術の広範な活用を促進し、スタートアップ企業の資金調達を多様化するための取り組みだ。
10:55
EU、包括的な仮想通貨規制案MiCAを正式承認
EUは、ビットコインなど仮想通貨に関する包括的な規制案「MiCA」を正式承認した。ステーブルコインに関する規定は2024年7月から、その他規定の多くは2025年から発効する予定である。
10:05
香港の新しい仮想通貨関連組織、Huobiが参加へ
Huobiは、香港の仮想通貨関連の新組織に加わることを発表。この組織は、香港を世界最大の仮想通貨市場にすることなどをミッションにしている。
08:20
PayPalベンチャーズなど、仮想通貨ウォレットサービス「Magic」に72億円出資
仮想通貨ウォレットプロバイダーMagicは昨日、72億円(5,200万ドル)規模の戦略的資金調達ラウンドを終えたことを発表した。
07:40
バイナンス、欧州で12のプライバシー関連銘柄を上場廃止へ
バイナンスは5月31日、欧州市場でプライバシー関連銘柄の取引提供を中止する予定を発表した。
07:10
バイナンス、人員削減の報道を否定
仮想通貨取引所バイナンスは、従業員の解雇を実施したことが報じられた。人員の20%を削減したとの報道もあるが、同社CEOのCZ氏は「解雇に関する報道は悪い噂(FUD)である」と説明している。
05/31 水曜日
17:22
改正資金決済法施行で国内ステーブルコイン発行可能に
改正資金決済法施行により、法定通貨を裏付けとするステーブルコインが発行可能になることへの関心が急上昇している。海外発行のステーブルコインについては、発行者ではなく流通業者が資産を保全するよう義務付けられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧