フェンディ、仮想通貨ウォレットLedgerとコラボ商品をリリースへ

FENDIとLedgerがコラボ

イタリアのファッションブランドFendi(フェンディ)は15日、暗号資産(仮想通貨)ウォレット企業Ledger社とのコラボ商品を発表した。15日に現地で開催されたファッションショーで明らかになった。

発表されたのはLedger社の仮想通貨ウォレットLedger Nano X専用のバゲット。フェンディ・ブランドがメタバース(仮想現実)などのWeb3.0領域参入への第一歩となると説明した。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

デザインはフェンディのバッグ(バゲット)のデザインに似ており、仮想通貨ウォレットをスタイリッシュに持ち運ぶことができる。

フェンディとLedgerのコラボ商品リリースは2022年6月頃を予定。デザインはSilvia Venturini Fendi氏が監修した。

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。

ウェブ3.0(Web3.0)は、Web1.0およびWeb2.0に続く、ウェブサイトおよびインターネットの潮流、特徴および構造を表している概念。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

ファッションとWeb3.0

フェンディと共にLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下のブランドであるルイ・ヴィトンは21年3月、NFT(非代替性トークン)を活用したゲーム「LOUIS THE GAME」をリリースした経緯がある。

関連:ルイ・ヴィトンがNFT利用のゲームを公開

高級ブランドではないものの、adidasやNIKEなどのファッション大手もNFT・メタバース領域への進出を見せており、注目度の高さが伺える。

adidasは12月に、人気NFTシリーズ「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」とコラボしたNFTコレクションをリリース。1日で完売するなど、注目を集めた。

関連:adidas Originals初のNFTコレクション、26億円売り上げ

また、LVMH社は2019年にはブロックチェーン開発企業コンセンシスやマイクロソフトと連携して、高級ブランド品の真贋証明プラットフォーム「AURA」をリリースしていた。

関連:ルイ・ヴィトンの親企業などで開発、高級ブランドの真贋証明ブロックチェーンとは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します