米政府、2023年度の予算案公表 仮想通貨の課税体制を強化へ

ホワイトハウス、米予算案を発表

米バイデン大統領は28日、2023年度の予算案を発表した。

暗号資産(仮想通貨)に関するルールを改正することで、今後10年間で1.3兆円(109億ドル)の国債返済につながるとの見解を示した。

バイデン大統領は28日の公式声明にて、「より良いアメリカ」に向けて総額720兆円(5.8兆ドル)にのぼる2023年度の予算案を発表。仮想通貨の時価会計など、税申告に関するルールを改正することで2032年までに109億ドルの税収アップが見込まれるとした。

具体的には、金融機関や仮想通貨ブローカーの情報提供、海外仮想通貨口座の申告、そして仮想通貨トレーダーの時価会計(Mark-to-Market)ルールを変更する。

また、他にも米司法省の予算では、サイバー犯罪対策班の捜査能力拡大に向けた割り当ても明記。バイデン政権が課題として掲げるランサムウェア問題に対抗すべく、5,200万ドル(64億円)が人員補強や分析ツールの強化に活用される。

関連: 日米欧30カ国、ランサムウェア対策で共同声明 中露を念頭

税申告ルール変更か

仮想通貨の申告に関する変更案については、米財務省が詳細を「グリーンブック(予算説明書)」で解説。仮想通貨を利用した課税逃れや海外逃避を懸念して、米国市民に海外にある50,000ドル(620万円)以上の仮想通貨口座も申告する必要があるという内容だ。

提案が実現した場合、2022年末以降の税申告で適用されることとなる。

なお、米国での国家予算の策定フローは一般的には以下の順序をたどるため、実現するには米議会の承認と大統領の署名が必要だ。

  • 前年まで:各機関がホワイトハウスに予算を提出
  • 2月頃:ホワイトハウス
  • 米議会が予算上限額を設定
  • 9月30日までに上院と下院で予算編成案に合意
  • 合意に至らなかった場合、政府閉鎖につながる

過去には2020年に予算で合意に至らなかったが、政府閉鎖の目前で、トランプ大統領が経済対策案に署名。また、2018年には実際に政府閉鎖が行われていた経緯がある。

関連:トランプ大統領、総額230兆円規模の経済対策案に署名──米政府閉鎖は回避へ

米財務省の戦略的計画

また、財務省も同日、2026年までの今後4年間における戦略的計画を発表。

仮想通貨などのフィンテック領域におけるイノベーションを利用した違法犯罪や、仮想通貨の気候変動リスクに対応すべく、さらなる人員補強や訓練体制を強化する方針を示した。

また、国際的にも企業やステークホルダーと連携することで、仮想通貨のリスクを最小限に抑えながら利点を最大限にする事を目指す。

脱税回避や経済制裁回避手段としての仮想通貨の犯罪利用は各国政府から懸念が高まっている。

米国や日本を含むG7主要国やEU(欧州連合)はロシアによる仮想通貨を利用した制裁逃れを警戒している反面、米FBI(連邦捜査局)のクリストファー・レイ長官らは国際社会がロシアの仮想通貨を利用する能力を過大評価していると発言。有識者らも現実的にはリスクが多すぎると指摘しているほか、現段階ではロシア政府の仮想通貨利用は確認されていない。

関連: 米FBI長官「ロシアの仮想通貨を利用した制裁回避の可能性は低い」

ただ、ロシアのミハイル・ミシュスチン首相は今月末に「デジタル通貨の流通メカニズムを取り入れることが必要」と述べており、今後の動向に注目が集まる。

関連: ロシア首相「仮想通貨の流通メカニズムが必要」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します