米スターバックス、2022年にNFT事業参入へ

NFT事業参入へ

コーヒーチェーン大手の米スターバックスで一時的に最高経営責任者(CEO)に復帰したハワード・シュルツ氏は4日、同社は2022年内にNFT(非代替性トークン)事業に参入すると語った。

スターバックスはNFTを活用したデジタルイノベーションに取り組んでいるとし、シュルツ氏自身もデジタル資産を活用した事業を研究していると明かしている。事業内容などの詳細は、今後数週間のうちに発表する計画だとした。

同氏は4日付で同社CEOを退任したケビン・ジョンソン氏に代わり、暫定的にCEOに復帰。CEOを務めるのは今回で3度目だ。後任が見つかれば退任となり、任期は半年となる可能性が高い。同社はコロナ禍で大きな打撃を受け、負担が増えた従業員の不満が高まっており、労使関係の改善に取り組まなければならないなど課題は多いという。

シュルツ氏がCEOに復帰したのは4日。NFT事業に参入する計画については、同日付で公開したウェブページでも述べている。また、上述した今回の発言は、ツイッターでも共有された。

上記の動画の中で、シュルツ氏は以下のように話している。

 

今は様々な企業やブランド、著名人、インフルエンサーが、NFTのプラットフォームを構築したり、事業を行ったりしている。

   

しかし、収集品から企業の資産に至るまで、スターバックスほど潤沢な資産や豊かな文化の背景を持っている人や企業を私は見つけることができない。

NFTを巡る動向

シュルツ氏の発言通り、NFTを巡っては国内外で多くの事業が開始されてきた。ゲームやアート、音楽やスポーツなど様々な業界が技術を活用している。

日本でも、まだ規制整備が不十分ではあるが、電子市場の立ち上げなどNFT事業が活発化してきた。この動きに政府も反応しており、先月30日には、自民党の「NFT政策検討プロジェクトチーム」が作成を進めていた「NFTホワイトペーパー」案が承認・公開されている。

関連自民党NFTチームのホワイトペーパーが部会で承認、NFTを「Web3の起爆剤」と定義

このホワイトペーパーでは、Web3.0(分散型ウェブ)を「デジタル経済圏の新たなフロンティア」と定義。その起爆剤がNFTであると位置づけた。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

▶️仮想通貨用語集

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します