CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 Steem(スチーム)とは|今後の将来性について

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーン上に記事を投稿して報酬受け取り
Steemは、SNSに関連する総合プラットフォームです。ブロックチェーンを利用して、コンテンツを記録し保持したうえで、コンテンツ投稿者に対して報酬を支払うことが可能です。
仮想通貨界隈で多くの著名人が記事を投稿
現状でもSteemitは、仮想通貨界隈での様々な通貨のプログラマーや運営者、またその他有名人などが記事を投稿していることでも知られていますが、仮想通貨関連以外の記事も増えているため、プラットフォームの成長の期待感は高まっています。
目次
  1. 仮想通貨Steemとは
  2. 仮想通貨Steemの特徴
    1. Steem
    2. Steem Power (SP)
    3. Steem Dollars (SD)

  3. 今後の将来性
  4. 取り扱い取引所
  5. まとめ

仮想通貨Steemとは

通貨名 Steem
通貨コード STEEM
公開日 2015年4月7日
公式Webサイト https://steem.io/
公式Twitter https://twitter.com/steemit

Steemは、SNSに関連する総合プラットフォームです。ブロックチェーンを利用して、コンテンツを記録し保持したうえで、コンテンツ投稿者に対して報酬を支払うことが可能です。

Steemは2016年に4月に開発された通貨であり、現状のSNSの在り方を大きく変える可能性を秘めています。

例えば、現状、記事やネットでの検索結果、Twitter、Facebookなどにおいても利益が発生するか否かにかかわらず、投稿者が正当な評価を得ることは非常に難しい状況にある為、今後の発展次第では大手検索サイトなどを意識しないコンテンツ作りが可能となるでしょう。

仮想通貨Steemの特徴

Steem の最大の特徴は、Steemのブロックチェーン上にあるサイト「Steemit.com」に記事を投稿し、投降したコンテンツによって報酬を得られることにあります。

既存の SNS を主体としたコンテンツ発信では、利益を得ることは不可能でした。

それこそ、コンテンツそのものが有益なものであろうとも、SNS上ではコンテンツを利用するなどの工夫が無ければ、報酬は発生しません。

対してSteemであれば、投稿したコンテンツがSteem内のブロックチェーン上に残り、読者からの評価がある限り、投降者には報酬が発生し続けます。

また、投降者・読者どちらの立場でも、報酬が発生する仕組みである為、従来のSNSと比較しても画期的なシステムだと言えるでしょう。

Steemの内部では、3つの仮想通貨が流通しており、Steem・Steem Power (SP)・ Steem Dollars (SD)に別れ、それぞれに異なった特徴があります。

また、Steemでのコンテンツ報酬は、SPとSDで50%ずつ発行される為、Steemを直接受け取れるわけではないことに注意が必要です。

では、それぞれの通貨について詳しくみていきましょう。

Steem

Steem は、Steemの根幹を成す仮想通貨であり、取引所で売買可能です。

注意点として、Steemは保持し続けると総量が増加し続ける為、相対的に価値が下がります。

その為、入手した場合は、早めにビットコインなどの他の通貨と交換する必要があると言えるでしょう。

Steem Power (SP)

Steem Power はSteemのブロックチェーン上に存在するサイト「Steemit」の内部で使用する通貨です。

SP の特徴は、保有すればするほど金利が発生し利息を得られる、他者への送金は不可能という点です。

SteemからSPへの変換は早いと言えますが、SPからSteemへの返還は時間が掛ることに注意が必要です。

Steem Dollars (SD)

SDはドルと等価交換が可能なペッグ通貨です。

ペッグ通貨でありながらも取引量に応じて利息が発生する点がSDの特徴と言えます。

ちなみに、SDは他人への送金、売買も可能であり、SPと比較するとSteemとの交換に対しては制限がありません。

Steemは、3つの通貨の特性を理解したうえで運用する必要があると言えます。

しかし、仮想通貨のリスクとされる変動性にもSDを用いることで遅滞なく、法定通貨への返還が可能である点は大きなメリットと言えるでしょう。

注意点として、Steemは発展途上のシステムである為、「Steemit」は大手検索サイトのような発信力はありません。

しかし、現状の「Steemit」内でもコンテンツ報酬によって数万円から数百万円単位の報酬が発生しています。

つまり、Steemが更に対規模な影響力を全世界で有するようになれば、回覧者や利用者が増加し更に報酬が上がっていくという好循環となるでしょう。

今後の将来性

Steemの将来性に焦点を当てた場合、今後の展開が最大の課題となるでしょう。

記事の保持という意味ではブロックチェーンに記録していることから、変更・編集の履歴は全て記録と残ることから問題は少ないと言えます。

しかし、有用な記事に対する正当な報酬を確保するためには、現状のSNSに対してSteemそのものが発信力において優位性を獲得する必要があります。

メディアの発信力においては、どうしても偏りが発生する為、既存のメディアと比較して一部のユーザーに利益が流れやすい現状も課題の1つでしょう。

例えば、現状の大手検索サイト内のメディアと競合したうえで、多くの人々が「Steemit」の中にあることを示すためには、多くの企業との提携や宣伝も重要と言えます。

もっとも多くの企業が既存の大手検索サイトに依存している状態から脱却するためには、Steemの利子のシステムなどは新規参入者への妨げとなる為、システムの見直しも必要という意見もあります。

Steemの今後は、「Steemit」がどのように展開していくかによって左右されることになります。

しかし、世界で初のSNS特化型のプラットフォームであるSteemには投資家だけでなく、一般ユーザーにも優位性がある為、仮想通貨市場だけの枠組みではなく、新たなメディアの形として成長していくことが期待されています。

現状でもSteemitは、仮想通貨界隈での様々な通貨のプログラマーや運営者、またその他有名人などが記事を投稿していることでも知られていますが、仮想通貨関連以外の記事も増えているため、プラットフォームの成長の期待感は高まっています。

取り扱い取引所

Steemは、日本の仮想通貨取引所では購入することが出来ません。

Steemを売買できる仮想通貨取引所は全て海外仮想通貨取引所となります。

Steemを購入する為には、まず日本の仮想通貨取引所に登録を行ったうえで、ビットコインかイーサリアムのどちらかを海外取引所へ送金しなければなりません。

そして、Steemを取り扱っている仮想通貨取引所の中でも有名なのは、Binanceや、アメリカの大手取引所であるBittrexやPoloniexです。

まとめ

Steemは、SNSに対するコンテンツの在り方を根本から変える可能性を秘めています。

現状は発展途上であり、システム及び通貨システムにおいても難解である部分も少なくありません。

しかし、SNSコンテンツに対して収益が発生するという優位性は他の仮想通貨にも存在しない為、その優位性が仮想通貨市場以外にも認められればSteemの参加者は増加し確固たる地位を築くことになるでしょう。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア