CoinPostで今最も読まれています

【7/2〜7/8】先読み投資情報|価格変動に注視すべき仮想通貨とイベント一覧(シアコイン・ヴィチェイン・オントロジー他)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

来週、価格変動に注視すべき仮想通貨とは
来週(7/2〜7/8)に価格上昇などを期待できる好材料など、仮想通貨の注目通貨や最新のイベント情報をまとめています。仮想通貨が無料配布される「エアドロップ」や、ROI(投資利益率)が高い「マスターノード」機能実装予定の通貨も紹介している。
免責事項
当サイトで書かれている情報は、独自の調査に基づいたものであり、正確性を保証するものではありません。投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。仮想通貨や上場企業に投資される際は、ご自身で入念に調査した上、ご判断下さい。
エアドロップとは
条件を満たすことで、対象の仮想通貨をタダで入手できるキャンペーン。 マーケティングの一環として、コインの認知度上昇を目的としているケースが多い。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

目次
  1. 来週の注目イベントと通貨
  2. 6/30(土):Siacoin保有者へのエアドロップ用のスナップショット
  3. 6/30(土):Vechainがメインネットローンチ
  4. 6/30(土):Ontologyがメインネットに移行
  5. 7/1(日)Pundiトークン(NPXS)エアドロップ
  6. 近日:Shield(XSH)の大幅アップデート

来週の注目イベントと通貨

7/2(月)〜7/8(日)までの仮想通貨市場を影響する可能性のある注目イベントと、注目通貨情報をまとめています。

6/30(土):Siacoin保有者へのエアドロップ用のスナップショット

現在時価総額32位のSiacoin (SC)のコードベースからフォークして、新たにSpaceCashができます。

開発者のHyperspaceチームは、SiaCoin保有者にSpaceCashを知ってもらうために、10 SC:1 SpaceCashでエアドロップをするそうです。

日本時間6月30日午後9時頃にスナップショットが撮られる予定です。

公式発表によると、エアドロップをサポートする取引所が確認できないため、SCトークンが確実に個人ウォレットに入っていることをチェックするよう推奨しています。

エアドロップの日時は現段階では未定です。

参考:HyperspaceがSiacoinからフォーク、スナップショットの日にちとエアドロップの分配率

CoinPostの関連記事

シアコイン(Siacoin/SC) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
シアコイン(Siacoin/SC)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、シアコイン(Siacoin/SC)とは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。

6/30(土):Vechainがメインネットローンチ

時価総額17位のVeChainプロジェクトが6月30日にVeChainThorというメインネットを発足する予定です。

これに伴い、VETウォレットにVETトークンを所有するユーザーとマスターノード運営者は毎日THORというスマートコントラクトを発行する為のトークンがもらえます。

トークン移行のため、同日スナップショットが行われ、一週間後の7月9日にはVeChainThorウォレットをリリースする予定です。

その後7月中旬からトークン移転が可能となり、VENからVETへと改名し、1:100の比率でVETトークンスワップが行われる予定です。

新たなトークンを受け取るには所有しているVENを追跡可能なERC20のウォレットに入れておく必要があり、今回のトークン交換をサポートするのはBinance、Huobi、KucoinなどVENを取り扱っている取引所です。

参考:VETメインネットローンチの詳細と注意点

CoinPostの関連記事

仮想通貨Vechain(ヴィーチェーン)とは|今後の将来性について
仮想通貨Vechainとは、「改ざんできない」特性を持つブロックチェーン技術を活用し、商品の「真贋(しんがん)選定」を行うことができるプラットフォームの通貨です。
メインネットを開始する予定のERC20通貨ラインナップ
TRON、EOS、Vechain、Ontologyなどがメインネットを開始することが発表されています。メインネットを開始する時期、新しいトークンに更新する方法、また今回のメインネットの開始に伴う注目すべき情報を紹介しています。

6/30(土):Ontologyがメインネットに移行

Binance、Huobi、OKEx、Upbit、Gate.io、CoinEggはONTメインネットの移行をサポートします。

メインネットへの移行は6月30日です。移行手続きは上述の取引所の説明に従ってください。

Binanceによると、ONT所有者に毎月ONGを配布するそうです。

スワップ用のアドレスはメインネットローンチ後に公開され、プライベートキーもしくはWIFだけでトークンの変更ができます。

メインネットのONTの最小単位は1ONTです。もし現在所有しているONTが整数でない場合、整数にしてからトークン変更することをオススメします。

トークン変更は24時間以上かかりますが、状態はオントロジーメインネットの公式サイトか、ONTウォレットのアドレスを入力すれば、スワップの状態と保有量を確認できます。

スワップの最終期限は2018年10月1日午前1時で、仮に最終期限までに変更されなかった場合、所有しているONTはNEOのブロックチェーンに残り、オントロジーメインネットに移行できなくなります。

トークンスワップが完了次第、ONTはONGトークンが発行され、その際ONGの受け取りに手数料は不要です。

ONTOというオントロジーが開発する非中央集権的ウォレット機能が付きます。既存のNEOウォレットに関しては、情報入り次第、お知らせします。

NEOウォレットのプライベートキーもしくはWIFを使って、メインネットのONTを入手できます。ONTOの「Import a wallet」機能で、NEOウォレットのプライベートキーかWIFを入力し、パスワードを作成し終わったら、メインネットのONTはこのウォレットに自動的に入ります。

トークンの手動スワップ方法

メインネット移行後、NEOで50%のONTをもらったようにもらえますか?
はい、もらえます。残り半分「1 NEO : 0.1ONT」は同じスナップショットでメインネット開始後、エアドロップで配布します。 全てのユーザーがNEOのエアドロップでもらうONTは整数となります。 例えば、一回目のNEOのエアドロップで5.5ONTをもらった場合、次は5ONTとなります。
メインネットへ移行しながら、ONGが送られてきますか?

ONGトークンに関してはトークンスワップが終わり次第、ONTはONGトークンの生成を行います。(NEOとGASの関係に似たものと推測)

参考:Ontologyのメインネットローンチとトークン変更詳細

CoinPostの関連記事

初心者でもわかるOntology(オントロジー)|仕組みや今後の将来性について
仮想通貨 Ontology(ONT・オントロジー)とは何か、その特徴と将来性などの解説記事です。取り扱い取引所やプロジェクトの詳細まで幅広い情報を掲載しています。
&from=in_article

7/1(日)Pundiトークン(NPXS)エアドロップ

Pundi Xは、毎月1日に行われているNPXSトークンのエアドロップを行う為のスナップショットを前月の最終日におこなっています。

今月にも30日にスナップショットが行われ、プライベートキーを所有するアドレスにNPXSが入ってる事が確認されます。翌日1日には保有量の7.316%分エアドロップされる予定です。

また6月21日にはBinance取引所によるNPXSの上場と取引が開始されました。

参考:Pundiトークン解禁(エアドロップ)スケジュール

近日:Shield(XSH)の大幅アップデート

  • Bitcoin v0.16.1ベースの新コードベース
  • 新しいリターゲティングシステムの搭載
  • テストネットの展開
  • マスターノード(800,000ブロックからパブリックテスト開始)
  • 6種類のマイニンングアルゴリズム

マスターノードはパブリックテストの後実装される予定です。

CoinPostでは、Shield (XSH)のマスターノード機能が実装され次第、建て方記事を掲載する予定です。

本稿執筆時点(22日夕方)ではブロック数は786,301で、残り13000ブロックとなりました。

ブロック数に依存するため正確な日は不明ですが、おそらく7月4日か5日と予想されています。

7月の仮想通貨イベントと重要ニュース

CoinPost作成のイベントカレンダー(7月)はこちら。投資情報の参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

情報で差をつけろ!6月の仮想通貨重要な予定とニュースまとめ
2018年6月に予定されている仮想通貨に関する、アップデートやカンファレンスなどの予定を通貨ごとに時系列順でまとめました。 日...
仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。

免責事項

当サイトで書かれている情報は、独自の調査に基づいたものであり、正確性を保証するものではありません。投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。

仮想通貨や上場企業に投資される際は、ご自身で入念に調査した上、ご判断下さい。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧