ETHPoWの初期ノードがリリース、難易度爆弾やベースフィー焼却を廃止

フォーク後混沌の事前措置

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の大型アップグレード「The Merge(マージ)」が迫る中、従来のPoWチェーンを分岐(フォーク)しようとする一派「EthereumPoW」と、その中心的な組織「ETHWコア」の動向が活発化している。

17日にETHWコアは、フォーク後に誕生するPoWチェーンで、分散型取引所(UniswapやSushiswap)、分散型融資市場(AaveやCompound)等にロックアップされている「LP(流動性プロバイダー)」上の資産を即座に凍結することを発表した。

ETHWコアは、ユーザーのETHWトークンを保護するために特定のLPコントラクトを一時的に凍結するという困難な決定を下さなければならない。プロトコルの管理者またはコミュニティがユーザーの資産を返すより良い方法を見つけるまで。

この前提として、フォーク後にイーサリアムの全ての状態がPoWチェーンにコピーされること、そうした誕生したPoWチェーン上の「ステーブルコイン(USDCやUSDT)」や「代替ビットコイン(WBTC)」などは無価値になることが想定されている。Circle社やテザー社といった発行体がトークンの償還をサポートしていないため、分岐チェーン上のほとんどの資産は形式的なコピートークンに過ぎない。

関連:イーサリアム、チェーン分岐後の世界線とは|Banklessが考察

この構造上の歪みに乗じて、数ブロック(数分間)の間に形式的なコピートークンを担保にETHWを借りたり、直接ETHWにスワップするボット行為が急増することが予想されている。ETHWコアのLP凍結処置は、こうしたフォーク後のPoWチェーン上のDeFiで起きる「カオス」から、ETHWの資産価値を保護する対策である。

ETHWコアはまた、混乱を防ぐためにフォーク前にDEXやレンディングプロトコルのLPからETHを引き出しておくよう、ETHWの支持者に推奨した。

難易度爆弾を廃止

EthereumPoWは、100人程のエンジニア、数万人のPoWフォーク支持者が集うPoWパートナー同盟とされている。分岐チェーンはETHW一つではなく、「フォークされたPoWチェーンが数個~10個」含まれている。彼らは、「ETHPoS」をWeb3(DeFi、NFT、GameFi など)の運用を独占する悪として共通の敵とみなして団結している。

EthereumPoWの中でもETHWコアは開発を主導していると見られ、これまでにディフィカルティボム(マイナーによるフォークを抑制するため、採掘を困難にしていく仕組み)や、EIP1559(ベースフィーをバーンするためマイナーの収益減になる)など、PoWチェーンのマイナーにとって不都合な機能を除去し、コードを公開してきた。

EthereumPoWは、ETHWなど分岐チェーンのネイティブトークンの資産価値の保護と、「マージ」の混沌の後、いかに早く状態を立て直すかに焦点を充てているという。

関連:「ETHPoW」最新情報まとめ|イーサリアムのマージ後にチェーン分岐の可能性浮上

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します