「ゲーマーは30年前からメタバースを体験している」Xbox事業責任者

ゲーマーとメタバース

米マイクロソフトのゲーム部門CEOで、Xbox事業を統括するフィル・スペンサー氏はブルームバーグのインタビューで、メタバースとP2Eゲームに対する自身の考えを語った。

ゲーマーの中にはメタバース(仮想空間)を歓迎しない向きもあるのではという質問に対し、同氏はメタバースとは「3Dの共有世界」であり、「ゲーマーはこの30年間、メタバース空間にいた」という解釈を披露。ゲーム空間では、すでにアバターを駆使し、共有された世界の中で、あらゆる場所の誰とでも会話が可能になっているため、今更メタバースと言われても困惑するゲーマーが多いことには驚かないと述べた。

一方、メタバースを事業という観点から見ると、ゲームデザイナーやクリエーターのスキルは非常に重要な意味を持ってくると主張。マイクロソフトのサティア・ナデラCEOがメタバースに強い意欲を見せるのもそのためだと述べた。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使ってゲームや音楽のライブ、オンラインカンファレンスに参加できるなど、様々な領域で活用が期待されている。

▶️仮想通貨用語集

マイクロソフトは今年1月、米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードを約9.4兆円(687億ドル)で買収すると発表。同社にとって過去最大規模の買収だが、モバイル分野に強いアクティビジョンを傘下に置くことで、デバイスを跨いだゲーミング事業の成長を加速させることが狙いであり、同時に「メタバースに欠かせない要素」も獲得できると説明した。

ナデラCEOは買収に際し、ゲームは最大かつ最も急成長している娯楽の形態であり、メタバースのプラットフォーム開発において非常に重要な役割を果たすとコメントした。

関連:米マイクロソフト、メタバース事業の発展へ アクティビジョン・ブリザードを買収

P2Eゲームには慎重な姿勢

スペンサー氏は、暗号資産(仮想通貨)関連で注目を集めるP2E(Play to Earn:遊んで稼ぐ)ゲームについて、以下のような理由から、「非常に慎重」な姿勢をとっているという。

P2Eゲームはある種の収益化のために、プレイヤーから労働力を作り出すものだ。

あるプレーヤーが他のプレーヤーのために、単純作業を行い収益を得るという構造は今までのゲームでも存在したが、P2Eではゲーム経済自体にその仕組みを組み込んでしまうとして、同氏は懸念を表した。そして、人気ゲーム「マインクラフト」で、NFT(非代替性トークン)が「搾取的」に使われている状況が生まれていたことに言及。NFTについて懐疑的な見方を示した。

しかし、スペンサー氏は全てのNFTやP2Eゲームを否定しているわけではなく、新しいテクノロジーを「実際にプレイヤーが使う状況では、興味深い事例が生まれる可能性がある」と述べた。

関連:米マイクロソフト幹部、ゲームへのNFT導入に慎重姿勢

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します