人気NFT「Azuki」、42億円規模の資金調達を実施か=報道

シリーズAで42億円調達予定

アニメアート系NFT「Azuki」の発行元Chiru Labsが、シリーズAの資金調達ラウンドで約42億円(3,000万ドル)を調達する予定であることが明らかになった。CoinPost提携メディアのThe Blockが報じた。

「Azuki」は、ロサンゼルスを拠点とする4人の匿名メンバー(Zagabond、2pm.flow、location tba、HoshiBoy)がメタバース構築を目指して立ち上げたブランド。CoinGeckoによれば、執筆時点の時価総額は約111,500ETH(約1億5,000万円)だ。

10,000点の限定NFT(非代替性トークン)が展開され、所有者はメタバース「The Garden」のメンバーシップを取得できる仕組みとなっている。

関連:米クイックコマースFastAF、ソラナの有名NFTとコラボ企画を実施

The Blockは、資金調達の情報を4人の関係筋から得たと説明。そのうち1人からは資金はすでに大部分の調達に成功しており、調達後、Chiru Labsの評価額は約420億円(3億ドル)から約570億円(4億ドル)になると述べた。

また、もう1人の情報筋は「(資金調達の)詳細はまもなく決定する」と発言した。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:NFT(非代替性トークン)とは|主な特徴と将来性を解説

ブルーチップ系NFTの資金調達情勢

今回の資金調達の情報は、NFTコレクション「Doodles」が、ベンチャーキャピタル(VC)「766」の主導で、約76億円(5,400万ドル)を調達した1週間後に明らかになった。

ブルーチップNFT(収益性や安全性が高いNFT)は、現在の市場状況でも堅実に資金を集めており、「Moonbirds」は8月末に著名VCのa16z主導で、約71億円(5,000万ドル)を調達。

「Bored Ape Yacht Club」運営のYuga Labsは、3月に同VCが主導する資金調達ラウンドで、約640億円 (4億5,000万ドル)の調達に成功している。

創業者の「ラグプル」疑惑

多額の資金調達が報じられた「Azuki」だが、22年5月に、価格が大幅に下落した経緯がある。これはZagabond共同創設者が開発が途絶えているNFT(非代替性トークン)プロジェクトに複数関与してきた経歴を表明したためだ。

同氏の行為は、NFTコミュニティに「ラグプル(出口詐欺)」を連想されるものとして受け取られ、その後不信感が広がった形。ラグプルとは、開発者が初期投資家を誘い込んでNFTを売りつけた後、プロジェクトを放棄したり、NFT販売で得た資金を持ち逃げする行為を指す。

関連:人気NFT創設者にスキャンダルか、Azukiのフロアプライスが前日比50%下落

当時、Azukiのフロアプライス(底値)は約19 ETH(600万円)だったが、この問題の発覚後、10.5 ETH(320万円)まで下落した。

批判を受けたZagabond氏は。最終的に放棄していたプロジェクトのコミュニティと向き合い、解決策を導き出すことを約束している。

ジャックダニエルがNFT準備中か

仮想通貨の停滞に伴い、価格的には冷え込みが続いているNFT領域だが、国内外の企業による参入や提携は、依然として活発に行われている。

22年9月13日には、酒造メーカー大手の米ジャックダニエル社が、メタバース(仮想現実)やNFT(非代替性トークン)に関連する商標登録を米国特許商標庁(USPTO)に申請。NFTのほか「オンライン上のバーチャル世界」での利用可能なグッズやデジタル・ウォレットに関する申請が確認された。

20日には、人気NFTコレクション「Okay Bears」が、リテール(小売)領域への参入を目的に、米国のエンターテイメント・ライセンス企業IMGと提携している。

関連:Rakuten NFTが「ご当地NFT」セクション新設、自治体発行のNFT販売へ

また国内では、楽天グループ株式会社が展開するマーケットプレイス「Rakuten NFT」が16日にサービスを拡張。地方自治体などがNFTを販売する「ご当地NFT」セクションを新設した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します