CoinPostで今最も読まれています

NFT鳴門美術館、ジャクソンファミリー財団とマイケルジャクソン公式NFTアート販売へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイケル・ジャクソンNFT

ジャクソンファミリー財団日本支部(JFFJ)は「マイケル・ジャクソンの不思議なオモチャ箱(MJWWT)」の公式NFT(非代替性トークン)を提供することを発表した。

徳島県のNFT鳴門美術館がNFTおよびメタバースの権利における独占契約を締結。また、ジャクソンファミリー財団日本支部の代表であるKenji Koga氏プロデュースの元、コンセプトメイキングやアート絵画作成は窪田望氏が行う。

NFTは限定10,000点を提供。プライベートセールは0.01ETH(執筆時点で約1,900円)で開始し、NFT MUSEUM MEMBERSホルダーおよびWL保有者が対象。2段階となっているNFTはまず宝箱を開封し、その中にPFP(プロフィール画像)として利用できる。

出典:公式資料

従来のジェネラティブNFTとは違い、今回発表されたNFTアートではパターンを併せ持つだけのAIジェネレイト型のNFTではない。1万点のNFT全てが完全オリジナルとなる。

出典:公式資料

今後の流れとしては、Allow List(アラウリスト)(AL)に登録されたユーザーから優先的にNFTの購入権が配布される仕組みとなっている。

今回のNFTシリーズについて、ジャクソン・ファミリー財団ジャパンのKenji Koga代表は以下のようにコメントした。

今回のようなダイバーシティーを意識した取り組みに天国にいるマイケルジャクソンも喜んでいると思う。

私がマイケルと創り上げたMJWWTのプロジェクトをNFTという新しい仕組みを活用することで、より広がることを期待している。今回、私のプロデュースの元、AIアーティストの窪田望氏にアートワークを作ってもらったが、実際のアートワークのクオリティーの高さにも驚いている。

今後もマイケルジャクソンの素晴らしさを伝えながら、世の中に貢献していきたい。

また、アーティストの窪田望氏は以下のように語った。

Black Or Whiteの曲に吐露されたように人種問題にも大きな関心を寄せていたマイケル。

一方で彼の死後、ダイバーシティインクルージョンへの関心はより高まっている。そんな時にダイバーシティ自体の概念が拡張していくのではないか。

そこで、マイケルジャクソンとKenji Kogaのコンセプトである「マイケルジャクソンの不思議なおもちゃ箱」からインスパイアを受けて、あらゆる人やAI、ロボットなどもパレードに参加できるようなそういう平和な世の中を願うPFP NFTを創った。

ダイバーシティを愛し、つなげ、新しい楽しさを創造する。さあ、今すぐNFTを獲得してマイケルジャクソンのパレードにあなたも参加しよう。

MJWWTとは

「マイケル・ジャクソンの不思議なオモチャ箱(Michael Jackson Wonder World Toys)」は1992年12月、稀代のスーパースターだったマイケル・ジャクソン氏が考案したコンセプト。後にジャクソンファミリー財団日本支部の代表を務めることとなった日本人アーティストのKenji Koga(古賀賢治)氏がマイケルの理想を絵画にしたものだ。

以下は生前のマイケルが描いたコンセプト画。また、同氏の語るビジョンを元に、Kenji Koga氏が約10日間でイメージ図を整えた。

出典:ジャクソン・ファミリー財団ジャパン

世界平和や環境保護をテーマにしており、「国境も人種も誰もすべての差別を超えて誰もが平等」である点を前提とした世界の貧しい子供たちのためのアミューズメント施設を構想した。

出典:ジャクソン・ファミリー財団ジャパン

出典:ジャクソン・ファミリー財団ジャパン

NFTセールの詳細

  • リスト名前:Michael Jackson Wonder World Toys
  • 販売数:10,000点
  • 販売価格:0.01ETH(ガス代除く)
  • NFT MUSEUM MEMBERSホルダーは無料でエアドロップ
  • 使用ブロックチェーン:イーサリアム(ETH)
  • NFT規格:ERC-721

優先購入権(Allow List)抽選キャンペーンスタート

なお、MJWWT NFTの優先購入権はAllow List(アラウリスト)に追加されたユーザー1,000名に配布される。下記ツイッターのキャンペーンに参加して、4つのタスクを完了したユーザーは今後NFTセールの優先権を得ることができる。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧