CoinPostで今最も読まれています

NFT電子市場「Zaif INO」、近日中にローンチへ Web3企業とのコラボも計画中

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

5つのブロックチェーンに対応

株式会社カイカフィナンシャルホールディングス(以下カイカフィナンシャル)は21日、ブロックチェーンゲーム専門NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Zaif INO」の提供を、近日中に開始することを発表した。

同社の親会社であるCAICA DIGITALは日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)やブロックチェーン推進協会(BCCC)の加盟メンバー。国内暗号資産(仮想通貨)取引所Zaifを運営するZaif社を連結子会社としている。

「Zaif INO」は、NFTの一次販売に特化したNFTマーケットプレイス。マルチチェーンにも対応し、新規NFTプロジェクトの立上げやスケールアップさせるタイミングで活用できるサービスになることが目標。

NFTの出品には事前審査が必要となり、これによって販売作品のクオリティが維持される形。購入するタイミングで「毎回ランダムにNFTが選ばれる仕組み」の機能も存在する。

出典:株式会社カイカフィナンシャルホールディングス

リリース時点での対応ブロックチェーンは、以下の5種類。カイカフィナンシャルは、将来的にはパブリックチェーンを活用することにより、海外のブロックチェーンゲーム・GameFi企業との連携も視野に入れていると説明した。

  • イーサリアム(ETH)
  • ポリゴン(MATIC)
  • BNBチェーン
  • アバランチ(AVAX)
  • Astar NetWork(ASTR)

同マーケットプレイスでは、Zaifブランドを活用したマーケティング活動も行われる予定。 様々なWeb3企業とのコラボレーションも計画されている。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:NFT市場の取引高は前期比77%減、投機から実用性重視の兆候も

NFTの実用性が重視される傾向

NFT領域は現在、世界的に取引高が大きく減少している。市場分析会社NonFungible.comは、2022年第3四半期(6月〜9月)の取引高は、約2,377億円(16億ドル)で第2四半期から77%減少したと報告した。

一方、アクティブなウォレット数から見たコミュニティの規模は117万3,650で17%の減少に留まった。また取引量は四半期で1,000万件を上回っていることから、レポートは活発なコミュニティ活動が継続していると評価。投機的な動きが後退し、その代わりにトークンの有用性がより重視されつつあると取りまとめた。

なお、大手企業による同領域への参入は依然として続いており、2022年第3四半期には、高級ジュエリーメーカーのティファニーや、スターバックスなどが参画している。また国内の大手仮想通貨取引所コインチェックは14日、独自のNFT発行を計画していることを明かした。

関連:アートの分散型保有権をNFT化したプラットフォーム「STRAYM」が大幅アップデート

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/20 月曜日
20:00
バイナンス、Arbitrum(ARB)上場予定
仮想通貨取引所大手バイナンスは、イーサリアム(ETH)のL2「Arbitrum(アービトラム・ARB)」の新規上場予定を決定した。
14:47
DeFi情報サイト「DefiLlama」で内紛か プラットフォーム分岐へ
DeFi分析プラットフォーム「DefiLlama」の開発者は、新たに別のプラットフォームを立ち上げると発表した。トークン発行などをめぐり、同社の中で争いが起きている模様だ。
14:43
元コインベースCTOが米ドルのハイパーインフレに警鐘、ビットコイン100万ドル到達に賭ける
米大手仮想通貨取引所コインベースの元最高技術責任者のBalaji Srinvasan氏は、米国でハイパーインフレが起こる可能性を警告し、ビットコインが今後3ヶ月で1億3000万円に達するという信じ難い賭けを提示した。
12:47
ビットコイン一時28000ドル台に、世界的な金融不安受けゴールドも高騰
スイス投資銀大手UBSによるクレディ・スイスの巨額買収合意が伝わり、暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが28000ドル台前半まで続伸した。世界的な金融不安を受け、金(ゴールド)価格も高騰している。
10:20
スイス投資銀大手UBS、4200億円でクレディ・スイスの買収合意へ
投資銀行大手UBSは、クレディ・スイスを約4,300億円で買収することに合意したと発表した。また、米国の仮想通貨企業は新たな銀行パートナーとしてスイスの金融機関に接触していると伝えられる。
09:00
「GM Radio」 次回はデータの資産化を目指す「Ocean Protocol」が参加
グローバル版CoinPostによる第14回GM Radioは、3月22日の21:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストにデータの資産化を目指すOcean Protocolを招待する。
03/19 日曜日
11:30
米銀救済でビットコイン反転上昇、インフレ高止まりには不透明感も
国内大手取引所bitbankのアナリストが、米大手シリコンバレー銀行破綻の金融危機懸念から反転上昇した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米欧の金融不安に注目集まる
今週は、クレディ・スイスの経営不安に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、OpenAIがGPT-4をリリースして仮想通貨のAI関連銘柄が全面高になったことなど、一週間分の情報をお届けする。
03/18 土曜日
13:55
ビットコイン・レイヤー2「Stacks」、年初来で約6倍に高騰
ビットコインにスマートコントラクトレイヤーを提供する「Stacks」の資産価格が急騰している。23年にビットコインのユースケースが見直される中、DeFiのプラットフォームとして利用されるStacksも注目を集めている。
13:00
中国大手建設機械XCMG、メタバースに進出 BAYCのNFTを活用へ
中国の大手建設機械グループXCMGはメタバースやWeb3の分野に進出することを発表。BAYCのNFTを活用し、独自のNFTコレクションもリリースする計画だ。
12:00
BlockSec、NFTレンディングParaspaceから2,900 ETHの盗難を阻止
セキュリティ企業BlockSecは、NFTレンディング「Paraspace」へのハッキングを先回りすることで、2,900 ETH(6.59億円)が悪意のあるアクターに渡る事態を防いだことを発表した。
11:15
スクエニ・「シンビオジェネシス」、「トレジャーハンティング」開催
スクウェア・エニックスは同社初となるNFTコレクティブルアートプロジェクト「SYMBIOGENESIS(シンビオジェネシス)」の公式サイトを公開した。公式サイトの地図上で「メンバーカード」を探す「トレジャーハンティングキャンペーン」を期間限定で開催する。
10:20
SVBグループ、破産申請 真相究明のため公聴会開催へ
シリコンバレー銀行の親会社は破産申請を行った。当局の監督下で事業再建手続きを行っていく予定だ。SVBとシグネチャー銀行破綻をめぐる公聴会は3月29日に開催される。
09:20
米国株反落、ドル安に ビットコイン27,000ドル台に復帰
今日のビットコインや金は上昇。ニューヨークダウは大幅反落し−384ドルで取引を終えた。投資家心理が再び悪化し金融株主導で反落した格好だ。
07:40
コインベース、米国外にも仮想通貨の取引拠点を創設か
仮想通貨取引所コインベースは、米国外に取引拠点を創設することを検討していることがわかった。米国の規制が背景にあるとみられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア