CoinPostで今最も読まれています

米CFTC委員、2008年の金融危機と仮想通貨市場の類似性を警告

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新たな金融安定リスク

米商品先物取引委員会(CFTC)のクリスティ・ゴールドスミス・ロメロ委員は26日、現在の暗号資産(仮想通貨)市場は、伝統的な金融システムと同様の金融安定リスクに直面していると指摘。2008年の金融危機の要素と類似性があり、伝統的金融との結びつきが高まるとシステミックリスクにつながる可能性があると警告した。

国際スワップ・デリバティブ協会のカンフェレンスで講演したロメロ委員は、「仮想通貨の冬」を引き起こす原因となった市場の脆弱性は、2008年の金融危機と類似しており、市場内リスクの増大を警告していると述べた。

ロメロ氏は、アルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD」と、そのシステムの基盤であるルナの破綻が、ヘッジファンドThree Arrow Capital (3AC)をはじめとする仮想通貨企業の破産を連鎖的に引き起こしたと指摘。このような仮想通貨市場の伝染リスクと暴落リスクに対する脆弱性を、複雑で不透明な「革新的」デリバティブ商品が引き金となり、最終的に大規模な金融機関の破綻を招いた2008年の金融危機の状況と重ね合わせた。

同氏はまた、2008年の危機では、規制されていない金融機関や金融商品に対する金融システムの脆弱性に、規制当局が気づいていなかったことを指摘。現在、規制が確立していない仮想通貨市場においても、規制当局はエクスポージャーやリスクの実態を把握することができないことを問題視した。

一方、2008年の金融危機後、議会と金融規制当局の改革努力により、規制当局の権限が拡大し、透明性が向上した結果、米国では金融の安定性が高まったと主張。仮想通貨市場のリスクに対する監視能力に支障をきたさないためにも、CFTCに追加的な権限が与えられることの重要性を訴えた。

関連ナスダック続落でビットコイン連れ安か、イーロンマスクのTwitter買収成立でWeb3業界に新たな風

CFTCとは

「Commodity Futures Trading Commission」の略。1974年設立の政府機関で、商品取引所に上場する商品や金利など、米国の先物取引市場を監督している。

▶️仮想通貨用語集

伝統的な金融システムとの結びつき

ロメロ氏は近い将来、仮想通貨業界と伝統的な金融機関との相互関係が強まれば、金融安定リスクが高まり、ひいてはシステミックリスクを引き起こす可能性もあると警告した。

同氏は、伝統的な金融機関が仮想通貨市場への進出に対して関心を高めていると述べ、ステーブルコイン、年金基金による仮想通貨への投資、カストディサービス提供などで両市場が、間接的にでも関係性を持ち始めている状況を説明した。

仮想通貨特有のリスク

ロメロ氏は「新たなテクノロジーは新たなリスクをもたらす」と主張。仮想通貨の匿名性がマネーロンダリング、テロ資金調達やダークネットの違法取引に使用される可能性を挙げた。

また、ハッキングや盗難が急増し、詐欺や市場操作などの不正行為が横行していると指摘し、CFTCが2022年に起こした訴訟の20%以上が仮想通貨関連のものだったと述べた。

関連:米CFTC年次レポート、執行措置の20%が仮想通貨関連

さらに仮想通貨企業では、伝統的な金融では異なる事業体として運営される機能を、同時に提供している場合があると指摘。取引所はマーケットメーカー、清算機関、融資、カストディアンを兼ねている場合があり、利益相反のリスクがあると説明した。

同じリスク、同じ規制結果

ロメロ氏は米国政府が仮想通貨とその市場がシステミックリスクのレベルに達する前に、金融安定化リスクへの取り組み行うべきであると指摘。「金融危機後の改革と同様、議会がCFTCに追加的な権限を与えることで金融安定化リスクに対処することができる」と主張した。

同氏は金融安定化リスクへの対処方法として、「同じリスク、同じ規制結果」というアプローチを提案している。また、仮想通貨に対する「規制当局の窓口」が確立していない状況下でも、CFTCはリスク評価を続けているとアピールした。

米国における仮想通貨の規制については、CFTCと米証券取引委員会(SEC)の両機関による監督権限争いが繰り広げられている。

CFTCのロスティン・ベーナム委員長は先月末、CFTCが仮想通貨の規制を主導すれば、業界に大きなメリットをもたらすことができる可能性があると発言。規制が整備された市場では、ビットコインの価格が2倍になる可能性もあると語った。

関連:米CFTC委員長「仮想通貨の規制整備でビットコイン価格は2倍になる可能性」

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧