CoinPostで今最も読まれています

米主要マイニング企業RiotとMarathonのQ3決算報告、軒並み予想を下回る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

RiotのQ3決算報告

ナスダック上場の米暗号資産(仮想通貨)マイニング企業「Riot Blockchain」(以下、Riot)は8日、2022年第3四半期(7〜9月)の決算報告を発表。

今四半期の総収益は約67億2,700万円(4,630万ドル)で、コンセンサス予想の約83億3,900万円(5,740万ドル)を19%下回る結果となった。1株当たりの純損失は0.24ドルで、予想された0.02ドルを下回った。

収益低下の原因としてRiotは、「電力戦略に伴う電力抑制によってビットコインの生産が減少したことに加え、ビットコインの市場価格が前期比で49%下落したため」と説明している。

アナリストの予想は下回ったが、財政的に苦境に陥るマイニング企業が多い中、Riotの財務状況と業績にはポジティブな要素も見られる。同社は9月30日時点で、約370億円(2億5,500万ドル)の手元現金を含む約537億3,000万円(3億6,980万ドル)の運転資金と、自社採掘の6,766ビットコインを保有しており、「業界最高水準の財務体質を維持している」と報告した。

エネルギー価格の上昇には、電力網全体の急激な需要増加時にマイニングを停止する「電力抑制クレジット」の利用で対応。今四半期で1,310万ドルのクレジット(前年同期は250万ドル)を獲得し、大幅な運営コスト削減につながった。なお、ビットコインの平均終値に基づいて月単位で算出すると、今期のクレジット額は760BTCに相当するという。

事業面では9月30日時点で、5万5,728台のマイニング機器が配備されており、過去最高のハッシュレートである5.6EH/s(エクサハッシュ/秒=100京回/秒の計算能力)を達成したと報告。10月にはS19シリーズのマイニング機器を段階的に増設することで、合計 7万3,428 台が配備され、ハッシュレートは約7.8EH/sとなる予定。

RiotのJason Les最高経営責任者は、同社のQ3の業績を高く評価し、次のように述べている。

多くのビットコインマイナーに大きな影響を与えたエネルギー価格の上昇にもかかわらず、Riotは長期固定料金の電力契約を活用して多額の電力クレジットを生み出し、運営コストを大幅に削減することができた。さらに、強力な流動性ポジションにより、世界有数のビットコインのインフラプラットフォームとなるという目標に向け、成長計画の実行とハッシュレートの新記録達成にフォーカスすることができた。

Riotは2023年第1四半期までには、約11万5,000台のAntminer ASICをフル展開し、セルフマイニングの総ハッシュレート能力は合計約12.5 EH/sになることを見込むとしている。

ハッシュレートとは

マイニングの採掘速度のこと。1秒間の計算力を表し、マイニング機器の処理能力を表す際やマイニングがどれくらいのスピードで行われるかを示す指標として用いられている。

▶️仮想通貨用語集

関連:仮想通貨マイニングのCore Scientific、1,000億円超の債務抱える

関連:豪上場仮想通貨マイニング企業、傘下2社に債務不履行通知

MarathonのQ3決算報告

同じくナスダック上場の米仮想通貨マイニング企業「Marathon Digital Holdings」(以下Marathon)も8日、2022年第3四半期(7~9月)の決算報告を発表した。

Q3の総収益は約18億5,000万円(1,270万ドル)で、アナリストの平均予想の約41億3,800万円(2,840万ドル)の半分以下の結果となった。諸経費を差し引くと、同社は108億4,500万円(7,450万ドル)の純損失を計上。Q3の1株当たりの損失は0.65ドルで、予想の0.23ドルを大幅に下回った。前年同期の純損失は32億3,100万円(2,220万ドル)だった。

当期のビットコイン生産高は616BTCで、前四半期(707BTC)から13%減少、前年同期(1,252BTC)からは51%減少した。同社は生産量が減少した原因として、モンタナ州のマイニング施設からの撤退とテキサス州の施設における通電の遅れを挙げた。

一方、新施設での事業規模拡大に伴い、ビットコインの生産量は今期中に改善に向かい、2022年9月30日までの累計では2,582BTCを生産。前年同期比23%増となったと報告した。

9月30日時点における稼働中のマイニング機器は約37,000台で、ハッシュレートは約3.8EH/s。11月1日には、稼働中のマシンは約69,000台に増加し、約7.0EH/sのハッシュレートを達成したという。

Marathonは自社ではマイニングインフラを所有せず、ホスティング会社と連携することで、マイニング事業の運営を行なっている。そのためパートナー企業の状況が事業に大きく影響するが、その中には9月に米連邦破産法の適用を申請したマイニング企業Compute Northが含まれていた。

MarathonのFred Thiel会長兼CEOは決算説明会で、Compute Northに関して、まもなくテキサス州の規制当局から前向きな回答が得られるだろうと発言。また、今四半期に関しては、モンタナ州から撤退しテキサス州で事業拡大するなど、企業としての過渡期にあったが、同社のハッシュレート向上の努力が実ったことを強調した。今後の目標としては、年末までにハッシュレートを9.0EH/sまで高め、2023年半ばには23EH/sの達成を目指すと述べた。

関連:負債総額700億円 仮想通貨マイニングのCompute North社、米破産法の適用申請

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア