CoinPostで今最も読まれています

FTX前CEO「顧客対応が最優先」 資金調達を示唆 ハッキング犯は現在も逃走中

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

意味深ツイートから一転

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの前CEOだったサム・バンクマン=フリード氏は16日、破産前時点でアラメダの保有資産は負債を上回っていたと発言。最終的な目標は「顧客を大切にすること」など、数日ぶりに破綻騒動について言及した格好だ。

バンクマン=フリード氏(通称、SBF)は先週末12日にCEO職を暫定的にジョン・レイ氏に譲ったばかり。今週14日からは得意のスレッド形式でのツイートを時間差で投稿したり過去のツイートを削除するなど、不可解な言動が目立つ。

2日間に渡り、スレッドは繋げ合わせると「WHAT HAPPENED」(何が起こったのか)になる言葉遊びを披露。FTXや関連企業アラメダ・リサーチの現状について以下のように釈明した。

何が起こったかは、いずれ話す。今は、現在の状況について話そう。

私の知る限りでは、間違いの可能性もあるが11月7日以降の時点では、 マーク・トゥ・マーケット(M2M)でアラメダの保有資産は負債を上回っていた。

…私の唯一の目標は、顧客に対して正しく対応することだ。そのために、私はできる限りを尽くしている。規制当局と直接対面し、チームと連携し顧客のためにできることをしている。

その先に、投資家もいるが、まずは顧客から。

関連:FTX、破綻後に仮想通貨の不正流出が発覚 被害額600億円規模か

追記

その後、SBFは日本時間16日正午前後に再び投稿。数週間前まで、FTXは一日辺り100億ドル(1.4兆円)規模の取引量と数十億ドル(数千億円)規模の振替を処理していたが、「気付いた以上に」レバリッジ過多となっていた結果、バンクランと相場の急落が流動性危機につながったと説明した。

バンクランとは

金融機関の崩壊を懸念して、顧客資産の出金が相次ぐ状態を指す。信用不安やデフォルトのリスクが高まる際に発生しやすい。

▶️仮想通貨用語集

この状況を改善する為には「資金を調達して、顧客を完全(資金返済)にして再スタートすることを挑戦するしかない」と言及。失敗が重なっているが、「どこかにたどり着けるかもしれないと思う自分もいる」と胸中を語った。

なお、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道では、バンクマン=フリード氏が先週末にかけて80億ドルの負債を返却する為に投資家から資金調達を試みていたという。現時点では、資金調達に成功していないものと想定されており、資金提供の代わりに何をオファーしていたかは不明。

一方で、同氏はすでに先週CEOの座を面目上は明け渡している為、情報が錯綜する状況が続いている。

NYT記事への反論に応答か

CEO職を退いてから数日コメントや声明を控えていたSBFだが、米時間14日にはニューヨーク・タイムズとの独占インタビューに対応。最近ではリラックスする為にオンラインゲームをプレイしていた事などを語っていた。

一方で、同記事内では顧客資産を不正利用した点を認めた反面、訴訟や詐欺などのフレーズが含まれなかった点が業界内で反感を買った。

ブロックチェーン業界の初期に設立された仮想通貨取引所クラーケンの共同創設者Jesse Powell氏は「主流メディアは破綻したポンジの正当化に貢献した説明責任を果たす必要がある」と批判。現在でも、状況を軽視し、FTXの競合である自身やコインベースについては「誹謗中傷的なゴシップ記事」を書いたとして、FTXを助長したと指摘した。

また、個人のプライバシーを重視する「匿名通貨」の一種であるジーキャッシュ(ZEC)の創設者であるZooko Wilcox氏は以下のようにコメントした。

ニューヨーク・タイムズ側の共謀だ。

NYTは権威ある、影響力のある新聞にて、窃盗と詐欺で無数の人々の人生を台無しにした(SBF氏)の悪行を粉飾し、法の網を逃れることを助長した。私は、これが単なるミスであることを疑う。

他にも、著名アナリストのAlex Kruger氏も同記事が詐欺や犯罪、ハッキング、サーバーの消去、市場操縦などに関する言及が皆無だった点を非難。SBFは「本来ならポンジ・スキームで服役した金融詐欺師のバーニー・マドフ氏の後継者」と批判している。

このような批判に回答する格好で今回の釈明に至った可能性が考えられる。

ハッキング犯は現在も逃亡中

なお、FTX破綻後に発生したハッキングの犯人は執筆時点では、現在も資金を保有。不正アクセスした仮想通貨は全てイーサリアム(ETH)に換金しており、保有総量は400億円相当の22万ETHにのぼる。これはネットワーク全体でも35位の規模だ。

FTXやアラメダ破綻までの経緯やこれまでの動向は以下の記事で詳しく解説している。

関連:仮想通貨市場に激震、アラメダショックとFTX騒動の動向まとめ

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧