CoinPostで今最も読まれています

アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Alibaba アバランチをサポート

Alibaba Cloudは2日、バリデーター(検証ノード)の設置用途を含む開発者向けインフラストラクチャーの提供で、アバランチ(AVAX)ブロックチェーンをサポートすることを発表した。

Alibaba Cloudはこれまで企業向けにプライベートチェーンを構築できる「BaaS(Blockchain as a Service)」において、HyperLedgerFabric、Ant BockChain、Quorumをサポートしてきた。

同社がパブリックブロックチェーンのノード運用、及び開発者向けにインフラ提供を行うのはアバランチ(AVAX)が初めてとなる。

アバランチの開発者は、Alibaba Cloudのインフラストラクチャー・アズ・ア・サービス (IaaS) に含まれる、仮想サーバーやファイアウォール、ストレージなどを活用できるようになった。

アバランチ上のトランザクションを検証するバリデーターノードを立ち上げたり、dApps(分散型アプリ)開発者が需要のピーク時にウェブインターフェースのインフラ基盤を一時的に補強し、ユーザーアクセスに対処することもできる。

Alibaba Cloudはまた、アバランチの開発者を誘致する目的で、同社の各種サービスで利用できるクレジットを提供する予定。12月14日開かれる専用ウェビナーでは、アバランチ開発のAva LabsのLi Niテクニカルアドバイザーや、Wilson Wu事業開発マネージャーが参加する。

Alibaba Cloudはアバランチについて、PoS(プルーフオブステーク)の中でバリデーターの数が多く(約1,200件)、AVAXのステーキング(ロックアップ)に対する報酬が年利最大11%、運用ノードがオフラインになった場合でも懲罰(スラッシュ)がないことを強調している。

パブリックチェーンとは

誰でも自由にネットワーク参加可能な「公共性」の高いブロックチェーンを指す。特定の管理主体を置かず、不特定多数の参加者により取引情報の合意形成を行う仕組み。取引情報の改竄(かいざん)に対する安全性が高いとされる。

▶️仮想通貨用語集

関連:グーグル、イーサリアムノードのホスティングサービスを開始

Alibaba Cloudとは

Alibaba CloudはNYSE(ニューヨーク証券取引所)及びNASDAQ上場のAlibabaグループのクラウドコンピューティング部門。世界28地域、85のアベイラビリティゾーン(管理地域)を運用しており、Gartnerによると、IaaS事業者としてはアジアで最大、世界3位の規模を誇る。

Alibaba Cloudによるアバランチのサポートは、競合に当たるGoogle Cloud Platform(GCP)やAmazon Web Services(AWS)を追従する流れと見られる。

21年3月にイーサリアムブロックチェーンへのサポートを開始したAWSは、イーサリアムメインネット上の全ノードのうち約62%を占める「ホスティングサービス」の枠組みで、52%のシェアを占めている(データ引用:Ethernodes.org)。

これに追従したいGoogle Cloudは10月28日、Web3(分散型ウェブ)ノードのホスティングサービス「ブロックチェーン・ノード・エンジン」をリリース。まず、イーサリアムのブロックチェーンをサポートする。

ノードとは

ビットコインやイーサリアムのような分散型ネットワークを動かすコンピュータのこと。複数の機器がブロックや取引データを検証するソフトウェアを実行したり、データや状態を分散保有することで、ネットワークの継続的な稼働(一貫性)が維持される。

▶️仮想通貨用語集

一方、ドイツのクラウドホスティング大手Hetzner社が、11月に同社のホスティングサービスを利用している全てのソラナ(SOL)チェーンのノードへのネット接続を遮断した事例もある。

同社は仮想通貨マイニングの禁止について規約に明記しており、対象はノードの実行、ブロックチェーンデータの保存などにまで及ぶと述べていた。当時、ソラナへの措置は、Hetznerを使用するコスモス(ATOM)など他のネットワークノードにも飛び火するとの指摘もあった。

関連:1,000台以上のソラナノードのホスティングを停止 大手クラウドサービス

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア