CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン生誕14周年、主な歴史を振り返る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインの歴史を回想

日本時間1月4日、ビットコイン(BTC)が生誕14周年を迎えた。

ビットコインは匿名の人物(またはグループ)「Satoshi Nakamoto」(サトシ・ナカモト)が、2008年10月末に提唱した暗号資産(仮想通貨)。

『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』(ビットコイン:ピアツーピア電子マネーシステム)と称した論文をサイファーパンクのメーリングリストで公表した概念だった。

関連:BTC論文(ホワイトペーパー)、初公開から14周年

その後、ビットコイン・ネットワーク初の「ジェネシス・ブロック(Genesis Block)」は日本時間1月4日午前3時15分頃、生成に成功した。

ジェネシス・ブロックには、2009年1月3日の英タイムズ紙の見出し「財務大臣 二度目の銀行救済措置へ(The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for bank)」のメッセージが刻まれた。

2008年に発生した大規模金融危機(リーマン・ショック)後に、大手金融機関が特例の救済措置を受けたことで、中央集権的に管理される伝統金融に対する”アンチテーゼが込められたとされる。

初のトランザクションは、サトシ・ナカモトから開発者のハル・フィニー氏から10BTCが取引手数料ゼロで送信されたもの。ビットコインの公開ネットワーク上で初めてのブロックが生成されたのは、1月12日頃のブロック高170の時点だった。

ビットコインの普及

当初はサトシ・ナカモトをはじめ、一部の開発者や暗号学者など知る人ぞ知る試験的な取り組みだったビットコインだが、オンライン掲示板で徐々に普及した。この当時はビットコインは多大の算出能力(ハッシュレート)を要する水準まで難易度(ディフィカルティ)が上昇していなかったため、一般的なPCで誰もがマイニング(採掘)に参加することが可能だった。

翌2010年の5月22日には、ビットコイン史上初の“商取引”が実現した。当時0.2円ほどで取引されていたビットコイン10,000BTCの支払いと引き換えにピザ2枚を注文したもので、これを記念した「ビットコイン・ピザ・デー」は、世界各国で毎年祝われている。

それから12年以上経過した2022年12月時点のレートで計算すると、10,000BTCは234億円(1.7億ドル)に相当する。

関連:「ビットコイン・ピザ・デー」12周年、史上初の仮想通貨商取引

ビットコイン関連の歴史

過去14年間の主な出来事は以下の通り。

  • 08年10月:ビットコインの論文公開
  • 09年1月:BTCのジェネシス・ブロック生成
  • 09年1月:BTC初送金(1BTC=約0.07円)
  • 10年5月:BTCとピザ2枚の交換が実現
  • 10年7月:暗号資産取引所マウントゴックスがBTC取扱い開始
  • 12年8月:コインチェック創業
  • 12年11月:1回目の半減期(1BTC=約1000円)
  • 13年3月:キプロス危機(1BTC=約4500円)
  • 13年10月:シルクロード創設者逮捕
  • 14年1月:bitFlyer創業
  • 14年2月:マウントゴックス経営破綻
  • 16年7月:2回目のBTC半減期
  • 17年7月:バイナンス創業
  • 17年8月:BTCハードフォークでビットコインキャッシュ(BCH)誕生
  • 17年12月:過去最高値、1BTC=20000ドル(約220万円)到達
  • 17年12月:米CMEがビットコイン先物取引開始
  • 18年1月:コインチェック大規模ハッキング事件
  • 18年11月:ビットコインキャッシュのハッシュ戦争
  • 20年3月:コロナ・ショック、1BTC=3000ドル台まで暴落
  • 20年5月:3回目の半減期
  • 20年8月:マイクロストラテジーが米上場企業初のBTC購入
  • 21年2月:テスラがビットコイン購入
  • 21年4月:米暗号資産取引所コインベースがナスダックに株式上場
  • 21年5月:中国政府がマイニングを全面禁止
  • 21年9月:エルサルバドルがビットコインを法定通貨化
  • 21年10月:米SECがビットコイン先物ETF承認
  • 21年11月:過去最高値、1BTC=69000ドル(約800万円)到達
  • 22年2月:ロシアがウクライナに軍事侵攻
  • 22年5月:テラ(LUNA)ショック、3ACなど連鎖破綻
  • 22年11月:大手暗号資産取引所FTXとアラメダ・リサーチ破綻
  • 22年11月:1BTC=15500ドルまで下落

2022年はFRB(米連邦準備制度)による金融引き締めの影響で相場全体が低迷したほか、暗号資産(仮想通貨)市場でもテラ(LUNA)崩壊や大手取引所FTXの破綻などネガティブなニュースが相次いだことでビットコイン価格は1万ドル台まで下落した。

ビットコインマイニングのハッシュレート(採掘速度)やディフィカルティ(難易度)調整は、マシン性能向上などの影響により時間差で過去最高値を更新したが、市況の急悪化やマイニングコスト上昇で経営難に陥る上場企業も相次いだ。

出典:btc.com

関連:ビットコインマイナーの降伏はこれから?業界動向とBTC価格への影響を考察

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア