CoinPostで今最も読まれています

NFTの価値を高める内外の「ダブルドライブ」とは|Ontology寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTの現状

今回はオントロジーに、「NFTの価値を高める内外部の『ダブルドライブ』とは」をテーマに寄稿いただきました。

現在、Web3は「冬の時代」を迎え、Web3関連の産業が軒並み下降の一途を辿っています。しかし、この「不況の時代」の中で、非代替性トークン(NFT)の開発はいわば「清流」となっています。

例えば、最近資金調達を終えた「Doodles」は、22年6月23日時点で直近7日間の取引高が3,697ETH、下値が15ETHとなっており、Web3の冬の時代の影響を受けていないようにも見えます。

関連:NFT企業「Doodles」、776やFTXから78億円調達

また、BAYCに代表される「ブルーチップNFT(収益性、成長性にすぐれているNFT)」も独自のサブカルチャーを形成し、多数の投資家が「巡礼」しています。

NFTの代表作であるBAYCは、ユーザーに数億円の価値を持つJPEGの狂気を感じさせていますが、その一方で「NFTのユーティリティはどうなのか」という疑念の声が大きくなってきています。

NFTの内部開発

実を言いますと、こうした疑問は今に始まったことではなく、NFTのユーティリティの探求は既に始まっています。

ERC-1155などの規格は、元々NFTにユーティリティを与えるために開発されたものだとさえ言えます。例えば、GameFiのゲームアイテムは、ERC-1155規格を利用して、同じ種類の武器を複数作成する仕様に設計することが可能です。

それだけでなく、NFT内の開発も止まりません。特にユーティリティタイプのNFTは既に健全な開発が進んでおり、特定のゲームやアクティビティ、ドキュメントにアクセスするためにNFTを保有したり、アートワークNFTを購入して現実でも芸術作品を物理的に所有したりするなど、多くの利用シーンが模索されています。

また、Soulboundトークン(SBT)の概念が徐々に実装されていくにつれ、NFTはSBTの概念を取り入れることで、ユーザーのオンチェーン・アイデンティティをより安全に提示することができるようになります。

例えば、NFT化された参加証明バッジであるPOAPは、ユーザーが特定の活動やコミュニティに参加するための資格として、パブリックチェーン上にユーザーの経験を残すことができます。また、利便性と画像性能に優れたNFT化された分散型ID(DID)もあり、NFT化されたDIDに基づいた多くの場面に活用できるアプリケーションを実現することができます。

関連:DAOと分散型IDの「金融化」とは|Ontology寄稿

NFTの内部利用は、現在ほとんどの領域を網羅していますが、革新的な技術は小さな輪の中に閉じ込めることはできず、強力なWeb3エコシステムの形成には外部のリソースと協力する必要があることもわかっています。そのため、NFT業界も積極的に外部エコシステムの拡大を推進しています。

NFTの外部拡張

現在NFTの外部拡張は、Twitter BlueのNFTアバター表示対応に続き、MetaがFacebookとInstagramのNFT投稿・表示対応を示唆するなど、ソーシャルメディア内でのNFT表示が中心となっています。

ビジネス面では、高級ブランドが独自のNFTをリリースしたり、宣伝のために有名人やブランドが人気のNFTを購入するなど、ブランドの広報にNFTが活用される形が多くなっています。

NFTの外部拡張は、一般に注目度に焦点が当てられることが多く、技術はあくまで補助的なものであるといえます。つまり、NFTの背後にある技術や意味を一般大衆が理解する必要はなく、写真や音楽などの視覚表現、話題のイベントやブランドの認知度などでアピールすれば良いのです。この形態が現在最もエコシステム外のユーザーに受け入れやすく、実際にNFTエコシステムに参加する新規ユーザーを増やしています。

まとめ

NFTは想像力に富み、かつ拡張性のあるメディアであり、ツールであるといえます。既にNFTは様々な利用場面に適用できることが実証されており、GameFi、メタバース、自律分散型組織(DAO)、その他のWeb3分野で利用が進んでいます。

NFTは強いスケーラビリティと可塑性を有しているので、Web3の発展と共に将来的に確実に利用ケースが広がっていくことが予想されます。NFT内外の発展が一定の水準に達したとき、期待通りの新たな爆発が訪れる時が来るでしょう。

関連:Web3は能動的な「表現者経済」をつくる|Ontology寄稿

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア