CoinPostで今最も読まれています

ナスダック反落 FOMC委員発言の影響などで|9日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2/9(木)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:33,949ドル -0.6%
  • ナスダック:11,910ドル -1.6%
  • 日経平均:27,606円 -0.2%
  • 米ドル/円:131.4 +0.2%
  • 米ドル指数:103.4 +0.05%
  • 米国債10年:年利回り3.62 -1.3%
  • 金先物:1,887ドル +0.18%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:22,896ドル -1.4%
  • イーサリアム:1,647ドル -1.2%

本日のニューヨークダウやナスダックは反落。前日はFRBのパウエル議長の発言を受けボラティリティを高め最終的には買い戻されたが、8日の市場は一部のタカ派FOMC委員の発言を受けてマイナス圏に転じた格好だ。

関連NYダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及

まず、ややハト派とされるニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は昨夜のインタビューで、インフレを鈍化させるため、数年間は金利を景気抑制的な水準に維持する必要があるかもしれないとの見解を伝えた。FOMCは先週の会合で0.25ポイントの利上げを決め政策金利の誘導目標レンジを4.5〜4.75%としたが、市場コンセンサスでは5.00〜5.25%(0.25%ずつで計2回)が最終着地点と見込まれていた。しかし、先週3日に発表された1月の雇用統計が予想を大幅に上回ったため、観測以上に利上げが継続する懸念も出ている。

ウィリアムズ総裁は今年のFOMCで投票権を持つ委員の一人でもあり、昨夜のインタビューで今後の利上げ幅として0.25ポイントが適切かもしれないとして、追加利上げペースは今後のデータ次第だとも指摘した。来週の14日発表予定の米1月消費者物価指数(CPI)の結果が注目ポイントとなる。

一方、タカ派寄りのミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は昨日のタカ派的スタンスの表明に続き、インフレ圧力が緩和しつつあるとした上で、「私の見解では、これまでの利上げが労働市場に大きな影響を及ぼしているとの証左はまだあまりなく、労働市場の均衡を取り戻すためにはさらなる行動が必要だろう」として利上げ継続の必要性を示唆。景気後退(リセッション)については「望ましくないが、インフレ抑制のためにはまだ仕事が残っている」とコメントした。

なお、タカ派寄りのウォラー理事も一段と利上げが必要として「インフレ率は今年急速に下がるとの見方が一部にあるが、そうした急速な低下の兆候は経済データでは見られない。(中略)…長い闘いになる可能性がある」と話した。

FRBがどのような形で軟着陸(ソフトランディング)を実現させるか市場予想はますます難しくなってきているもようだ。

関連仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関との提携でSAND前日比30%高

2月の重要な経済指標・予定

  • 10日24時(金):米ミシガン大学消費者態度指数2月・速報値
  • 13日8時50分(月):日本10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
  • 14日22時30分(火):米1月 消費者物価指数(CPI)
  • 15日22時30分(水):米1月 小売売上高
  • 23日22時30分(木):米10-12月期 四半期GDP個人消費とコアPCE・改定値
  • 24日22時30分(金):米1月 個人消費支出(PCEデフレーター)
  • 24日24時(金):米ミシガン大学消費者態度指数2月・確報値

関連仮想通貨市場も注視する「ドルインデックス(ドル指数)」とは|初心者向けに解説

米国株

FOMC委員らの発言などを受けてIT・ハイテク株が売り先行。特にグーグルの親会社アルファベットの下げが目立った。背景には、前日にライバル企業マイクロソフトが検索エンジンBingにChatGPTのAI技術を導入した発表がある。AI基盤によってアップグレードされたBingはこれまでグーグルが独占していた検索エンジン領域から市場シェアを奪い返しうるとされており、グーグルの近日公開のAIチャットボットBardが先行者利益を獲得したChatGPTより優れるか懸念は高まっているようだ。

追記】複数の天文学者や科学者はグーグルの「Bard」による不正確な回答を指摘したことが明らかになった。グーグルは説明会でBardを検索機能に組み込む手法や時期について不備があり、まずは信頼できるテスターに限定公開し、改善していく計画だという。

また、中国のIT大手アリババもAIチャットボット領域に参入しようとして8日にChatGPTのような人工知能ツールを開発中で内部試験を実施していることを明かした。なお競合の京東商城(JDドットコム)も同日に、ChatGPTの技術点をサービスに統合する計画を発表した。言語系人工知能ツール分野における競争はますます激化しつつある状況だ。米アマゾンも近いうちにこの分野に参入するのではないかと期待されている。

関連マイクロソフト、検索エンジン「Bing」に対話型人工知能搭載

個別銘柄の前日比では、NVIDIA+0.1%、c3.ai+6.8%、ビッグベア.ai+10%、テスラ+2.2%、マイクロソフト-0.3%、アルファベット-7.6%、アマゾン-2%、アップル-1.7%、メタ-4.2%、コインベース-2.7%、マイクロストラテジー-2.8%。

関連仮想通貨投資家にもオススメ、お得な株主優待「10選」

仮想通貨・ブロックチェーン関連株(前日比/前週比)

  • コインベース|69.4ドル(-2.7%/-7%)
  • ロビンフッド・マーケッツ|10.4ドル(-0.7%/-2.5%)
  • ハット8マイニング|2.1ドル(-2.1%/-2.7%)

ロビンフッド・マーケッツは8日に昨年4Qの決算を発表した。仮想通貨取引による売上は3Qから24%減、約4,000万ドルにとどまった。1株当たりの利益は予想を下回っている。

また、役員会がFTXらが2022年5月に購入した約5,500万ドルに相当する株を買い戻すことを承認したという。

関連仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

ドル円131円台推移

ドル円は1ドル=131.4円、前日比+0.2%。ドルはタカ派寄りの委員の発言がドルの支えとなったようだ。

出典:Yahoo!ファイナンス

関連仮想通貨市場にも影響する「ドル高」の背景は 相関性や円安要因についても解説

GMラヂオ 今夜開催!

関連第5回「GM Radio」、クロスチェーンUX最適化目指すConnextが参加へ

第5回GM Radioは、2月9日(木)の21:00から。ゲストは、Connextの共同創設者Rahul Sethuram氏。ConnextのパブリックローンチやxAppsのメリット、今後の計画などについて質問していく。

先週のGMラヂオ

先週金曜日には第4回GMラヂオを開催した。ゲストは2回目の参加となるLayerZero Labsの共同創設者や、DeFi Kingdomsの創設者ら4名で、「クロスチェーンゲームの可能性」や「ブロックチェーンゲームの課題点」などについて語り合った。

関連第4回「GM Radio」開催、ゲストはDeFi Kingdoms幹部ら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア