CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関との提携でSAND前日比30%高

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

7日の米NY株式市場では、ダウは前日比265.67ドル(0.8%)高、ナスダックは226.33ドル(1.9%)高で取引を終えた。

エコノミッククラブのパウエルFRB議長発言が警戒され下落基調にあったが、無難に通過したことで買い戻し優勢となった。

パウエル議長は、「痛みを伴わないインフレ抑制の成功はFRBの基本シナリオにはない。当面は利上げが必要」と慎重な見立てを示した上、大きく上振れした米雇用統計を念頭に、「今後も強い雇用指標が続いた場合、さらなる金利水準の引き上げが必要となる可能性もある」と釘を刺した。

一方、物価上昇ペースの鈍化であるディスインフレ・プロセスが始まったことにも再言及。FRBの金融政策について一定の成果を強調した。

関連:NYダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日金融短観

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比1.63%高の23,240ドルに。

BTC/USD日足

買いシグナルの1つである移動平均線のゴールデンクロスが成立した。50日単純移動平均(SMA)と200日SMAのゴールデンクロスは、21年9月以来1年5ヶ月ぶり。

関連:抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る

つい先日には米雇用統計が大きく上振れ金融相場が反落したこともあり、14日にCPI(米消費者物価指数)を控える中、上値追いは限定的との見方もある。

デジタルカレンシーグループ(DCG)および小会社ジェネシス・グローバル・キャピタルが、債券整理の条件面について主要債権者と基本合意に達したことも市場の不確実性を後退させた。

暗号資産融資企業のジェネシスは、昨年6月に破綻した投資ファンドThree Arrows Capital(3AC)の債務不履行や昨年11月に破綻した大手暗号資産取引所FTXの影響を受けて流動性危機に陥り、破産申請の憂き目に遭った。

関連:スリーアローズを破産に追い込んだ3つの要因とは、共同創設者が語る

関連:仮想通貨融資企業ジェネシスが破産申請、ジェミナイやヴァンエックら債権者に

DCGは、傘下にビットコイン投資信託「GBTC」などの発行を手がける資産運用会社グレースケールを抱えており市場への影響は懸念される。

8日のFinancial Times(FT)の報道によれば、イーサリアム投資信託「Ethereum Trust(ETHE)」などの運用における自社持ち分を一部売却し、2,200万ドル分を確保したという。ジェネシスは推定負債額は10億ドル〜100億ドルに上る。

関連:DCG、グレースケール提供の仮想通貨投資信託の持ち分を一部売却=報道

アルトコイン相場

株やビットコインの反発に伴い、イーサリアム(ETH)が2.76%高、ポリゴン(MATIC)が3.55%高、ポルカドット(DOT)が5.08%高と主要アルトが買われた。

中東サウジアラビアのデジタル政府機関(DGA)との提携発表が材料視され、ザ・サンドボックス(SAND)は一時前日比30%急騰した。

香港を拠点とするWeb3大手アニモカ・ブランズが開発するサンドボックスは、メタバース(仮想空間)分散型ブロックチェーンゲームの代表格。国内取引所では、コインチェックやbitbankに上場する。

関連:メタバース系NFTゲーム「The Sandbox(SAND)」とは|主な特徴と将来性を解説

関連:The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰

AI銘柄も引き続き活況だ。

米マイクロソフトが1月23日にChatGPT開発を手がけるオープンAIに数十億ドル規模の追加巨額投資を発表して以降、暗号資産(仮想通貨)市場でも物色が進んだ。

関連:ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく

株式市場でも「AI(人工知能)」セクターは、一躍脚光を浴びている。

スイスの最大手銀行UBSのアナリストらによる分析によれば、22年11月30日にローンチされた「ChatGPT」は、翌年1月時点でアクティブユーザー1億人の大台に達するなど、前例のないスピードで急速に普及したサービスとして衝撃をもたらした。

シェア奪還の好機として、マイクロソフトは7日に自社検索エンジン「Bing」にオープンAIの技術を使った人工知能の導入を発表。WordやExcelを含む「Microsoft Office」製品との連携も視野に入れる。

競合企業の米グーグルは6日、対話型自然言語AIの「Bard」を数週間以内に公開すると発表しており、AI分野の競争激化が顕在化している。

関連:米グーグル、対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」をリリースへ

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10/04 水曜日
08:05
仮想通貨支持派議員が米下院臨時議長に就任、国債利回り続伸で米国株続落|4日
米共和党保守強硬派議員が提出した同党のマッカーシー議長に対する解任動議が可決され、史上初の可決による解任となった。本日米国債利回りが続伸し、米NYダウ・ナスダック・S&P500が続落した。
07:35
Optimism、Fault Proofをテストネットにローンチ
仮想通貨イーサリアムのL2のOptimismは、Fault Proof機能をテストネットにローンチ。これはトランザクションに間違いなどの問題があった時に異議申し立てを行うことができる機能である。
05:45
北米ホンダなど仮想通貨決済開始|4日朝
ホンダの北米部門が決済システム「FCF Pay」と提携し仮想通貨決済を開始したようだ。一方、カナダの大手取引所グループ「TMX Group」がビットコイン先物契約の取引扱いを近いうちに開始する。
10/03 火曜日
17:50
米CFTC委員長、仮想通貨含む新技術への規制見直しをアピール
CFTCのロスティン・ベーナム委員長は、シカゴで開催される先物業界イベントで、仮想通貨規制に注目し、現実的な規制フレームワークを設ける重要性を訴えた。米証券取引委員会(SEC)のゲイリー・ゲンスラー委員長とは一線を画す。
16:51
フレンドテックのセキュリティ弱点とSIMスワップ攻撃の危険性
ソーシャルファイFriend.Tech(フレンドテック)のセキュリティリスクに懸念高まる。550万円相当の仮想通貨イーサリアムが不正流出したケースも。SIMスワップ、フロントエンド侵害などへの脆弱性について専門家が警告した。
13:44
「影の金融システム」になりうる仮想通貨、IMFがリスク評価を提案
国際通貨基金は、「仮想通貨に起因するマクロ金融リスクの評価」と題した研究報告書を発表。各国が仮想通貨領域における潜在的リスクを特定、防止、軽減するための概念的な枠組みとして、仮想通貨リスク評価マトリクスを提案した。
13:40
シルバーゲート銀の破綻背景に仮想通貨業界への依存、FRBが指摘
米FRBはシルバーゲート銀行破綻に関する調査報告の概要を発表。仮想通貨業界への集中化などを破綻原因として挙げている。
13:15
アービトラム、ソラナ、dYdXの動向まとめ
仮想通貨市場の個別銘柄、アービトラム、ソラナ、dYdXが前週比で高い上昇幅を示した。独自チェーン、報酬プログラムなど近日予定されるイベント、アップデートについてまとめた。
12:34
ビットコイン昨日上昇分を一夜で打ち消す、米長期金利は16年ぶり高水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では米政府の閉鎖会議でビットコイン(BTC)が上昇するも米長期金利が16年ぶり水準まで高騰した影響が重石となり、レジスタンスライン(上値抵抗線)で反落した。
10:55
米コインベースが新たな決済機関ライセンス取得
大手仮想通貨取引所コインベースは、シンガポール金融管理局から決済機関としてのライセンスを取得した。現地のWeb3コミュニティとも協力していく。
10:30
SBI VCトレード、アバランチのステーキング報酬向上
SBI VCトレードは、仮想通貨アバランチのステーキングサービスの報酬年率を10月から0.5%~3.0%程度引き上げる見通しを発表。8月の報酬年率実績は6.2%。AVAXのステーキングはSBI VCトレードが国内で唯一提供している。
08:20
UBS、ETHブロックチェーンでファンドのトークン化を実験
スイス拠点の金融大手UBSは、RWAのファンドをトークン化するテストを開始したことを発表。このテストでは、仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを利用する。
08:10
米政府閉鎖回避も国債利回り上昇でNYダウ続落 IT・仮想通貨株は上昇|3日金融短観
コインベースやマラソンといった仮想通貨関連株銘柄はビットコイン(BTC)が2日に28,580ドルにまで急騰したことを受け一時大幅に上昇していたが、その後28,000ドル台割れで上げ幅を消した。
05:30
6つのイーサリアム先物ETF取引開始|3日朝の重要速報まとめ
米時間2日に複数のイーサリアム先物ETF(上場投資信託)がデビューした。米大手仮想通貨の資産管理会社グレースケールが現在運用中のイーサリアム投資信託をイーサリアムのETFへ転換する申請をSECに提出した。
10/02 月曜日
14:58
仮想通貨VC大手パラダイム、対SEC裁判でバイナンスを援護
仮想通貨VC大手パラダイムは、バイナンス対SECの訴訟でバイナンスを支持する法廷助言書を提出。SECは権限の範囲を超えて行動していると主張した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア