アラブ首長国連邦の証券規制当局、ICOを通じた仮想通貨を有価証券と認める

アラブ首長国連邦(UAE)の証券規制当局は、ICOによるクラウドファンディングの総合的な規制を採用する計画を承認することを加え、有価証券としてトークンを認めることを明らかにした。

今年初めに、アラブ首長国連邦証券取引所(UAE Securities and Commodities Authority=SCA)は、投資家に対し、トークンベースの資金調達やそのほかの巨大資金調達に対し注意を喚起していた。

なお、承認への方向性を示しているが、SCAは、ICOは投機的 ICOは投機的であり、トークン価格は非常にボラティリティが高いことを警告している。

参考記事:UAE Securities Watchdog Approves Plan to Regulate ICOs

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

リップル社アラブ首長国連邦で注目/XRPもドバイ最大級の取引所に上場予定
ドバイの最大仮想通貨取引所であるBitOasisでは、XRPの取引が今週末から可能になる予定です。このニュースは、アラブ首長国連邦(以下、UAE)のRAKBANKがインドでのブロックチェーンの即時決済のためリップル社と提携したことに続いて、発表されました。
アラブ首長国連邦 (UAE)とサウジアラビアの中央銀行がデジタル通貨研究で協力する
アラブ首長国連邦 (UAE)とサウジアラビア中央銀行が協力してデジタル通貨研究をはじめました。現在計画はまだ準備段階にありますが、今後計画が明らかになっていくでしょう。革新には長所と欠点がありますが、全てのものがトークン化される未来にこのような取り組みが世界各国で今後多く行われていくのではないでしょうか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加