CoinPostで今最も読まれています

CoinPost、5月26日(金)にセミナー「インフラ領域事業にweb3を活用するポイント解説」開催

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

5月26日にWeb3セミナー開催

国内最大手の仮想通貨・ブロックチェーンメディア「CoinPost」を運営する株式会社CoinPostは、国内事業者向けにWeb3に関する連続セミナーを毎月開催しています。

5月26日(金)は、「インフラ領域事業にweb3を活用するポイント」をテーマとするセミナーを開催致します。本セミナーの講師が決定致しましたので、お知らせ致します。

申し込みはこちらから:https://coinpost230526.peatix.com/

5月26日のセミナー内容

本セミナーでは、多くの人・企業にサービスや商品を提供している大企業におけるweb3活用事例やトレンドについて、事例やトレンドについてトークセッションにてお伝えする予定です。今回は、電気、ガス、水道、電気、身分証明などの社会インフラ領域におけるweb3活用事例の紹介や、当事者としての意見などを共有いただきます。 登壇者として、株式会社HashHubリサーチ事業担当執行役員の城戸大輔(Da-)様と、日本電気株式会社の樋口雄哉 様をお呼びします。 今回は「トークセッション」を中心とした内容になっており、登壇者のおふたりにはモデレーターから提供される複数の質問に対し、それぞれの立場からの知見や経験を共有いただきます。 オンライン配信がないため、現地参加した人しか聞けない「ここだけの話」もしていただける見込みとなっています。

このようなニーズをお持ちの方にオススメです

  • web3関連事業の立ち上げや、その支援に関わっている人の話を直接聞きたい
  • 実際にweb3事業の立ち上げを検討しているが、まだ勘所がいまいちつかめていない
  • エンターテイメントやゲームに、web3をどう取り入れたらいいのか知りたい
  • web3に関する情報収集をしたいが、どこから手をつけていいのかわからない
  • 自社プロダクトにブロックチェーンやNFTをどのように導入したらいいのかわからない

セミナー概要

日時:2023年5月26日(金)
オンライン参加:Zoomウェビナー
 ※配信URLは後日お伝えいたします。

オフライン会場:SOIL(ソイル)
https://shibuya-soil.com/
東京都渋谷区渋谷一丁目13番9号 渋谷たくぎんビル 7階
※渋谷駅B3出口から宮益坂方面に徒歩1分
https://goo.gl/maps/fPa96qHgKVvNHUzP6

タイムテーブル:
18:00〜 開場
18:15〜 開会、日本電気株式会社による会社・事例紹介
18:30〜19:45 トークセッション、質疑応答
〜21:30 名刺交換会

申し込みはこちらから:https://coinpost230526.peatix.com/

登壇者プロフィール

株式会社HashHub
城戸大輔(Da-)氏

リサーチ事業担当執行役員

有料暗号資産メディアへの2年半リサーチをはじめ、数々のメディアへリサーチを寄稿。預入額Top10に入るDeFiプロジェクトの日本コミュニティマネージャーとしてグラントを獲得。2021年から国内最大手の有料メディアの1つであるHashHubリサーチで責任者を務める。

Twitterアカウント:https://twitter.com/otukarehitoiki1


2018年4月に設立。「パブリックブロックチェーンの恩恵をより多くの人に」をパーパス(存在意義)とし、パブリックブロックチェーンの可能性を最大限に引き出し、社会に価値を届けます。ブロックチェーン総合企業としてHashHubレンディング(暗号資産の資産形成サービス)、HashHubリサーチ(web3レポート配信サービス)を提供しています。また、東京大学周辺エリアを拠点に国内外のブロックチェーンのスタートアップ・開発者が集うコワーキングスペースを運営しています。

公式サイト:https://hashhub.tokyo/
Twitterアカウント:https://twitter.com/hashhub_tokyo
HashHub Research法人プラン:https://lp.enterprize.hashhub-research.com/


日本電気株式会社
樋口雄哉 氏

デジタルプラットフォームビジネスユニット
生体認証・映像分析統括部
Web3ビジネス開発グループ ディレクター

大学卒業後カード会社に就職。2006年にヤフーに転職し、メディアや広告領域の事業戦略策定、決済/銀行サービス責任者を経験。 ジャパンネット銀行(現PayPay銀行)に出向し、商流ファイナンスサービス立ち上げ、事業統括、マーケティング事業に従事。 また、メガバンクとヤフーとのデジタルマーケティング子会社(JV)の取締役を担当。 その後DeNA、MobilityTechnologies(現GO)にてMaaS事業に従事し、GO立ち上げフェーズに参画。複数のプロジェクトリードを実施。 2021年にNEC入社した後は、web3、生体認証、メタバース、秘密計算などデジタルサービスの新規事業を担当等。

Twitterアカウント:https://twitter.com/higu_yuu


日本電気株式会社(NEC)は、社会公共、社会基盤、エンタープライズ、ネットワークサービス、グローバルを主要事業とする電機メーカーです。安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指しています。今年4月からは「web3コミュニティ」を開設しています。

公式サイト:https://jpn.nec.com/
Twitterアカウント:https://twitter.com/NEC_jp_pr

飲食について

当日は食べ物の提供がございます。ですが、飲食物の持ち込みは可能です。ただし、香りの強い飲食物は、他の参加者の迷惑になる可能性があります。ご遠慮いただけますと幸いです。

参加申し込みについて

Peatixより申し込みをお願いします。なお、現地参加される方につきましては、現地でのQRコード提示が必要となります。

申し込みはこちらから:https://coinpost230526.peatix.com/

本セミナーは企業担当者向けの内容となります。そのため、企業アドレスの登録をお願いしております。

セミナー開催背景

22年11月28日に発表された「スタートアップ育成5か年計画」にて、ブロックチェーン技術とWeb3(分散型ウェブ)の税制を含む環境整備を進める、と岸田政権が明言しました。

参考:岸田政権、Web3スタートアップ育成の環境整備に向けたロードマップ示す

国内ではスクウェア・エニックス社、海外では大手コーヒーチェーンのスターバックスコーヒーやなどがブロックチェーン技術の活用を発表していることは、日々のニュースで目にしたことのある人も多いと思われます。

参考:スクエニ年頭所感「ブロックチェーンゲームにさらに注力」

参考:スターバックスNFT、ベータテスト開始

しかしながら、こうした動きの背景にあるWeb3の概念やブロックチェーン技術の理解のハードルが高く、「興味はあるが実際の導入検討には至っていない」「上司から検討を依頼されているが、どこから手をつけたらいいのかわからない」等の声を企業担当者から相談を聞いてきました。

弊社がこれまで培ってきた国内外のブロックチェーン活用事例に関する知識や経験豊かな事業者との関係をもとに、1社でも多くの企業をサポートすべくセミナーを開催することに致しました。

参考:なぜ日本政府は「web3政策」を推進し始めたのか?重要ポイントと関連ニュースまとめ

申し込みはこちらから。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/04 月曜日
15:39
bitFlyerのLightning FX(SFD)廃止発表でBTC FXの価格急落、Crypto CFD提供へ
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerがLightning FXの廃止を発表し、ビットコインFXの価格が急落した。新たにファンディングレートや乖離拡大時サーキットブレーカーなどの導入したbitFlyer Crypto CFDの提供を開始する。
12:03
米上場マイニング企業Riot、2023年の1BTC平均生産コストは7500ドルと明かす
米上場仮想通貨マイニング企業RiotのCEOは、ビットコイン現物ETFや半減期がマイニング事業に与える影響を語った。BTCの平均採掘コストも明かした。
11:32
ビットコイン続伸で年初来高値更新、過去最高値「69000ドル」を射程圏に
日経平均株価が史上最高値の4万円台を記録する中、ビットコインは年初来高値更新し、前日比3.11%高の63,748ドルと続伸した。機関投資家のビットコインETF(上場投資信託)への資金流入が続いている。
11:11
モルガン・スタンレー、機関向けファンドでビットコインETFへのエクスポージャー申請
モルガンスタンレーは機関投資家向けファンドでビットコイン現物ETFへ投資する可能性がある。証券取引プラットフォームへの上場も検討中とされる。
11:00
アジア最大規模のB2BWeb3カンファレンス「Adoption」、7月に日韓両国で開幕
オンチェーンデータ基盤のWeb3ソリューション企業であるXangleが、7月にアジア最大のB2B Web3カンファレンス「Adoption(アドプション)」を日韓両国の首都で開催する。
03/03 日曜日
11:30
1000万円に迫るビットコイン、先物と現物の価格乖離進む|bitbankアナリスト寄稿
大台1000万円台が射程圏内に入ったビットコイン相場の今後について、国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|JPモルガンのBTC価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインのJPモルガンによる価格予想や含み益の状況、裁判におけるサトシ・ナカモトのメール公開に関する記事が最も関心を集めた。
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア