CoinPostで今最も読まれています

ついに仮想通貨XRPの本格始動か?約1ヶ月でのxRapidの商業普及化をリップル社Sarbhai氏が示唆

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

xRapidへの期待
9月17日にリップル社でアジア太平洋地域規制対応責任者を務めるSarbhai氏がCNBCのインタビューに応じ、今後xRapidの商業普及を示唆した。
XRPは証券じゃない
証券か否かで多く議論される仮想通貨XRPだが、Sarbhai氏は、XRPが配当などを得ないこと、リップル社が無くなっても機能し続けること、リップル社が所有するバリデーターが僅か10/150であることを挙げ、他の国でも証券ではなく、コモディティや仮想通貨として認められていることを挙げた。
xRapidとは
xCurrent、xViaに並ぶリップル社の主要プロダクトの一つ。仮想通貨であるXRPを利用、新興国市場への支払いなど流動性コストを最小限にするために利用されるソリューション。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

xRapidへの期待

9月17日にリップル社のアジア太平洋地域規制対応の責任者を務めるSagar Sarbhai氏(以下、Sarbhai氏)がCNBCのインタビューに応じ、同社のxRapidが1ヶ月ほどで商業使用が開始されることを示唆しました。

彼は、インタビュー内で、リップル社はソフトウェア会社としてスタートし、仮想通貨XRPを使用せずにリアルタイム決済を非常に安価で行うことのできるxCurrentと呼ばれるソフトウェア商品は、世界中の120以上の銀行に使用されていることを主張。

そして、同社の次なる商品として仮想通貨XRPを使用し、本当の意味でのリアルタイム決済を実現するxRapidの準備が整いつつあることを主張し、以下のように記述しました。

「私は、次の1ヶ月ほどで、この(xRapid)商品関連で良いニュースをお届けできることに大きな自信を持っている。」

さらに、リップル社 CEOを務めるBrad Garlinghouse氏(以下、Garlinghouse氏)も過去に「2018年内に、金融機関が、流動性を向上させるツールとしてxRapidを採用することに大きな自信を持っている」と語っており、2019年にはさらに多くの金融機関がxRapidを採用することになると予想されています。

そして、Sarbhai氏は、仮想通貨に対する潮流の変化が起きていることを以下のように主張しました。

「数年前は”ブロックチェーン技術は良くて、仮想通貨は悪い”といった見解であった。しかし、現在では、規制局や、政策担当者の多くがブロックチェーン技術を含む仮想通貨分野を一つのつながりとして見るようになってきている。

よって、ありがたいことに、政策担当者や規制局は、デジタル通貨や仮想通貨を許容することで大きなメリットがあると考え始めているのだ。

XRPは証券ではないとする3つの主張

その理由として、第一に、仮想通貨XRPを購入したところで、リップル社の権利を獲得できるものではなく、配当もないことを挙げました。

そして、次に、リップル社と仮想通貨XRPは全く別のものであり、以前Garlinghouse氏も言及したように、明日リップル社が無くなっても、仮想通貨XRPは存続していくことを主張しました。

最後に、XRPレジャーは承認者(バリデーター)を必要とする合意形成の仕組みを持っているオープンソースソフトウェアであること、そして、現在150もの承認者が存在している中で、リップル社はその中の10しか所有していないことを挙げています。

そして、タイだけでなく、オーストラリアやフィリピンなどでも仮想通貨XRPは、証券ではなく、コモディティまたは、仮想通貨として認識されていることから、この問題に対してそれほど懸念していないことを強調しました。

しかし、仮想通貨XRPを使用しないxCurrentではなく、そのXRPを使用するxRapidが今後広く普及することで、その実用性が向上することが見込まれており、Garlinghouse氏の以前の「デジタル資産の価値は、実用性の向上によって上昇する」という発言の実現が期待されています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/04 月曜日
15:39
bitFlyerのLightning FX(SFD)廃止発表でBTC FXの価格急落、Crypto CFD提供へ
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerがLightning FXの廃止を発表し、ビットコインFXの価格が急落した。新たにファンディングレートや乖離拡大時サーキットブレーカーなどの導入したbitFlyer Crypto CFDの提供を開始する。
12:03
米上場マイニング企業Riot、2023年の1BTC平均生産コストは7500ドルと明かす
米上場仮想通貨マイニング企業RiotのCEOは、ビットコイン現物ETFや半減期がマイニング事業に与える影響を語った。BTCの平均採掘コストも明かした。
11:32
ビットコイン続伸で年初来高値更新、過去最高値「69000ドル」を射程圏に
日経平均株価が史上最高値の4万円台を記録する中、ビットコインは年初来高値更新し、前日比3.11%高の63,748ドルと続伸した。機関投資家のビットコインETF(上場投資信託)への資金流入が続いている。
11:11
モルガン・スタンレー、機関向けファンドでビットコインETFへのエクスポージャー申請
モルガンスタンレーは機関投資家向けファンドでビットコイン現物ETFへ投資する可能性がある。証券取引プラットフォームへの上場も検討中とされる。
11:00
アジア最大規模のB2BWeb3カンファレンス「Adoption」、7月に日韓両国で開幕
オンチェーンデータ基盤のWeb3ソリューション企業であるXangleが、7月にアジア最大のB2B Web3カンファレンス「Adoption(アドプション)」を日韓両国の首都で開催する。
03/03 日曜日
11:30
1000万円に迫るビットコイン、先物と現物の価格乖離進む|bitbankアナリスト寄稿
大台1000万円台が射程圏内に入ったビットコイン相場の今後について、国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|JPモルガンのBTC価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインのJPモルガンによる価格予想や含み益の状況、裁判におけるサトシ・ナカモトのメール公開に関する記事が最も関心を集めた。
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア