CoinPostで今最も読まれています

アニモカブランズ幹部が語る、Web3ゲームの成功条件とは|WebXインタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3のインセンティブと課題

大手Web3企業アニモカブランズ(Animoca Brands)のエヴァン・オーヤン(Evan Auyang)グループ・プレジデントが、国際カンファレンスWebXでCoinPostのインタビューに応じ、「Web3ゲームが成功するための要素」について語った。

全てのゲームには多様なインセンティブ・メカニズムがあるが、Web3ゲームの特徴は「NFT(非代替性トークン)などのデジタル資産の所有を可能にすること」にあるとオーヤン氏は指摘する。

デジタル資産の所有権を取得することにより、ユーザーは自身の所有資産だけでなく、その資産を支えるエコシステムの健全性や発展に関心を持つというインセンティブが形成されるという。

これが「Web3が生み出す自然なインセンティブ」であり、車など価値ある収集品を所有することと同様だとオーヤン氏は述べた。

所有するというインセンティブ(モノの保有欲)は、デジタル資産への投資で利益を得るという考え方につながると同氏。エコシステムの発展によって長期的な価格上昇が見込める一方で、短期的な利益を求める投機的行動が集団化すると、デジタル資産価格の乱高下を招くこともあると指摘した。

また、誇大広告による期待値と実際に配信されたゲームの落差から、資産価格が下落することも起こり得る。初期のP2E(Play-to-Earn:遊んで稼ぐ)ゲームでは、持続可能な仕組みが欠如していたとオーヤン氏は批判。このような経験から、Web3ゲーム開発者は、より適切な需給の仕組みに細心の注意を払ったトークノミクス設計を行なうようになったという。

オーヤン氏は、Web3ゲームにおける所有の概念は、徐々に参加するエコシステムの不動産の所有に例えられるようになるだろうと予測している。

不動産自体が収益を生む可能性もあるが、プレイヤーは純粋に収入や金銭的な利益を得るために参加するのではなく、ただその場にいることが楽しくて充実しているから参加するのだ。

Web3ゲーム成功の要素

オーヤン氏は、Game-FiやWeb3ゲームを成功させるための要素について以下の3つを挙げた。

  • 長い時間を費やして熱中できるような奥深いゲーム
  • 強力なトークノミクス/経済力学
  • ユーザーが発言権を持つ参加型のガバナンス。例=ザ・サンドボックス:ユーザーツールの開発とユーザー体験の発信に重点をおく

現在、1プレイヤーとして注目しているWeb3ゲームについて尋ねられると、同氏は以下の4つに言及した。

  • ザ・サンドボックス:年末に向けてスペース全体が徐々にフルオープンに
  • Phantom Galaxies:宇宙を舞台とするARPG。「ガンダム」「マクロス」のようなメカ格闘ゲーム。NFTの所有が可能。ベータ版で9月頃に一般公開予定。
  • Life Beyond: AAA級のMMORPG。「Assassin’s Creed」の元開発チームが担当。ベータ版。
  • Anichess: Chess.comと提携で開発された無料のチェスゲーム。戦略の追加レイヤーで伝統的ゲームを刷新。アルファ版が2024年第1四半期公開予定。

関連:アニモカ傘下のゲーム制作企業Darewiseとは|Life Beyondのエコシステムも紹介

日本企業と提携

アニモカブランズは、ブロックチェーンゲーム、メタバース、分散型金融(DeFi)、暗号資産(仮想通貨)ウォレットなど様々な分野への投資を行ない、独自のWeb3エコシステムを構築している。

同社は今年6月、日本の大手商社三井物産と資本業務提携及び戦略的パートナーシップを締結。また、同社の日本法人Animoca Brands株式会社(ABKK)の株主、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)とも資本業務提携を結んでいる。

関連:三井物産、Web3大手アニモカブランズと資本業務提携 を発表

オーヤン氏は、三井物産との協力により、その広域な事業領域にまたがる、さまざまな産業や分野に適用可能なWeb3ソリューションの開発を行なっていると述べた。また、MUFGのサポートは、日本におけるビジネス関係構築に重要な役割を果たしており、幅広い応用が可能なWeb3ソリューションの開発に結びついているという。

ABKKは、日本の知財やコンテンツ(IP)ホルダーが世界に直接コミュニティを作り、グローバルでファンを獲得し、トラフィックを創生することを支援する目的として設立された背景を持つ。講談社や西日本鉄道、三井住友信託銀行など、国内大手企業が2022年1月のシードラウンドの資金調達に参画し、約11億円を調達した。

オーヤン氏によると、日本のアニメや漫画をアニモカブランズのゲーム及びエコシステムに導入する計画があり、世界の視聴者に向け、日本の著名なコンテンツを提供する予定だという。

また、サウジアラビアの漫画プロダクションとも協力しており、ABKKの戦略との相乗効果が見込まれると、同氏は付け加えた。

関連:NFTゲーム投資を行うWeb3.0最大手「Animoca Brands」が日本進出 講談社などから11億円を資金調達

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、「ビットコイン2024」で円卓会議の資金調達を予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア