CoinPostで今最も読まれています

アスター渡辺氏らが議論「Web3・AI・メタバースが書き換える世界のインフラ」|WebXレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3などのテーマを議論

7月下旬に開催したWebXカンファレンス(WebX実行委員会主催、Coinpost協力)では、「Web3 AI メタバースが書き換える世界のインフラ」をテーマにディスカッションを開催した。

このディスカッションには、以下の3名が参加。幻冬舎「あたらしい経済」の編集長である設楽悠介氏がモデレーターを務め、30分超に渡り、テーマに掲げた3つの新しい技術について質問に回答してもらった。

  • 渡辺創太氏:アスターネットワーク(ASTR)のファウンダー
  • 唐澤鵬翔氏:Accentureのマネージングディレクター兼Web3リード
  • 横山英俊氏:株式会社Robot Consultingの代表取締役会長

以下、今回のディスカッションの内容をWeb3を軸にまとめていく。

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

ディスカッションの内容

まずディスカッションの冒頭では、テーマに掲げた3つのトレンドワードをどう捉えているかを聞いた。

横山氏の回答:

メタバースは「バズワード」でした。それが終わってチャットGPTが来て、AIブームが始まっているだけです。最終的にはAIもメタバースの中で使うので、一緒の方向性を向いているのは間違いないと思います。

唐澤氏の回答:

3つの技術の名称はマーケティングの専門用語(jargon)のように広まっています。そのことの良い面は技術に注目が集まることで、悪い面はブームで終わってしまう可能性があることです。

個人的にはバズワードに踊らされてもしょうがないと考えていますが、デジタル化の流れは現代では止められず、Web3もAIもメタバースも一連の話だと捉えています。

渡辺氏の回答:

起業家的な視点からは、いかがわしいところから新しいものが出てくると考えています。

AIと言われれば皆がAIに注目しますが、例えばWeb3とAIの狭間にある、まだ名前もない領域に注目した方が良いと思います。自分がWeb3を始めた時には、まだ誰もWeb3という用語は使っていませんでした。

また、AIはGPTが出てきたのが2020年ぐらいで、インターフェースとして作り上げたプロダクトが出てきたのが2023年。AIのトレンドの波は5回目ぐらいなので、継続することと、トレンドになるものを事前に予想することが重要だと思います。

AIのトレンドが繰り返されていることについて横山氏は以下のように話した。

横山氏の回答:

チャットGPTが生まれる前、一般の人の多くは、AIはシステムエンジニアが使うものと認識していました。それが今は会話形式になって、これは一般の人々までAIが浸透した瞬間だと思います。今回の波は過去のトレンドと動くお金の額が違うとみています。

横山氏のこの見方に対し、「AI歴20年」だという唐澤氏は、これまでもAIの技術には驚かされており、技術がリアルデマンド(実需)を追い越した瞬間引き戻されることがあったが、チャットGPTも同様になる可能性もあるとの見解を示した。

これは、AIは今のトレンドが再び下火になる可能性があることを意味する。この指摘を受け設楽氏は、チャットGPTに続く新しい技術が生まれる可能性もあるということだと補足した。

ブロックチェーンとAIの相性

続いて設楽氏は、AIとブロックチェーンについて質問。AIは1カ所にデータを集め、スピードを上げて解析するというモデルで、分散型のネットワークであるブロックチェーンとは対照的だが、システムインフラとしてAIとブロックチェーンは相性が良いのかを聞いた。

渡辺氏の回答:

Web3は本質的には、人間の選択肢が増えるっていうところが重要だと思っています。

AIとWeb3が競合するとは考えておらず、ユーザーがAIとブロックチェーンのどちらを活用するかを選べるっていうことが重要です。

また、AIはコンテンツの数を増やすことができる技術ですが、Web3はコンテンツに希少性を与えられる技術。そのため、補完関係にあると思っています。そして、メタバースは、ユーザーのインターフェースになってくる可能性があると予想しています。

関連アーサー・ヘイズ氏「ビットコインはAIにとって最も好ましい通貨になる」

唐澤氏の回答:

AIとWeb3について、相性が良いという見方と無関係であるという見方があります。

相性が良いという見方ができるのは、AIの開発にかかるリソースにWeb3の技術が活用できる点。チャットGPTは学習に非常にコストがかかりますが、分散コンピューティングでリソースを活用するという解決方法があります。ただし、技術的なハードルは高いと思います。

また、AIの学習の裏側が不透明である問題に、Web3の透明性の高さが活用できる可能性もあります。Web3の発想をAIに持ち込める可能性があるというのは相性の良さの1つだと思います。

基盤の重要性

唐澤氏は今回のディスカッションの中で、AI開発ではエンジンという基盤を作ることが重要であると主張。そうしないと、エンジンの上で動くサービスをいくら作ったとしても、エンジンを提供する側に手数料を払う必要があるなどして、中長期的にはビジネスは成り立たない可能性が高いと語った。

この点について設楽氏は、パブリックチェーンにも通じる話だと指摘。渡辺氏にコメントを求めた。

渡辺氏の回答:

ブロックチェーンにおいても、プロトコルを作ることが重要。プロトコル上にアプリを作った場合、プロトコルの制約を強く受けますし、事業を垂直統合にした方が歴史的に見て、株式会社の形態においては勝ちやすいというメリットはあると思います。

日本は、そこの価値をわかっている人が少ないと感じています。NFTのアプリなどを作っているだけでは、日本は勝てないと思っています。

また、今は米証券取引委員会(SEC)が仮想通貨に前向きではないため米企業は動けません。この状況が長く続くわけではないので、日本企業はこの半年で動けるかどうかが重要だとも思っています。

関連西村経済産業大臣、AIとWeb3相乗効果による社会変革の可能性を強調|WebXカンファレンス

3つの技術を合わせて何ができるか

ディスカッションの最後に設楽氏は、Web3とAIとメタバースを合わせて、将来的に何ができるかを質問した。

渡辺氏の回答

今までは、テクノロジーがどこに向かっていくのかというのを、ある程度、人類史から学ぶことができました。

農耕社会から始まって、絶対王政になったり、フランス革命で社会が民主化されたりしたように、インターネットの世界はサーバーができて、ピアツーピアで繋がって、データを蓄えられるようになるとGAFAが出てきて、その後に民主化まで来たのが現在。デジタルの世界が初めてリアルに追いつくのがここからで、その点におもしろさを感じています。

デジタルがリアルに追いついた世界の先に何が起こるのかっていうのは自分の1つのテーマ。過去からパターン化できない時代になり、3つの技術の将来は不明確ですが、最先端でホームランを常に打つ構えをとり続けようと思っています。

唐澤氏の回答:

自分も3つの技術がどうなっていくのかはわからないですが、リアルな成長と比較して、バーチャルの経済が追い越すとみています。

資本主義で「資本収益率(r)>経済成長率(g)」なのであれば歴史と同じことを繰り返すので、そのバランスを取りに行った方が良いとは思います。

横山氏の回答:

これらの技術でおもしろいと感じているのは、デジタルとリアルの境界線があいまいになってきている点。これから量子コンピュータやAI、メダバースが融合してくると、過去や現在や未来といった時間概念がなくなると思います。

そうなってきた時に、たぶん人間の体がいらなくなってくるって考え方が出てくるはずです。そこに向かっていく方向性が最終的にどうなるかに興味があります。

関連ライトニングラボ、AIとビットコイン結ぶ開発ツールを発表

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア