CoinPostで今最も読まれています

オントロジー「stONT」がDeFiの新たな選択肢として登場、リキッドステーキングで資産を流動化

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Ontologyがリキッドステーキングを導入

分散型ID(DID)とデータの共有を可能にする、高速で低コストのブロックチェーンプラットフォームOntology Networkは最近、リキッドステーキングの新たな形態として「stONT」を導入した。

通常のステーキングでは資産を固定してステーキング報酬を受け取るが、リキッドステーキングはステーキング報酬を得たまま流動性を活用でき、取引したりDeFi(分散型金融)運用に回して金利を追及するなどの柔軟性を提供する。

「stONT」は、Ontologyの暗号資産(仮想通貨)であるONTをステーキングすることで得られるリキッドステーキングトークンだ。特に、stONTの価値は、ステークしたノードがONG(Ontology Gas)報酬を蓄積するに伴って上昇するという、独特のメカニズムを採用する。

ONTのステーキングとは

Ontologyは、VBFTというコンセンサスメカニズムを採用しており、コミュニティの投票によって選ばれた15個のノードがコンセンサスに参加する。ONTをステークしたユーザーは、ノードが処理したトランザクションから得られるONG(オントロジーガス)の一部を報酬として受け取る。ONGはOntologyネットワークでの取引手数料や、スマートコントラクト執行手数料として使用される。

▶️仮想通貨用語集

stONTの主な特徴

初期段階の関与: stONTのサービス強化を目的とした10ノードの統合から始まり、これを基盤としてさらなる改善とテストが行われる。

アクセスの容易さ: ユーザーはPCから「node.ont.io」というウェブサイト、またはモバイルウォレット「ONTO Wallet」を利用して「stont dApp」経由で簡単にstONTにアクセスできる。

出典:Ontology Node

関連:Ontologyのインキュベーションを経て誕生したL2、リワードキャンペーンを実施

リキッドステーキング導入後の展望

リキッドステーキングは、ブロックチェーン技術の進展とともに金融の柔軟性を増大させる可能性を秘めている。この新しいステーキング方式の導入について、Ontologyは「経験豊富なステーキングユーザーや新規参入者の両方にとって魅力的な選択肢となり、その複利効果は多くの人々を引きつける可能性が高い」との見解を示している。

今後、stONTはiZiSwap(DEX)やWing Finance(賃借プロトコル)などのプラットフォームでの導入が予定されており、stONTのさらなる普及とDeFiプロジェクトでの採用を後押しすることが期待されている。

Ontologyは、このstONTの取り組みに関して、コミュニティやパートナーからのフィードバックを求め、新しいステーキングの冒険への参加を促している。stONTの登場は、金融のエンパワーメントの現実的な取り組みを具現化するものとして、Ontologyから強くアピールされている。

OntologyによるstONTの発表は、経済的エンパワーメントへの堅実なコミットメントを示している。これまでのOntologyのステーキングは、ONTOウォレットプラットフォームでウォレットを接続し、ステーキングするONTトークンの量を設定、そしてそのアクションを確認する、というシンプルなプロセスであり、金融の自主性を象徴してきた。

新たに導入されたstONTは、既存の堅固なステーキングメカニズムに、流動性と柔軟性を加える役割を果たす。これにより、ステーカーはONTトークンのアンステーキングを行わずとも、他のDeFiプロトコルでstONTを使用できるようになる。この変革は、金融活動の範囲を広げることにとどまらず、ステーキングやアンステーキング、ダッシュボード、統計表示といった多岐にわたる機能が統合される予定であり、ステーキングの体験をより直感的で魅力的なものにし、ユーザーインターフェースを向上させるものと期待される。

OntologyとstONTは、金融の自律性の新時代を築くだけでなく、その概念を一段と高めることで、急速に変わるデジタル経済の中でユーザーが金融的な選択を主導する力を増強する。Ontologyのステーキングと、stONTによる流動性の提供を組み合わせることで、金融のエンパワーメントは、約束の段階から具体的な行動へとシフトする。

関連:Web3のクロスチェーンパワーハウス、Ontologyが分散型IDとDeFi製品の主要インフラを解説

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア