CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ビットコイン基軸のERC20トークン『WBTC』が来年1月に登場

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ERC20トークンWBTCの登場
WBTC (Wrapped Bitcoin) が、完全にビットコインに裏付けられたERC20トークンとして、2019年1月にイーサリアム上に登場することがプレスリリースより明らかになった。BTCの流動性と全ての分散型アプリケーションを強化するイーサリアム上のエコシステムを繋ぐ橋と注目される。

WBTCとは

WBTC (Wrapped Bitcoin) が、完全にビットコインの裏付けのあるERC20トークンとして、2019年1月にイーサリアム上に登場することがプレスリリースより明らかになった。

このイニシアチブは、ビットコインの流動性と全ての分散型アプリケーションを強化するイーサリアム上のエコシステムを繋ぐ橋となるだろう。

WBTCにより、イーサリアムネットワーク上において、ビットコインや新たなアプリケーションの活用が可能になる。

WBTCは、 BitGo, Kyber, そして Republic Protocol による長年の協力のたまものといえる。 MakerDAO,Dharma, Airswap, Gnosis, IDEX, Radar Relay, Compound, DDEX, Hydro Protocol, Set Protocolそして Prycto などの主要な分散型取引所や金融プロジェクトはWBTCの採用をサポートするだけでなく、ローンチメンバーとして参加する予定だ。

Kyber Networkの共同創立者でありCEOのLoi Luuは、

このイニシアチブは、ビットコインの流動性と拡大するイーサリアムのスマートコントラクト開発者を繋げることになるでしょう。

分散型取引所や金融プロトコルなどのイーサリアム上のアプリケーションは全て、シームレスにビットコインを利用することができ、今まで不可能であったビットコインとのトレードペアを作ることも可能になります。

同じく、取引所やローン、トークン決済などの多くの分散的なユースケースを持つことにより、ビットコインの利用法は拡大することでしょう。

と語る。

透明性とオープンネス暗号通貨セキュリティのマーケットリーダーであるBitGoは、ローンチ時のカストディアンとして参加する。

このイニシアチブの最重要機能は、透明性にある。全てのWBTCの発行は、完全オンチェーンでの裏付けと検証のもと行われる。

高いレベルの透明性を維持するため、プロジェクトのダッシュボードは、WBTC全額の未決済分に対応する量の全てのビットコインがカストディアンにより保管されていることを証明するproof-of-reserveにより動く。

WBTCの鋳造は、マーチャントから承認を得たカストディアンのみ可能であり、またWBTC保有者がビットコインに償還した場合、WBTCは焼却(バーン)されることになる。

これらの全てのアクションは双方のブロックチェーンで検証可能だが、これは暗号通貨にのみ可能なことだ。

どんなプロジェクトも、制限なく自身のプラットフォームにWBTCを導入することができるし、ユーザーはWBTCをサポートする交換サービスや取引所で簡単に購入できる。

ローンチから、これらはコミュニティにより運営され、ガバナンスは暗号通貨業界で有力なプロジェクトにより構成された自律分散型組織(DAO)を通して行われる。

DAOメンバーはカストディアンのウォレット残高とスマートコントラクトが整合していることを確認するため、WBTCを公的に監視することとなり、彼らはあらゆる組織の提案を、投票の上決定する。

新たな発行者やカストディアン、DAOメンバーを追加また排除する際は、DAO による透明性ある投票プロセス上で行われる。

ローンチ情報

初期の発行者やDAOによるこのイニシアチブは、2019年の1月に開始される予定である。

ローンチに先立ち、詳細の仕様は全ての暗号通貨コミュニティに知られるGithub/Gitter上で公開され、トークンやガバナンスモデルの向上のため議論と提案が行われる。

ローンチ時には、KyberとRepublic Protocolは自身のビットコインの在庫からWBTCトークンを予め発行し、ユーザーに初期の流動性を提供、アトミックスワップが行えるように準備する。

Republic ProtocolのCEOであるTaiyang Zhangは、

WBTCイニシアチブにアトミックスワップの技術を加えることで、ユーザーがBTC/WBTCを安全に預け、引き出すことができます。それによりWBTCが広く採用されることになるでしょう

と語る。

WBTCはBitGOのエンタープライズ・ウォレットや、Kyberを使うあらゆる交換所、ペイメント、dappsでサポートされ、BitGoは初期の規制されたカストディアンとなる。

このイニシアチブがビットコインに焦点を当てている一方、同じ手法で他の主要コインをイーサリアムで活用することが可能だ。

BitGOのCTOであるBenedict Chanは、

最も広範に採用されている暗号通貨をイーサリアム上でトークン化することに大変喜んでいます。

これは素晴らしく柔軟性があり、ブロックチェーンを強化する試みであり、より高い相互運用性とユーティリティをエコシステム全てに与えるでしょう

と、述べた。

このイニシアチブに関わる詳細情報に関しては、ぜひ wbtcのホームページ を御覧ください。

パートナーからの引用

「WBTCは透明性、セキュリティがあり、低リスクのビットコイントークンであり、イーサリアム上で構築された分散型金融システムが恩恵を受けることができます。双方のブロックチェーンとユーザーは、WBTCにより大きな便益がもたらされるでしょう」

– Robert Leshner, Compound CEO

「私たちは今、イーサリアム上にデプロイされる金融デリバティブの波を目の当たりにしています。最初はステーブルコインであり、そして今はビットコインです。

WBTCの導入は開発者が資産をインターオペラブル・プロトコルで扱うことを可能にし、トレーダーはアンダーライングをトレードすることなく、エクスポージャーを受け取ることができます。これはトークナイゼーションのトレンドの一つであり、今後も他のアセットクラスに継続して広がっていくはずです」

– Michael Oved, Airswap CEO

「WBTCをイーサリアムに持ち込むことで、暗号通貨全体の60%以上のマーケットをイーサリアムに開放することになります。この実験は、イーサリアムに他のパブリックチェーン資産を持ち込むための前例となります。」

– Bowen Wang, DDEX Co-Founder

「イーサリアム上の一構成としてWBTCを導入することに非常に興奮しています。WBTCの導入は暗号通貨のカバレッジを大幅に成長させることになります。」

– Felix Fang, Set Protocol CEO

「BTCのエクスポージャーが加わることは、イーサリアムの分散型金融業界を大きく前進させることになるでしょう。WBTCをDharmaに導入し、顧客に提供できることを非常に嬉しく思います。」

– Brendan Foster, Dharma Protocol Head of Growth Ops

「改善しているとはいえ、流動性は分散型アプリケーション、プロトコル、および取引所のエコシステムにとって最大の課題の1つです。我々はWBTCが成長しているイーサリアムベースの分散型エコシステムにビットコインの流動性をもたらすことを嬉しく思っています。」

– Leor Tasman, Prycto CEO

BitGoはブロックチェーン資産のセキュリティ、コンプライアンスや管理ソリューション暗号通貨サービスを提供している、暗号通貨業界のリーダーです。

BitGoは、全世界のBitcoin取引の15%を処理する世界最大のオンチェーン・ビットコン・プロセッサーであり、すべての暗号化通貨で月額150億ドルを処理しています。

同社はウォレットに20億ドル以上の資産を保有しており、世界最大の暗号化通貨取引所を含む50カ国以上に及ぶ顧客基盤を持っています。

2018年には、デジタル資産を格納する目的で最初に認められたカストディアンであるBitGo TrustCompanyを立ち上げました。 BitGoはカリフォルニア州パロアルトに本社を置き、スーフォールズ、ロンドン、シンガポール、東京にオフィスを構えています。

Kyber Network

Kyberのオンチェーン流動性プロトコルは分散型トークン交換をあらゆるアプリケーションで統合可能にし、エコシステム内のあらゆるプレイヤー間の価値交換をシームレスにできます。

開発者はこのプロトコルを使い、瞬時のトークン交換とERC20決済、そして金融DAppsなど革新的な決済フローやアプリケーションを構築できます。これにより、あらゆるトークンがどこでも活用可能な世界の実現を目指します。

About Republic Protocol

Republic Protocolは分散型ダークプール交換プロトコルであり、大量のデジタル資産の交換をサポートします。

これは価格やボリューム、オーダーを公表すること無くオーダーマッチさせるための、複数プレイヤー間のセキュアな計算を行う分散型ネットワークです。RepublicProtocolによるダークプール交換は、ダークプールのルールが決して破られないよう保証しつつ、最小限のスリッページと市場への影響で多額のトレードをサポートできます。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/21 日曜日
18:28
大手仮想通貨取引所BingX CPO、ビットコイン半減期の影響を語る
暗号資産(仮想通貨)業界で4年に1度のビットコイン(BTC)の半減期が訪れる中、TradingViewの「ベスト暗号資産取引所2021 & 2022」の受賞歴を持つBingX(ビンエックス)のヴィヴィアン・リン氏にインタビューを実施しました。
11:30
ビットコイン6万ドルの維持が焦点、半減期で相場は不安定になる可能性|bitbankアナリスト寄稿
4度目の半減期を迎えるビットコイン。半減期後はネットワークが安定するまで相場は不安定となるか。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|税制などの自民党web3PTの提言に高い関心
今週は、自民党web3PTのホワイトペーパー2024の発表、JPモルガンによる半減期後のBTC相場分析、香港におけるビットコインとイーサリアムの現物ETF承認に関するニュースが最も関心を集めた。
04/20 土曜日
18:00
TON、Telegramのユーザーに照準 トンコイン奨励金を提供
Telegramのウォレットがサポートするブロックチェーン「TON」の手数料削減と、1,100万TONのインセンティブプログラムを開始。特に500万単位の暗号資産(仮想通貨)TONがTelegramユーザーに報酬として付与される。
16:30
日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題
日本銀行が公表したCBDC中間整理報告書の主要論点や影響について解説。CBDCの導入方針やデジタル通貨の未来についての展望を探る。
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧