CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム以外のスマートコントラクト・プロジェクト

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

スマートコントラクトとは
イーサリアムやERC20トークンなどの概要で頻繁に出てくる、スマートコントラクトについて記載。またイーサリアム・ブロックチェーン以外で進められているスマートコントラクトを利用するプロジェクトを紹介している。

スマートコントラクトの仕組み

スマートコントラクトとは、紙やPDFのような契約書とは異なる形態の『契約』だ。

条件とそれを満たす・満たさなかった場合の行動基準を定めており、これまでも似たような自動化の仕組みは存在していた。

しかし、従来の自動化の仕組みとの大きな違いは、スマートコントラクトが企業の壁を超え、国境を超えて利用できることだ。

さらに、そのコードは世界中誰でも確認することが可能であり、隠蔽など不可能となる。

今回、イーサリアムのスマートコントラクトだけではなく、その他のブロックチェーン上で稼働するスマートコントラクトについてまとめてみた。

大半の人が『イーサリアム・ブロックチェーンとともに稼働するプログラムで、あらかじめ決められたルールを自動執行する仕組み』であると仮想通貨に携わっている方なら理解しているだろう。

しかし、実はスマートコントラクトはイーサリアムだけの専売特許ではない。

イーサリアム、EOS、NEO、ビットコインでもスマートコントラクトは利用可能だ。

今回、複数あるスマートコントラクトの中でも、注目すべきプロジェクトを紹介する。

復習も兼ねて

スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術を使用し、取引(トランザクション)を実行するのに必要なプログラムのこと。

このプログラムには条件と実行内容が設定されていて、「もしAならば、Bを実行する」という命令文が記載されています。

この条件に合意したすべての人やノードの間での取引は、すべて自動的に実行される。

ポイントは、条件に合意すれば、あとはすべてが自動化されること。

そして、スマートコントラクトがブロックチェーン技術と密接に関わっているため、ネットワーク障害に強い、という点だ。

つまり、スマートコントラクトは高い安定性とセキュリティをもたらすため、今後の需要拡大が確実視されているのだ。

MyWish

出典;mywish

ビットコイン、イーサリアム、NEOの3種類のブロックチェーンに適したスマートコントラクトを自分で作成できるアプリケーションが、MyWishだ。

MyWishの使い方でもっとも有名なのは、Digital Will(電子遺言書)としてのスマートコントラクトを作成できる機能だろう。

これは、遺言書(人の死後に、資産を誰に相続するかなどを生前に取り決めておくもの)をスマートコントラクトにすることで、死後に遺産相続などの争いを未然に防ぐことができる。

今はMyWishのひとつのスマートコントラクトとしてサイトでは紹介されているが、もともとはLastWillという名前でローンチされていた。

行方不明や死亡など、ユーザーが資産を使用できない状態になった際に、彼/彼女の相続人の間で予め契約されたユーザーの資金を分配するスマートコントラクトを作成するサービスだった。

今では、他の用途のスマートコントラクトも設計することができるサービスになっている。

Temco

出典:temco

韓国で注目を集めているブロックチェーン・スタートアップのひとつ、Temco

このプロジェクトは、ICO(イニシャルコインオファリング)を実施する予定だが、実施するのはイーサリアム・ブロックチェーンではなくビットコイン・ブロックチェーン上で行う。

ビットコインのサイドチェーン開発を手がけているプロジェクトは複数ある。

その中で、TemcoはRSKによって作成されたサイドチェーンを採用。

中小企業向けにサプライチェーン・マネジメントを実施する上で必要なインフラストラクチャーと財政面での柔軟性を提供することをミッションとしている。

これが実現すると、サプライチェーン上でやりとりされる情報の透明性が高まり、事業者のみならず消費者は信頼できる情報にアクセスできるようになる、とTemcoは主張している。

安全性などを天秤に

イーサリアム・ブロックチェーン上で稼働するスマートコントラクト以外のスマートコントラクトに、注目が集まっている理由には、スマートコントラクトのバグを悪用した資産の盗難が相次いでいることがあるだろう。

一方、ビットコインは稼働し始めてから9年以上、ハッキングやクラッキングの被害を受けていない。この点は、高く評価されるべきであろう。

そして、このことがビットコインのサイドチェーンを使ったスマートコントラクト開発を後押ししていることは否めない。

イーサリアムには、コーディングの自由度が高い。

その反面、ビットコインは必ずしもイーサリアムほどの自由度はないが、すでに述べたようにセキュリティ面では、イーサリアムより優れている部分がある。

セキュリティ、開発のしやすさ、コスト効率。

これらを天秤にかけた開発者、およびプロジェクト推進の舵取りをしている経営者たちの試行錯誤は、もうしばらく続きそうだ。

(なお、本記事の内容に関しては、寄稿者個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではございません)

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア