CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム以外のスマートコントラクト・プロジェクト

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

スマートコントラクトとは
イーサリアムやERC20トークンなどの概要で頻繁に出てくる、スマートコントラクトについて記載。またイーサリアム・ブロックチェーン以外で進められているスマートコントラクトを利用するプロジェクトを紹介している。

スマートコントラクトの仕組み

スマートコントラクトとは、紙やPDFのような契約書とは異なる形態の『契約』だ。

条件とそれを満たす・満たさなかった場合の行動基準を定めており、これまでも似たような自動化の仕組みは存在していた。

しかし、従来の自動化の仕組みとの大きな違いは、スマートコントラクトが企業の壁を超え、国境を超えて利用できることだ。

さらに、そのコードは世界中誰でも確認することが可能であり、隠蔽など不可能となる。

今回、イーサリアムのスマートコントラクトだけではなく、その他のブロックチェーン上で稼働するスマートコントラクトについてまとめてみた。

大半の人が『イーサリアム・ブロックチェーンとともに稼働するプログラムで、あらかじめ決められたルールを自動執行する仕組み』であると仮想通貨に携わっている方なら理解しているだろう。

しかし、実はスマートコントラクトはイーサリアムだけの専売特許ではない。

イーサリアム、EOS、NEO、ビットコインでもスマートコントラクトは利用可能だ。

今回、複数あるスマートコントラクトの中でも、注目すべきプロジェクトを紹介する。

復習も兼ねて

スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術を使用し、取引(トランザクション)を実行するのに必要なプログラムのこと。

このプログラムには条件と実行内容が設定されていて、「もしAならば、Bを実行する」という命令文が記載されています。

この条件に合意したすべての人やノードの間での取引は、すべて自動的に実行される。

ポイントは、条件に合意すれば、あとはすべてが自動化されること。

そして、スマートコントラクトがブロックチェーン技術と密接に関わっているため、ネットワーク障害に強い、という点だ。

つまり、スマートコントラクトは高い安定性とセキュリティをもたらすため、今後の需要拡大が確実視されているのだ。

MyWish

出典;mywish

ビットコイン、イーサリアム、NEOの3種類のブロックチェーンに適したスマートコントラクトを自分で作成できるアプリケーションが、MyWishだ。

MyWishの使い方でもっとも有名なのは、Digital Will(電子遺言書)としてのスマートコントラクトを作成できる機能だろう。

これは、遺言書(人の死後に、資産を誰に相続するかなどを生前に取り決めておくもの)をスマートコントラクトにすることで、死後に遺産相続などの争いを未然に防ぐことができる。

今はMyWishのひとつのスマートコントラクトとしてサイトでは紹介されているが、もともとはLastWillという名前でローンチされていた。

行方不明や死亡など、ユーザーが資産を使用できない状態になった際に、彼/彼女の相続人の間で予め契約されたユーザーの資金を分配するスマートコントラクトを作成するサービスだった。

今では、他の用途のスマートコントラクトも設計することができるサービスになっている。

Temco

出典:temco

韓国で注目を集めているブロックチェーン・スタートアップのひとつ、Temco

このプロジェクトは、ICO(イニシャルコインオファリング)を実施する予定だが、実施するのはイーサリアム・ブロックチェーンではなくビットコイン・ブロックチェーン上で行う。

ビットコインのサイドチェーン開発を手がけているプロジェクトは複数ある。

その中で、TemcoはRSKによって作成されたサイドチェーンを採用。

中小企業向けにサプライチェーン・マネジメントを実施する上で必要なインフラストラクチャーと財政面での柔軟性を提供することをミッションとしている。

これが実現すると、サプライチェーン上でやりとりされる情報の透明性が高まり、事業者のみならず消費者は信頼できる情報にアクセスできるようになる、とTemcoは主張している。

安全性などを天秤に

イーサリアム・ブロックチェーン上で稼働するスマートコントラクト以外のスマートコントラクトに、注目が集まっている理由には、スマートコントラクトのバグを悪用した資産の盗難が相次いでいることがあるだろう。

一方、ビットコインは稼働し始めてから9年以上、ハッキングやクラッキングの被害を受けていない。この点は、高く評価されるべきであろう。

そして、このことがビットコインのサイドチェーンを使ったスマートコントラクト開発を後押ししていることは否めない。

イーサリアムには、コーディングの自由度が高い。

その反面、ビットコインは必ずしもイーサリアムほどの自由度はないが、すでに述べたようにセキュリティ面では、イーサリアムより優れている部分がある。

セキュリティ、開発のしやすさ、コスト効率。

これらを天秤にかけた開発者、およびプロジェクト推進の舵取りをしている経営者たちの試行錯誤は、もうしばらく続きそうだ。

(なお、本記事の内容に関しては、寄稿者個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではございません)

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア