CoinPostで今最も読まれています

分散型取引所大手ユニスワップ、SECに反論 裁判に臨む構え

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

証券性めぐるSECの主張に反論

暗号資産(仮想通貨)分散型取引所大手Uniswap(ユニスワップ)は21日、米証券取引委員会(SEC)が同社に対して発行したウェルズ通知に対する反論を公開した。

ウェルズ通知とは、SECが企業や個人に法的措置を講じる予定であることを正式に伝える文書である。SECは、ユニスワップが未登録で証券取引所および証券ブローカーディーラーとして運営しており、UNIトークンが投資契約を表すと主張している形だ。

関連: 仮想通貨DEX大手Uniswap、SECから訴訟の警告

ユニスワップは、こうしたSECの主張について次のように反論した。

SECの主張は、あるデジタルファイル形式で表現された価値が有価証券であること、さらにSECが取引所、ブローカー、契約の定義を一方的に拡張できることを前提しないと成り立たないものだ。

仮想通貨トークンは、例えばPDFなどと同様のデジタルファイルである。また、仮想通貨プロトコルは、TCP/IPなどと同様に、誰でも使用できる汎用コンピュータープログラムだ。

また、ユニスワップに初期から参加してUNI トークンを受け取ったユーザーは何十万人かいるが、彼らはそのトークンを無料で、投資契約もなく受け取ったと指摘している。

Uniswap Labsの事業努力のみから、そのトークンが将来生み出す利益を期待するということもなかったと続けた。「ある組織の事業努力から利益が期待される」という項目は、これまでSECが証券性を判断する際に使われてきたものの一つだ。

ユニスワップは取引量で最大の分散型取引所(DEX)の1つである。4月のスポット取引高は714億5,000万ドル(約11兆円)に上り、同月のDEX総取引高の56%を占めた。

SECとの裁判に臨む構え

ユニスワップは、「私たちには戦う準備ができている」としてSECとの裁判にのぞむ構えも示した。

ユニスワップ側の弁護士には、SEC対リップル社の裁判でリップル社側についた元SEC執行責任者アンドリュー・セレスニー氏、および、SEC対グレースケールの裁判でグレースケール側についた元米国司法長官のドン・ヴェリリ氏がいる。

SEC対リップル社の裁判では、判事が、XRPそれ自体は証券ではなく、個人投資家が流通市場で購入したXRPについては証券性がないと判断した。

関連: 「仮想通貨XRP自体は有価証券ではない」米地裁、裁判で判決下す

また、グレースケールは、SECが投資信託GBTCのETFへの転換申請を却下したことを受けて、SECを訴えた。この裁判では2023年8月、SECの決定は「恣意的かつ気まぐれ」であり転換を再審査すべきとの判決がくだった。その後、GBTCのETF転換が承認されている。

関連: SEC控訴せず グレースケールのビットコインETF転換訴訟で

SEC(証券取引委員会)とは

株や債券などの証券の取引を監督する米国の政府機関のこと。1934年設立。公正な取引の確保と投資家保護を目的としており、インサイダー取引や企業の不正会計、相場操縦などを防止する。仮想通貨が有価証券に該当するかという判断も行う。

▶️仮想通貨用語集

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア