CoinPostで今最も読まれています

リップル社CEOが24日の「ダボス会議」関連で登壇|分散型決済システムの新時代は到来するか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

世界経済フォーラム、ダボス会議の影響は
スイスの「ダボス会議(年次総会)」に関連するブロックチェーン経済フォーラムにて、リップル社CEOとポーランド金融大手ペカオ銀行の代表が「2020年の決済システム」について議論する予定。

世界経済フォーラム、ダボス会議の影響は

1月22〜25日まで、スイスのダボスで、「世界経済フォーラム」の年次総会(ダボス会議)が開催される。

乱高下する金融市場に大きな不確実性をもたらしている主因となっている、米中貿易摩擦や英国のEU離脱問題(ブレグジット)、及び主要国における景気後退(リセッション)懸念など、世界経済に大きな影響を及ぼす問題を中心に議論される見通しだ。

スイスのダボスで開催される「世界経済フォーラム(World Economic Forum)」、通称ダボス会議は、世界を代表する政治家や実業家などのトップリーダーが一堂に会し、世界経済や環境問題など幅広いテーマで討議を行う場であり、国のInvestor Relationsの機会に活用されるなど、国際的に強い影響力を持っている。

昨年開催された世界経済フォーラムの年次総会では、米国のムニューシン財務長官や、世界最大級の資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者らが、仮想通貨市場のマネーロンダリング(資金洗浄)やハッキングなど不法行為に対する重大な懸念を表明。

規制強化すべきとの声が多数上がるなど、仮想通貨討論会にも関心が集まった。このことは、世界経済が無視できないレベルまで仮想通貨の市場規模が拡大していることを示している。

なお、世界経済フォーラムと、調査協力したコンサルティング会社「ベイン・アンド・カンパニー」が2018年9月に公表した試算によれば、分散型台帳などブロックチェーン技術の台頭によって、「1.1兆ドル(約123兆円)」もの貿易額増加が望めると報告。

コスト削減と利便性の向上により、貿易・サプライチェーンのファイナンスに革命的な進歩をもたらすことで、特にアジア地域が分散型台帳テクノロジーの恩恵に預かるとした。その理由として、貿易書類プロセスの75%がアジアで発生している現状を挙げている。

ブロックチェーン経済フォーラムも同時開催

同時期にダボスで開催される「ブロックチェーン経済フォーラム」は、資本市場(長期金融市場)と分散型金融システムをテーマにした、ブルガリア大統領「Rosen Plevneliev」氏の基調講演に始まり、100人を超える著名エコノミスト、規制当局、政府関係者、投資家、および銀行関係者の集う重要イベントだ。

発展途上国のための”ブロックチェーン中央銀行”の出現と、資本市場の潜在的な構造的変化について議論を深める予定となっている。

Ripple社CEOも登壇

仮想通貨市場から注目されているのは、現地時間の1/24 19:15-20:00(日本時間 1/25 3:15-4:00)のラウンドテーブル「2020年の決済システムについて」だ。

米Ripple社CEO、Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏と、ポーランド金融大手「ペカオ銀行」のMichal Krupinski氏が、「分散型決済システムの新時代は到来するか?」というテーマで登壇する。

主要国を代表する金融業界の重鎮が集う「世界経済フォーラム・年次総会」及び「ブロックチェーンフォーラム」。仮想通貨市場に対して、どのような言及があるのか、投資家の関心が集まっている。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
世界経済フォーラムの試算:ブロックチェーンの台頭によって「120兆円規模」の貿易増が見込める
分散型台帳などの技術は、コスト削減と利便性の向上で、貿易・サプライチェーンに革命をもたらし、アジアを中心に120兆円相当もの貿易額増加が望めるとされる。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。
07:00
フレンドテックの仮想通貨「FRIEND」急落、Baseチェーン離脱を嫌気か
Friend.techの移転先に関しては、L2ブロックチェーン「Blast」やソラナなどが候補に上がっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア