【速報】仮想通貨取引所BinanceがOTCデスクの開始を発表 昨年に続き大口参入の環境整備強化へ

BinanceがOTCデスクの開始を発表
取引所バイナンスの主席財務責任者を務めるWei Zhou氏は、パネルチャットに登壇し、同取引所がOTCトレーディングデスクを開始したと明らかにした。昨年末から続き、大口や機関投資家に向けた取引環境の整備へと動いている。

BinanceがOTCデスクの開始を発表

取引所バイナンスの主席財務責任者を務めるWei Zhou氏は、パネルチャットに登壇し、同取引所がOTCトレーディングデスクを開始したと明らかにした。

目的は、「ユーザーにさらなる流動性を提供するため」だとしている。

OTCとは

仮想通貨取引所での売買ではなく、相対や店頭取引とも呼ばれ、売り手と買い手が1対1で取引を行うこと。

KYC準拠のOTC取引では、板取引や流動性に直接左右される事を避ける大口取引ユーザーに好んで利用される。よって、最小取引額が1000万円を超える場合も多くある。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

バイナンスは、シンガポールで初のカンファレンス「Binance Blockchain Week」を開催しており、そのイベントの中で新たに発表された。なお、すでにカンファレンスは、前半に開催されていたブロックチェーン技術のハッカソンを終え、多くの有名メンバーが登壇するイベントが行われる日程に移っている。

機関・大口の受け入れ強化

バイナンスは昨年12月に、企業や機関投資家向けの『サブアカウント』の開設を発表しており、大口取引向けユーザーへの取引環境整備に向けて動いていた。

『サブアカウント』は、企業など法人組織・VIP3の個人ユーザーが、マスターアカウントと複数のサブアカウントの作成が可能となる仕組みで、メイン口座から全てのサブアカウントを管理することができる。企業などでの利用に備えた取引アカウントの提供、機関投資家の需要に答えるとしていた。

これまでの仮想通貨市場は、個人投資家主導であったと言われているが、各国の規制の動きやそれに伴い参入する金融機関の動きを見て、Binanceが機関投資家の受け入れに動き出しているとの見方が強まっている。

BinanceのCEO CZ氏は、今回のカンファレンスでも「今の仮想通貨市場は過小評価されている」と発言するなど、将来の仮想通貨市場拡大を信じてやまない人物のうちの一人だ。業界の中心にいる企業が将来へ向けた前向きな姿勢を保つことは、業界全体を後押しする動きにつながるのではないだろうか?

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

バイナンスCZ氏、財産の99.99%が仮想通貨|ビットコイン下落相場に左右されずに普及を重要視
世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスの代表CZ氏は、ツイッターでのユーザーコメントに応じる形で、「自身の保有財産の内、99.99%が仮想通貨」になっていることを明かした。
2019年仮想通貨・ビットコインの展望|バイナンスのCZ氏や米名門大教授など専門家が見解を語る
低迷期が続いている仮想通貨だが、2019年の仮想通貨業界において様々な予想が飛び交っており、強気予想から懐疑的な意見まで数多く存在する。そこで2019年業界の動向がどうなっていくのか、複数の専門家のコメントをこの記事でまとめている。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら