米CboeビットコインETF申請を再び提出|専門家が予想するSECの最終判断時期とは

Cboe、VanEck・SolidXのビットコインETFを再申請
Cboe(シカゴオプション取引所)とVanEck社、SolidX社が1月24日に取り下げされていたビットコインETFに関する申請を再度、米SECに提出したことが判明。早くても、10月上旬までは最終判断は出ないと専門家は述べている。

ビットコインETF再申請へ

昨年6月にビットコインETFを申請し、1月24日に申請を一時的に取り下げていたCboe(シカゴオプション取引所)、VanEck社とSolid X社が再びビットコインETFの再申請を行なっていることが発表された。

金のETFなどを提供することで定評のあるVan Eck社のデジタル・アセット戦略部門のディレクターを務めるGabor Gurbacs氏は以下の様に申請が提出されたことを明らかにした。

VanEck社とSolidX社のビットコインETF申請がCBOEにより提出された。全てのチームの努力の結果だと言える。

今回Cboeが米SEC(証券取引委員会)に提出した書類(19b-4)はSECのビットコインETFに関する規制の変更を要請するもので、一般公開されている。

出典:http://cdn.cboe.com

先週、1月24日にビットコインの申請が取り下げられた際、VanEck社のCEOである Jan Van Eck氏は米政府の「政府閉鎖」(Government Shutdown)を要因として挙げていた。しかし申請が取り下げられた翌日、米トランプ大統領が暫定予算案に署名したことで、3週間の期間、政府閉鎖が解除されることが決定されていた。

ビットコインETFが取り下げから一週間後、再度申請されたことについて専門家の米弁護士Jake Chervinsky氏は以下のように言及した。

CBOE、VanEck、SolidXは新しいビットコインETFの申請を提出するのに時間を無駄にしなかった。

SECの最終判断へのカウントダウンはETFの申請が連邦官報に掲載されるまで始まらないため、早くても10月初旬までは審査の時間が必要となるだろう。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

米SEC、4部署の通常業務再開を公式発表|ビットコインETFやBakktの申請状況への影響は
25日に一時的に終わった米政府閉鎖、SECはこれにて各部署の通常業務を再開すると公式で発表した。今回の政府再開は3週間に限られるため、ビットコインETFの申請を取り下げたVanEckや、現在申請中のBitwiseにどのように影響があるかは未だ不透明とされる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加