CoinPostで今最も読まれています

リップル社CEOが、JPモルガンの「独自仮想通貨」を疑問視する理由とは|米ブロックチェーンカンファレンス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル社CEOがJPMコインに言及
米ワシントンで開催中の『DC Blockchain Summit』にて、米リップル社のCEOがJPモルガンの独自仮想通貨「JPMコイン」に関する見解を述べ、再び疑問を呈した。

リップル社CEO、JPMコインに再び言及

米ワシントンDCで開催中の重要カンファレンス『DC Blockchain Summit』が開催され、国会議員や規制当局関係者が、ブロクッチェーン業界に関する規制問題やフィンテック業界の将来性などについて意見交換した。

DCブロックサミット」は、デジタル商工会議所(Chamber of Digital Commerce)が4年前より主催する、規制当局、金融業界、ブロックチェーン界にも注目される年次の業界イベントである。

デジタル商工会議所(Chamber of Digital Commerce)は2014年に設立された首都ワシントンD.C.を本部とする仮想通貨・ブロックチェーン・デジタル資産などを促進するロビー斡旋団体であり、2015年にはJPモルガンの元幹部Blythe Masters氏がアドバイザー・ボードに任命され、以降活発的にロビー活動を行っている。

当イベントで、リップル社のCEOを務めるBrad Garlinghouse氏がスピーカーとして登壇し、ナスダック所属のグローバルレポーターMalandrino氏との対談で、米最大手銀「JPモルガン」が発行予定の仮想通貨ステーブルコイン『JPMコイン』に関して、自身の見解を再び明示した。

まず、Garlinghouse氏は、JPモルガンのような大手金融機関が独自の仮想通貨発行を計画していることがポジティブな動きで、「仮にJPMコインがJPモルガンの仮想通貨業界に参入させた要因であれば、私はJPモルガンの判断に賛成の意を表する」と述べた。

そして、Garlinghouse氏は、先週米最大手銀行モルガン・スタンレーの取材に応じ、JPMコインの話題について語ったが、モルガン・スタンレー側は「JPモルガンnの”JPMコイン”を利用する可能性は今の所低い、CitiバンクやBBVAもおそらく使わないだろう」としている。

JPMコインは、JPモルガンのネットワーク内で利用される「プライベートチェーン」上で作られるステーブルコインのため、互換性の欠如やオープンでないことで、ブロックチェーン業界の有識者たちは、その有用性と意義を疑問視している。

Garlinghouse氏も、1ドル=1JPMコインで、プライベートチェーンでしか動かせない仕組みであれば、「そもそも、1ドルのまま使えばいいのでは」と指摘した。

一方で、JPモルガンは先週、「JPMorgan Chase 2019 Investor Day」にて、「JPMコイン」の事業プランを公表し、即時決済、米ドル以外の法定通貨のペグ、そして「銀行の営業時間外でも、365日24時間国際送金可能」などの特徴も事業プランとしてリストアップされている。

なお、JPモルガンのCEOであるJamie Dimon氏は、JPMコインの商用利用や消費者による一般利用の可能性も示唆した。

Garlinghouse氏、キャッシュレス社会の実現にも言及

さらにGarlinghouse氏は、『キャッシュレス』の社会の実現や仮想通貨の現状に関して、独自の観点を述べた。

キャッシュ(現金)が必要な社会をなくすのは、まだまだ時間がかかりそうだが、決済に生じる摩擦(時間・手数料など)を軽減することはできると思う。

現在の仮想通貨を取り巻く環境は数年前に比べて大違いだ。以前は不正利用やお金儲けの投機が中心だったが、現在は実用性・ユースケースがきちんと求められている。

今は、様々な仮想通貨プロジェクトが存在しているが、どのような利用手段があるかはよくわからない。

また、Garlinghouse氏は、米国の規制環境に関しても触れており、規制者による規制の「明確性と透明度」が必要不可欠だとしている。

SEC、CFTCのコミッショナー登壇

今回のサミットには、米金融規制当局の顔とも呼ばれるSEC(証券取引委員会)とCFTC(商品先物取引委員会)の責任者たちも登壇し、仮想通貨業界などに対する法的規制の動向に関して見解を述べた。

クリプト・ママの愛称を持つSECのコミッショナーHester Peirce氏は、仮想通貨・ブロックチェーン業界に対して、「我々SECの明確なコミッショナーレベルのガイダンスが公開されることは、企業との連携をより進められる動きに繋がるはずだ」と述べた。特に仮想通貨カストディのような技術要素の高い分野は、説明する手紙だけでなく、SECに直接連絡を取り、商談を行うように推奨している。

要するに、Peirceコミッショナーは企業とSECの直接談話を重視しており、特にSECが明確なICO・STO・仮想通貨取引などの関連事業における法的規制やガイダンスが存在しない現在、個別の案件で談合・連携する必要性があるとしてる。

一方で、「仮想通貨業界に害のない規制方法を行うべき」と主張してきたCFTCのGiancarlo委員長は、規制における観点と、仮想通貨の先物取引に関して様々な見解を語った。

Giancarlo委員長は、現在テックセクターの驚異的な成長は80年ほどの歴史を持つ証券と商品の法律にとって巨大なチャレンジとなっている現状があるとした。その中で、規制当局および一般大衆には技術的リテラシーが欠如していながらも、規制当局に対する迅速な規制措置が求められるという。

CFTCとしては、需要に合わせる規制者として、時代と技術の発展を考慮した規制スタンスを貫く意向を示した。

なお、2017年末にCboeとCMEが、米国初のビットコイン先物に対する疑問の声は多い中で、規制当局を通さず実行できる権利である「自己承認」権限を持ちいて、上場を行なったが、その当時、取引所の上場判断を止めなかったCFTCの判断は、問題なかったとみている。

このように、仮想通貨関連企業への歩み寄りを示唆した規制当局だが、NYSEの親企業が設立した仮想通貨取引所Bakktや、ナスダック、取引所ErisXなど、未だに規制当局の審査待ちの企業が多い状況も事実だ。これらの発言を経て、今後米国の仮想通貨業界がどのように動いてくるかに注目したい。

なお、Giancarlo委員長は、ブロックチェーン技術を「黄金の市場記録」と例え、2008年の金融危機を防げた可能性が高いとし、当時の経験を回想した。

仮に、ブロックチェーン技術が、10年前にウォール街のデリバティブ商品における情報の土台となっていれば、時代は大きく変わっただろう。規制者の正当な干渉と法的措置を施すことをより迅速かつ正確にしてくれたはずだ。

リアルタイムの分散的台帳によって、当時のような規制混乱は免れただろう。

今回DC Blockchain Summitでは、フィデリティ社のデジタル事業部最高責任者のTom Jessop氏や、米金融業規制機構FINRAのディレクターも参加しており、業界に関する重要発言は、随時更新する。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米銀大手JPモルガンの独自仮想通貨「JPMコイン」事業プランが明らかに
2019年1月26日に開催されたイベント「JPMorgan Chase 2019 Investor Day」で用いられたプレゼン資料が公表され、JPモルガンの独自仮想通貨「JPMコイン」の事業プランが明らかとなった。
JPモルガンの独自仮想通貨を一般利用できる日が来る? ダイモンCEOが新たな可能性を示唆
ビットコイン懐疑派としても知られるJPモルガンCEOが、独自仮想通貨「JPMコイン」の商用目的や一般利用が行われる可能性を示唆する発言を行なった。大手顧客を対象とした大口決済や送金目的の通貨として、発表された同通貨の一般消費者の利用に言及するのは初となる。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。
12:41
ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に
米エヌビディア決算を控え株価指数が様子見基調となる中、暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムが現物ETFのSEC承認思惑で3800ドル台まで続伸。ビットコインやソラナは利確売り優勢と明暗が分かれた。
11:45
ビットコイン、日本円建てで過去最高値を更新
仮想通貨ビットコインは21日、日本円建ての過去最高値を更新し1,100万円を超えた。アルゼンチンやフィリピンでも最高値を更新している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア