CoinPostで今最も読まれています

【仮想通貨取引革命】アトミックスワップとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

取引所の仲介なしで仮想通貨取引を行う事が可能になる仕組み、「アトミックスワップ」
第三者の仲介を省く事で取引速度が向上し、不正な取引のリスクも減ります。

アトミックスワップとは、取引所などの第三者の監視と仲介が必要なくなり、種類が違う仮想通貨の取引でもユーザー間だけで可能にする仕組みです。

特徴

  • 異なる仮想通貨同士で取引が可能
  • 第三者の仲介を省ける
  • 取引速度が向上
  • 不正な取引のリスクが減る

簡単な仕組み説明

例として、Aさんが保有しているビットコインとBさんが保有しているライトコインを交換する場合で解説します。

パターン1の場合

通常の場合、持ち逃げされるリスクがあります。

パターン2の場合

パターン1を防ぐために第三者(仲介者)を立てる場合はリスクが減りますが、手数料と時間がかかります。

アトミックスワップの場合

アトミックスワップを活用すると、第三者(仲介者)なしに、また持ち逃げされるリスクなしで取引が可能で、また異種通貨の取引も取引所などを介す事もありません。

同じく例を挙げて説明します。

まず先にA子ちゃんがビットコインを送ります。

A子ちゃんはビットコインを送金するために秘密の情報が入ったボックスを作ります。そのボックスの中にはこのボックスを開けるためのB太郎くんの署名と秘密の情報を内蔵させます。

同様にB太郎くんもライトコインを送金するために秘密の情報が入ったボックスを作ります。その際の情報はA子ちゃんがビットコインを送る際に作成した秘密の情報と同じものを利用します。そのボックスの中にはこのボックスを開けるためのA子ちゃんの署名と秘密の情報を内蔵させます。

そして、A子ちゃんがボックスを開けライトコインを取り出したときにB太郎くんに秘密の情報が送られ、B太郎くんもボックスを開けることができ、ビットコインを取り出せます。

両側での取引が一瞬で起こるため、片方が責任を果たさないということは不可能です。そしてたとえ片方の取引が半分進んだ段階で中止するようなことがあっても、一定期間後には両者に全額返金されるので、持ち逃げのようなリスクはありません

このアトミックスワップによって誰が相手でも世界中どこにいてもわざわざ取引所や第三者を介さなくても仮想通貨の取引をできるようになります。その結果、仮想通貨の取引量は増加し、支払いに仮想通貨が使われるようになるでしょう。

現在アトミックスワップに参加できる通貨は限られています。最近Litecoin創設者Charlie Lee(リー氏)が自らDecred開発チームとアトミックスワップを行ったことでLitecoin及びDecredがメディアによって大きく取り上げられました。アトミックスワップを成功させた通貨にはBitcoinLitecoinDecredVertcoin及びViacoinの5つです。

しかしアトミックスワップのコードは誰でも挑戦できるように公開されてるので、他の通貨が加わることが期待されます。

アトミックスワップを元にした取引によってユーザーは自身の資金を常に自分で管理が可能で、匿名であり続けることができるからです。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア