CoinPostで今最も読まれています

ビットコインバブルはいつバブルであると決まるのか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2010年から見るビットコインの価格推移
毎回、「バブル崩壊」と大きく取り上げられていながら、結局大きく上昇を続けています。
人々がビットコインをバブルと呼ぶときは価値がないことを暗示している
世間のビットコイン信念度は高くなるにつれ、ビットコインの価格は上がっています。

ビットコインの歴史を追いながら紹介いたします。(1ドル=113円計算)

2010年7月、ビットコインの価格は0.05ドル(5.6円)あまりしかありませんでした。そして約半年後2011年の2月には1.10ドル(124円)となり、2,100%をたった7ヶ月で記録しました。このチャートはその時のチャートです。

このチャートをみて最初に浮かぶ言葉は何でしょうか?「バブル」という言葉を思い浮かべた方が多いのではないでしょうか?実際に「ビットコイン価格は50%減少し2ヶ月後にはこのバブルが崩壊するのだろう」と誰もが思ったはずです。

しかし、実際に2ヶ月後の2011年4月には下の図のように価格が変動しました。ビットコイン価格はバブル崩壊を迎えることなく、2,801%を記録し、2011年2月には31.91ドル(3605円)を記録。

また、この記録を機にビットコインに関するメディア投稿が増えていきました。

その後、ビットコインメディアでは、ビットコインは2011年の6月のピーク後-94%ほどの暴落を記録。メディアは「仮想通貨の価格上昇はバブルの崩壊と言えるだろう。」と事後報告をしました。

しかし、それから2013年4月に減った分の94%UPを記録し266ドル(30058円)まで到達。さらに前回のピーク時(2011年4月)から734%の上昇を記録しました。

この上昇から、またメディアではバブル崩壊に関する投稿が増えてきます。CNNなどのメインメディアも仮想通貨を取り上げるようになり、巨大なバブル崩壊が進むだろうと投稿していました。

その後、価格は63.84ドル(7213円)まで大幅減少。メディア老舗 The Atlanticからも「バブル崩壊」と大きく取り上げられています。また、「なぜ皆がビットコインを欲しがるのかが未だ不明瞭だ」とコメントも残されています。

しかし、またバブル崩壊と言われた数ヶ月後、大幅な価格上昇が起こりました。-76%も価格を落としたビットコインですが、76%価格を伸ばしたのち、さらに338%も価格上昇を記録しました。そしてピーク時の価格は2013年11月には1166ドル(131,758円)となりました。

メディアの記事では「人類での一番大きなバブルだ」と表現するなど、人々は混乱している。これはもはや「バブル」ではないのではないかという人々の意見も増えだしました。

その後、2015年1月には-85%となり、ピーク時では170ドル(19210円)まで下落し世間では「バブル崩壊/ネズミ講」などと言われるようになりました。

そして、下落した85%を取り戻し、さらに419%の上昇、そして現在の2017年7月以降6050ドル(683,650円)以上を記録しています。

結局、ビットコインはバブルなのか?

実際にたくさんの人が未だにバブルであると警告しています。海外の要人ではRay Dalio、 Howard Marks、 Robert Shiller、Ken Rogoff、Jamie Dimon、 Peter Schiff、 そしてWarren Buffettなど。また、多くの経済学者や投資家などがビットコインをバブル、ネズミ講や詐欺などと述べています。

また、筆者が実際に行った興味深いアンケート「ビットコインはバブル」かどうかについて5504人の結果は下記のようになっています。

価格5300ドル(598900円)はバブルか?

  • 過小評価(33%)
  • フェア評価 (11%)
  • 過大評価 (17%)
  • バブル (39%)

また、数ヶ月前に筆者が行なった価格アンケートでは下記のような結果でした。

価格2200ドル(248600円)はバブルか?

  • 過小評価(15%)
  • フェア評価 (9%)
  • 過大評価 (25%)
  • バブル (51%)

この結果からわかることは、価格が上昇した今、バブルと考えている人の数が減り逆に未だに過小評価されていると考える人々が増えてきていることがわかります。

心理学的にビットコインバブルを解説

どのようにしてより多くの人々が低い価格の時に「ビットコインバブル」と呼ぶのかまた、どのようにして多くの人々が高い価格の時に「ビットコインは過小評価されている」と言っているのかについて解説いたします。

心理学的に考えた場合、ビットコインの価格が高くなればなるほど、それはますます注目を集め、ビットコインへの需要が増えます。自分がビットコインを所有していたり​​、ビットコインを所有しようと考えたり、またビットコインを所有している人を知っているなら、おそらくそれをバブルと呼ぶ傾向は減るでしょう。つまり、ビットコインが上昇し続ければ続けるほど、バブルとみなす人が減ってくる傾向があります。

ビットコインのバブルとは一体何?

我々が見てきたように、ビットコインは1ドル(113円)で2011年にバブルのように見えました。それは200ドル(22600円)で2013年にバブルのように見えました。今日は6,000ドル(678000円)でバブルのように見えます。

バブルの正しい開始日はいつになるのでしょうか?また、バブルは実際にないのでしょうか? 私たちがこの答えを見つけるのは数十年後なのかもしれません。今は誰もバブルの始まりを告げる鐘を鳴らしてくれないのです。

今、バブルだと仮定したとしても、過去の7年間のように何度も下落しては下落幅を上回る上昇を記録してきました。

人々がビットコインをバブルと呼ぶとき、彼らは価値がないことを暗示しています。つまり人々は、泡が爆発すると0になると仮定しているのです。しかし、この7年間のビットコインの価格推移から、また、NasdaqとHousingの株が下落してまた、大幅回復したことからも必ずしも当てはまるわけではないことがわかります。

極論、私たちが今、バブルを特定することはできません。なぜなら、バブルを表す定義や式は存在しないからです。

もし、今言える最高のことは、数年後あなたが考える将来のお金は今見ているお金とは違っているということです。お金を含め全てが進化しているでしょう。

結論として、言えることは、ビットコインに価値があると信じている限り、ビットコインには価値があるということです。一日の市場価格は世界中の取引者、企業の信念の結果です。そのように考えると、世間のビットコイン信念度はかなり高くなっていいると言えるでしょう

When Does a Bubble Become a Bubble?

October 22, 2017 by Charlie Bilello

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

たくさんの要人や、経済学者がビットコインの危険性について発言をしてます。以前に比べ、現在は政府からの規制も入ることが、今後の暴落の原因として挙げられていますが依然、価格は伸び続けています。CoinPostからもビットコインバブルの危険性やそしてバブルではない理由など合わせて読みたい記事を参考にして見てください。

2017年はビットコインの年である
ビットコインの認識の変化が起き始め、各メディア、規制者、公衆がビットコインを真剣にとらえるようになり、ビットコンのアクセスの選択肢が増え、ヘッジファンド、デリバティブ取引、資産運用など人々はさらにビットコインへ投資することになります。
ナスダック掲載:ビットコインがバブルではない5つの理由
ビットコインはバブルではなく、ビットコインの成長はむしろここからだという意見を紹介します。ビットコインの法定通貨としての受け入れ傾向、ビットコイン支払い加盟店の増加等ビットコインが今後も成長していくであろう理由を5つにまとめています。
ビットコインバブルの問題点と価格急落による危険性
仮想通貨市場には多くの分野が関係しているため、市場の動向にも影響を受けやすいです。つまり、ビットコインバブルが崩壊し、価格が急落すると、仮想通貨に投資している人のみならず、あらゆる人に影響を及ぼす危険性があります。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア