【速報】仮想通貨取引所Binance、正式にビットコインSVの上場廃止を発表|BCHは通貨価格の急騰を記録

バイナンスがビットコインSVの上場廃止を発表
バイナンスCEOのCZ氏がクレイグ氏を詐欺であるなどと発言していた件に関して、同社取引所が正式にビットコインSVの上場を廃止することを発表した。同発表に伴い仮想通貨のビットコインキャッシュは急騰を記録した。

バイナンスがビットコインSVの上場廃止を発表

仮想通貨取引所バイナンスは日本時間15日深夜、正式にビットコインSVの上場廃止を公式で発表した。

2019年4月22日(月)19時(UTC時間の2019/04/22 10:00)にも上場廃止手続きが行われ、取引が終了する。なお、引き出しなどの対応は同年7月22日19時まで手続きが可能となる。

ビットコインSVに関しては、バイナンス社CEOであるCZ氏が4月12日のツイッターで「(Bitcoin SV陣営の)Wright氏は本物のサトシではない。」などと批判した上で、上場廃止も辞さない考えであることを示唆。本日15日にも詐欺であるとのツイートを行い怒りをあらわにしていたため、CEO判断の上で上場見直しの動きに発展したことが予想されている。

なお、バイナンス側の公式発表では、「プロジェクトチームへの貢献度」や「開発レベルと質」、「詐欺行為の証拠」などが上場廃止を検討する理由に挙げられており、利用ユーザー保護を目的として基準に満たない通貨の上場廃止は行う意向を改めて示した。

ビットコインSVの支持者などからは、CEOの感情に任せた判断で通貨の取り扱いの有無を決めていいのか?など、通貨価格にも影響する動きに疑問の声もあがっている。

なお、その後仮想通貨取引所のクラーケンやウォレットなどを提供するShapeShiftもバイナンスに続き、ビットコインSVの上場廃止、ウォレット対応の停止などを行う方針を表明している。

ビットコインSVは、2018年11月に行われたビットコインキャッシュ(BCH)の大規模アップデートにおいてアップデート後の内容を巡り陣営が対立、Bitcoin SV陣営とBitcoin ABC陣営でチェーンが分岐後にハッシュ戦争を通してビットコインキャッシュのメインチェーンを争う動きにまで発展した。

なお、BCHの分裂に伴い誕生したビットコインSVとビットコインABCは、各取引所で対応方針が異なる動きが見られていたが、多くの取引所でビットコインABCがビットコインキャッシュ(BCH)のティッカーを引き継ぐ形で収束、ビットコインSVは分裂通貨として扱われている。

なお、バイナンスの上場廃止発表を受け、ビットコインABC(現BCH)の相場が急騰。16日未明時点では前日比16%高を記録した。ビットコインSVとの分裂騒動で相場が急落したビットコインキャッシュの騒動収束を見る一歩として、市場に好感された。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら