CoinPostで今最も読まれています

ビットコインキャッシュ価格が高騰後に急下落した理由と今後の展望

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインSegWit2xハードフォーク無期限延期を皮切りに、ビットコインキャッシュ価格が大幅に上昇
11月9日まで66,000円辺りを推移していたBCHが、約2日で268,500円近くまで価格を伸ばし、過去最高値を更新しました。しかしその後、価格を大きく下落させています。
11月14日に予定されているビットコインキャッシュのハードフォークについて
ビットコインキャッシュのコミュニティ内において意見の相違・対立は殆どなく、分岐による新コイン発生の可能性はかなり低いです。しかし、現状ではトランザクションが詰まっていることが問題です。
目次
  1. なぜこれほどまでに価格を伸ばしたのか?
  2. なぜ価格を高騰させた後大きく下落したのか?
  3. BitcoinCashのハードフォークはどのように影響を及ぼすのか?
  4. ではなぜ価格を取り戻さないのか?
  5. スケーラビリティの解決策は?

ビットコインキャッシュが、ビットコインSegWit2xハードフォーク無期限延期を皮切りに、価格を大幅に上昇させました。

このグラフを見ていただければ、その上昇の勢いが大きかったことが一目でわかります。

11月9日まで、66,000円辺りで価格を保っていたBCHですが、約2日で268,500円近くまで価格を伸ばし、過去最高値を更新しました。

この伸び率は約4倍に値します。

なぜこれほどまでに価格を伸ばしたのか?

このBCH価格上昇の動きはBTCハードフォークによるコミュニティや通貨分裂が不安視された時から予想されていた動きになり、ハードフォークが延期され、ビットコインで問題視されるスケーラビリティと手数料の改善が先伸ばされたことで、現実なものとなりました。

なぜビットコインスケーラビリティ問題が価格に関係するかは、ビットコインとビットコインキャッシュをマイニングするマイナーのハッシュレートに起因しています。

SegWit2xハードフォークでは、大きく分けて二つの派閥で構成され、この派閥間争いが激化したことで、分裂が不安視され延期となりました。(2つの派閥は以下の通りです。)

1、開発者、ノード・オペレーターなど、もともとのビットコインを残すことを主張する派閥
理由として、ビットコインは送金ではなく価値の保存が第一であり、分裂のリスクやマイナーの集権化により、非集権化を実現できないのではないかという懸念(状況に応じてビットコインのアップデートをし、送金面でも補うことを示唆はしています。)
2、マイナーやスタートアップ企業など、ビッグブロックを求める派閥
理由として、ビットコインは米ドルやその他の法定通貨と競い合うべきで、よって、その用途の優先度は取引や通貨としての価値にあるとし、価値の保存だけでなく、通貨としての利便性を主張しています。

SegWit2xハードフォークが延期となり、ビットコインのアップデートや根本的な通貨の利便性が先延ばしになったことを問題として、これら多くのビッグブロック派閥の大手マイナーが、ビットコインキャッシュに流れました

ビットコインキャッシュとビットコインの性能差は歴然であり、ビットコインキャッシュは既存の通貨性能に加え、さらに通貨価値を高める研究やアップデートを行なっています。

これにより一時的にビットコインキャッシュはハッシュレートがBTCを大幅に上回り、BTCをさらなる境地に追い込みました。

今までBTCはスケーラビリティが問題視されていましたが、BTCとBCHは同じアルゴリズムを採用しているため、BTCとBCHをスウィッチしてマイニングをしている大手業者が多く存在します。

BCHに追い風が吹き、きっかけとなるビッグブロック派に続きBCHに流れたことで、BTCのマイナー不足によるトランザクションの詰まりやセキュリティの低下、また手数料の更なる増加に繋がりました。

なぜ価格を高騰させた後大きく下落したのか?

下落した理由として、急激に価格を伸ばしたことによる高値購入者が下落と共に利確や売りに走る連鎖が続いたことで、大きな下落につながったとも考えられますが、根本的に下落を引き起こした原因とされるものは他にあります。

価格上昇時、世界のビットコインキャッシュ取引量の大きなシェアを有していた取引所があります。 これはビットコインキャッシュの価格上昇や下落に以前から大きな影響を与え続ける韓国の取引所Bithumbです。

Bithumbは韓国で一番大きな取引量を誇り、ビットコインではなくアルトコイン取引で世界の取引量を牽引しています。

このBithumbが、ビットコインキャッシュ取引量の大多数を有した状態で、トランザクション過多により取引プラットフォームが停止、その後暴落を引き起こしました。

このBCH取引量グラフを見ていただくと、12日に差し掛かる手前で一気に取引量が減った窪みがあることが確認できます。

このように比較してみると、価格上昇と下落の境になるタイミングで、取引量が減っています。

このタイミングが、Bithumbの取引停止時期に該当します。

この現象は以前リップルが大幅に高騰した結果、当時取引量で主要取引所であったPoloniexの停止と同じです。

当時リップルの高騰は取引所停止を皮切りに暴落へと反転し、数日間価格変動に調整が入り、アルトコインバブルに伴い再度大幅に上昇しました。

BitcoinCashのハードフォークはどのように影響を及ぼすのか?

ビットコインキャッシュのハードフォークの詳細はこちらでも掲載しています。

ビットコインキャッシュ、11月13日にハードフォークを予定
ビットコインキャッシュがマイニングの難易度を調整するためにアップデートを計画中。将来のアップグレードにより取引遅延など、多くの問題解決につながるかもしれません。

ハードフォークの日程は、2017年11月14日AM4:00頃を予定しています。

目的:『Difficulty Adjustment Algorithms:DAA(採掘難易度調整アルゴリズム)』

通貨分裂はあるか: ビットコインキャッシュのコミュニティ内において意見の相違・対立は殆どなく、分岐による新コイン発生の可能性はかなり低いです。

ハードフォークには4つの種類がある
仮想通貨のハードフォークは、通常状態での分岐、ブロックチェーンの特性を利用した派生通貨、意見対立のないアップグレードによるハードフォーク、意見対立のあるハードフォークの4種類があります。実際にハードフォークが起きた通貨例も紹介します。

この記事で書かれている、2番目の「ブロックチェーン更新に伴う内容の対立が起きない、アップグレードのためのハードフォーク」に該当します。

BitcoinCashは、マイニングディフィカルティ調整を行うDAAを搭載していますが、今までしっかりと機能していなかったため、修正を行うことを目的としています。

ビットコインキャッシュコミュニティは、このアップデートに対する意見の対立を起こしていないため、スムーズにハードフォークが行われることでしょう。

ハードフォークに関する価格への懸念点はないでしょう。

※11月14日追記

ビットコインキャッシュハードフォークは無事終了した模様です。詳しくはこちら↓

ビットコインキャッシュハードフォーク成功によりマイニング事情は緩和するのか?
segwit2xが無期限延期になり、コイン付与の期待を込めていたマイナーたちがビットコインキャッシュに移行し始め、ビットコインキャッシュは暴騰し、ビットコインは暴落しました。今後もハードフォークなどの傾向に注意して見る必要があります。

ではなぜ価格を取り戻さないのか?

現在ビットコインは、マイナーがBCHに移行したことも伴い、全体で13万件もの取引が停止しているという報告があります。

スケーラビリティ問題というより、ここまでの詰まりを起こすと通貨として機能していない状況に陥っています。

ここでトランザクションの詰まりが確認できます。

この問題もあり、通貨機能の高いBCHに関心の目が向けられましたが、ビットコインキャッシュも取引量増加やトランザクション増加により、トランザクションが詰まりスケーラビリティ問題を引き起こしています

一時的にビットコインの代わりとなる通貨としてビットコインキャッシュが真のビットコインになるとまで宣言されていましたが、トランザクション増加に対応できていない模様です。

結局ビットコインの問題解決とまではいきませんが、代わりとなる通貨として利用する目的の方を失望させてしまった可能性もあるでしょう。

またハードフォークに伴う取引所の入出金停止も、通貨の流動性や価格へ影響を及ぼしていると考えます。

スケーラビリティの解決策は?

SegWit2xが延期され、また引き伸ばされたビットコインのスケーラビリティ問題を解決する糸口として注目されるのが、ライトニングネットワークプロジェクトです。

ライトニング・ネットワークは、スケールフリーで、手数料を極力減少させることのできる解決方法で、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決する可能性を秘めています。

ライトニング・ネットワークは、スマート・コントラクトをビットコイン上に組み込み、個人とその個人がやり取りする全ての人との間にプライベートなペイメントチャネルを構成します。

各個人は、プライベートなペイメントチャネルの他にも、ビットコイン・ブロックチェーンとのチャネルも構成する必要があります。

さらに、各個人は、プライベートチャネル上で取引を行い、最終的な取引の結果だけが、ブロックチェーン上に取引として送られます。

これを行うことで、マイナーたちは現在の取引量よりも遥かに少ない取引量の承認で済むのです。

理論的には、ライトニング・ネットワークは個人間のやり取りをより効率的、スケールフリー、そして、低コストにすることができます。

このソフトウェアは、現在ライトコイン・ネットワーク上で試用されています。

現状この策しか残されていないとされ、ビットコインの将来を左右する解決策としてとても重要な役割を担う可能性が高いと考えています。

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するライトニングネットワークが早急に必要な理由
より多くのユーザーは、より多くの取引を生み出し、ネットワーク上でその取引承認の遅延が起きているのです。この問題の解決策として、ライトニング・ネットワークの採用が挙げられています。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
17:00
「BTCは上昇トレンドに入る可能性」SCB銀
仮想通貨ビットコインは再び上昇トレンドに入る可能性があるとスタンダードチャータード銀行が分析。今回もビットコインとイーサリアムの価格予想をしている。
16:23
Block社(Square)、ビットコイン採掘産業の分散化に向けて高性能チップを開発完了
デジタル決済企業ブロック(旧Square)が、3ナノメートル技術を採用した最新のビットコインマイニングチップ開発を完了。このプロジェクトはオープンソース化され、ビットコインマイニング業界の分散化を推進することを目指している。
15:09
WebX2024、最大73%割引の「開幕セール」終了まで残り1週間
株式会社CoinPostが主催する日本最大のWeb3カンファレンス「WebX2024」にて、チケット販売を開始しております。2024年4月30日まで、最大73%割引のお得な開幕セールを実施中です。
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧