CoinPostで今最も読まれています

28日開催のG20首脳会議、仮想通貨も議論か|フェイスブック発表のリブラに強い危機感

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

G20首脳会議、仮想通貨の規制面も議論か
28.29日に開催のG20にて、仮想通貨に関する規制面についても議論される見通しであることが分かった。背景には、米フェイスブックが発表した独自仮想通貨リブラを巡る、国際金融市場の強い警戒感がある。

G20首脳会議、仮想通貨の規制面も議論か

28.29日に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議にて、暗号資産(仮想通貨)に関する規制面の在り方についても議論される見通しであることが分かった。産経Bizが報じた。

米フェイスブックが発表した独自仮想通貨「リブラ」を巡り、国際金融市場は警戒感を強めている。

同社は、規制対象となる子会社の「Calibra」を設立し、Libraを利用した金融サービスを2020年に提供する予定だ。

銀行を介さず、米ドルなどの法定通貨に価値が裏づけされた「ステーブルコイン」で取引可能な国際送金や決済サービスが世界的に浸透すれば、世界各国の金融機関および金融緩和政策に与える影響は計り知れないとされる。

リブラは、「世界の成人人口の31%にあたる17億人を対象に、新興国で銀行口座を持たない人々をサポートする社会的意義」を主張しているが、2018年には8700万人分の利用データが漏洩するなど、個人情報の取り扱いに関する問題も起こしているほか、新興国における犯罪資金などの抜け道になりかねないことから、各国の規制当局側は難色を示している。

リブラトークンの発表直後には、米国会下院の金融サービス委員会のMaxine Waters理事長が、フェイスブックCEOの公聴会を7月16日開催するまで開発の一時停止を要求。米国連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、「スケールの大きい通貨となる可能性が見込まれる。潜在的なメリットとリスクの両方が存在する。」と言及したほか、英中央銀行のMark Carney総裁は、「グローバルにおける最高水準の規制を遵守する必要がある」と指摘するなど慎重な姿勢を見せた。

国境を越える巨大経済圏は、諸刃の剣か

リブラプロジェクトが5〜10年以上先を見据え、仮想通貨の特性を活かすことで、国境を超えた壮大なエコシステム(生態系)の確立を目論んでいることは明らかだ。

18日に公開されたホワイトペーパー(事業計画書)によれば、フェイスブックは国際的な協会員で構成された企業体で「非営利団体・リブラ協会」を組織し、その本部をスイス・ジュネーブに置く。外部組織「Calibra」には、世界大手決済企業であるビザ(VISA)やマスターカード(Mastercard)に加え、米配車大手ウーバー(Uber)、大手音楽サービスのスポティファイ(Spotify)など27社が参画することも発表された。

参画する企業からも、送金・決済分野で若年層の取り込みを図ろうとする意図が確認されるが、SNS上で巨大プラットフォームを築き上げたフェイスブックによる国際金融市場への挑戦は、技術革新・経済革命として大いに期待されるその反面、金融市場における伝統的概念を短期間で破壊し得ることの「副作用」など未知のリスクは無視できない。G20(Group of Twenty)に参加する世界の主要国も見逃せない動きとなろう。

日本の資金決済法の定義では、「本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く」と明記されているため、法定通貨と交換可能なステーブルコインは、仮想通貨の定義から外れるとの解釈もある。今後も想定される革新的なサービスにおいて、ルール整備が追いついていない実態があり、各国の対応が急務となる。

なお、FATF(金融活動作業部会)は22日、暗号資産の監督法を明確化するための「ガイダンス」を発表した。

37の加盟国に対して仮想通貨の規制強化を促した国際ガイダンスは、資金洗浄やテロ資金供与の防止を目的にしたグローバル・スタンダードの性質を帯びている。FATFは採用までの準備期間を12ヵ月とし、2020年の6月を期限としているが、商業銀行と同等水準の厳格なものとなっており、わずか1年間で各国が足並みを揃えることができるかは不透明だ。

G20サミットと同日開催の「V20」

なお、FATFのガイダンスに対応するため、各国の仮想通貨関連業界の代表も大阪に結集する。

G20の日程に合わせる形で開催される「V20」は、FATF関係者と共に、ビジネスと技術両面で実行可能、かつ規制の目的にも叶う対策について議論する場を設けるという。

CoinPostの関連記事

G20サミットと同日開催の「V20」 仮想通貨有力プロバイダーが集結するサミットの概要と目的
仮想通貨のこれからに多大な影響を及ぼす規制となる、世界基準の暗号資産監督法ガイドラインに対応するため、世界をリードする仮想通貨サービスプロバイダが、大阪に結集する。G20と同日開催されるV20の概要と目的とは?
日銀の黒田総裁、米フェイスブックの仮想通貨(暗号資産)プロジェクト「リブラ」に言及
日銀・金融政策決定会合の結果を踏まえた記者会見で、日銀の黒田総裁が、フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「リブラ」とビットコイン(BTC)などの暗号資産の現状について、記者の質問に答えた。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。
12:41
ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に
米エヌビディア決算を控え株価指数が様子見基調となる中、暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムが現物ETFのSEC承認思惑で3800ドル台まで続伸。ビットコインやソラナは利確売り優勢と明暗が分かれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア