イーサリアム創業者ヴィタリック氏ロードマップ(予定表)について発表

イーサリアムの未来についてイーサリアム創業者が語る
イーサリアム創業者のヴィタリック・ブテリン氏は、イーサリアムは今後セキュリティの改善が重要だと主張しました。
イーサリアムに必要とされる改善点
改善すべき点はプライバシー、コンセンサスの安全面、スマートコントラクトセーフティ、スケーラビリティ の4つです。
スケーラビリティ問題はビットコインと同様最重要課題
ビットコインでも議論の対象となっているスケーラビリティ問題ですが、ヴィタリック・ブテリン氏曰く、この問題は最重要課題となり、解決策を模索している段階であるとのことです。

イーサリアム創業者のヴィタリック・ブテリン氏は台湾のブロックチェーン会談にて今後のテクノロジープランを発表しました。

まず初めに彼は過去数か月間数々のイーサリアムの代替通貨についての声明を引用しました。(イーサリアムと同じ様な特性をもつコインが数多く発表されている現状がある)

『イーサリアムキラーとなるのはイーサリアムだ。中国版イーサリアムもイーサリアムであり、台湾版イーサリアムもイーサリアム2.0である』

そしてイーサリアムプラットフォームにて改善すべき4つの要素を挙げました:プライバシー、コンセンサスの安全面、スマートコントラクトの安全面、スケーラビリティについてです。

ブテリン氏は初めの3つの改善方法は今後のハードフォーク(イーサリアムアップデート)にあると見ています。

最新版イーサリアム‘メトロポリスハードフォーク’25日(月)発表か?
メトロポリスハードフォークが9月25日(月)に発表されるかもしれません。アップデートは二段階のハードフォーク経て完了し、改善されたプラットフォームには多くの応用方法があります。

(メトロポリスハードフォークの1段階目Byzantiumはすでに終了しています。)

Byzantiumは一部のゼロ知識証明や、リング署名などの新しいクリプトアルゴリズムを発表し、これらの新機能はプライバシー問題を解決するためのツールを提供します。

彼曰く、プライバシーに関する問題は75%が基本層を完全に解決するためのもので、残りの25%はプロトコルレベルだと言います。

Byzantiumのzk-Snarksは取引を非公開にする機能を持ち、同時に選択した特定のユーザーに公開することも可能です。

Casperアップデートはコンセンサスの安全性に関する問題を改善し、今後のViperアップデートはスマートコントラクトの安全性を向上する予定です。

スケーラビリティを改善するには、まず前者3つが揃って改善されなければならないため、時間を要することになります。

非中央集権化、セキュリティ、スケーラビリティは揃って機能しなければなりません。現時点でスケーラビリティはイーサリアムとビットコインブロックチェーンどちらも問題を抱えています。

より大きなブロックサイズがあればこの問題は改善されますが、それを強制的に行ってしまうと非中央集権化という部分が犠牲となります。

目標は3つ全てがチェーン上でPlasma、Raiden又はLightening Network(スケーラビリティ問題解決策)などを使い、それらが揃って機能することです。

イーサリアムの送金遅延問題の解決案「Plasma」について
ビットコインで騒がれている送金遅延問題は、世界第二位の市場規模であるイーサリアムにも当てはまりますが、これを解決する案である「Plasma」が今注目を集めています。

さらにヴィタリック氏は、目標はチェーン上でマスターコード、コンソーシアムコード又は他の中央化要素なしで数千の取引に拡大させることだと述べました。

これはシャーディング(sharding)というシステムによって達成されます。シャーディングシステムはメインチェーンを変更することなくサイドチェーンのプロトコルのアップグレードを可能にします。

このロードマップは今後3~5年後に達成する目標で、さらにproof of workからproof of stakeに変更されます。

このプロトコル変更の本質はバリデーターマネージャーを使い従来のマイニング方式を取引認証へと切り替えることとなります。

ヴィタリック氏はこれを2つの世界だと説明し、古い世界では各取引が各ノードによって取り替えられる制限があるため、同レベルのスケーラビリティで機能します。

一方、新世界では独自のルールがあり、複数のノードが特定のシャードを認証するため二次方式のスケーラビリティを持ちます。

このシャードは他のシャードに対してライトクライエントとして役割を果たし、新世界ではシャーディングの実行、改善によってより高度なスケーラビリティを達成できます。

現在イーサリアムは仮想通貨市での全分散型ブロックチェーン以上の取引量を処理し、そのトランザクション数は去年の10倍に増えました。これらの開発は一夜にして達成されるものはありません。

イーサリアムの道のりはまだまだ長期的な目で見ることも必要なのかもしれません。

Ethereum Founder Discusses 3-5 Year Roadmap; Focuses on Improving Security

November 27, 2017 by Martin

参考記事はこちらから
仮想通貨イーサリアム最新ニュースまとめ:価格変動に関する最新情報を随時更新
イーサリアム(Ethereum)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加