CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム創業者ヴィタリック氏ロードマップ(予定表)について発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアムの未来についてイーサリアム創業者が語る
イーサリアム創業者のヴィタリック・ブテリン氏は、イーサリアムは今後セキュリティの改善が重要だと主張しました。
イーサリアムに必要とされる改善点
改善すべき点はプライバシー、コンセンサスの安全面、スマートコントラクトセーフティ、スケーラビリティ の4つです。
スケーラビリティ問題はビットコインと同様最重要課題
ビットコインでも議論の対象となっているスケーラビリティ問題ですが、ヴィタリック・ブテリン氏曰く、この問題は最重要課題となり、解決策を模索している段階であるとのことです。

イーサリアム創業者のヴィタリック・ブテリン氏は台湾のブロックチェーン会談にて今後のテクノロジープランを発表しました。

まず初めに彼は過去数か月間数々のイーサリアムの代替通貨についての声明を引用しました。(イーサリアムと同じ様な特性をもつコインが数多く発表されている現状がある)

『イーサリアムキラーとなるのはイーサリアムだ。中国版イーサリアムもイーサリアムであり、台湾版イーサリアムもイーサリアム2.0である』

そしてイーサリアムプラットフォームにて改善すべき4つの要素を挙げました:プライバシー、コンセンサスの安全面、スマートコントラクトの安全面、スケーラビリティについてです。

ブテリン氏は初めの3つの改善方法は今後のハードフォーク(イーサリアムアップデート)にあると見ています。

最新版イーサリアム‘メトロポリスハードフォーク’25日(月)発表か?
メトロポリスハードフォークが9月25日(月)に発表されるかもしれません。アップデートは二段階のハードフォーク経て完了し、改善されたプラットフォームには多くの応用方法があります。

(メトロポリスハードフォークの1段階目Byzantiumはすでに終了しています。)

Byzantiumは一部のゼロ知識証明や、リング署名などの新しいクリプトアルゴリズムを発表し、これらの新機能はプライバシー問題を解決するためのツールを提供します。

彼曰く、プライバシーに関する問題は75%が基本層を完全に解決するためのもので、残りの25%はプロトコルレベルだと言います。

Byzantiumのzk-Snarksは取引を非公開にする機能を持ち、同時に選択した特定のユーザーに公開することも可能です。

Casperアップデートはコンセンサスの安全性に関する問題を改善し、今後のViperアップデートはスマートコントラクトの安全性を向上する予定です。

スケーラビリティを改善するには、まず前者3つが揃って改善されなければならないため、時間を要することになります。

非中央集権化、セキュリティ、スケーラビリティは揃って機能しなければなりません。現時点でスケーラビリティはイーサリアムとビットコインブロックチェーンどちらも問題を抱えています。

より大きなブロックサイズがあればこの問題は改善されますが、それを強制的に行ってしまうと非中央集権化という部分が犠牲となります。

目標は3つ全てがチェーン上でPlasma、Raiden又はLightening Network(スケーラビリティ問題解決策)などを使い、それらが揃って機能することです。

イーサリアムの送金遅延問題の解決案「Plasma」について
ビットコインで騒がれている送金遅延問題は、世界第二位の市場規模であるイーサリアムにも当てはまりますが、これを解決する案である「Plasma」が今注目を集めています。

さらにヴィタリック氏は、目標はチェーン上でマスターコード、コンソーシアムコード又は他の中央化要素なしで数千の取引に拡大させることだと述べました。

これはシャーディング(sharding)というシステムによって達成されます。シャーディングシステムはメインチェーンを変更することなくサイドチェーンのプロトコルのアップグレードを可能にします。

このロードマップは今後3~5年後に達成する目標で、さらにproof of workからproof of stakeに変更されます。

このプロトコル変更の本質はバリデーターマネージャーを使い従来のマイニング方式を取引認証へと切り替えることとなります。

ヴィタリック氏はこれを2つの世界だと説明し、古い世界では各取引が各ノードによって取り替えられる制限があるため、同レベルのスケーラビリティで機能します。

一方、新世界では独自のルールがあり、複数のノードが特定のシャードを認証するため二次方式のスケーラビリティを持ちます。

このシャードは他のシャードに対してライトクライエントとして役割を果たし、新世界ではシャーディングの実行、改善によってより高度なスケーラビリティを達成できます。

現在イーサリアムは仮想通貨市での全分散型ブロックチェーン以上の取引量を処理し、そのトランザクション数は去年の10倍に増えました。これらの開発は一夜にして達成されるものはありません。

イーサリアムの道のりはまだまだ長期的な目で見ることも必要なのかもしれません。

Ethereum Founder Discusses 3-5 Year Roadmap; Focuses on Improving Security

November 27, 2017 by Martin

参考記事はこちらから
仮想通貨イーサリアム最新ニュースまとめ:価格変動に関する最新情報を随時更新
イーサリアム(Ethereum)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア