CoinPostで今最も読まれています

内外為替一元化コンソーシアムがRippleNetを利用する準備が整った事を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

内外為替一元化コンソーシアム
”内外為替一元化コンソーシアム” にて、61社もの銀行がRippleNetを使用する準備が整ったことを発表されました。
一元的なプラットフォーム
一元的な国内及び、国際の両対応のプラットフォームを作成することで、銀行間のアクセスを容易にし、運用コスト及び、取引コストを削減するだけでなく、支払い状況の透明性も高めることができる、とのことです。

日本はデジタル資産である仮想通貨の成功にとって非常に重要な位置にいる国です。

そして、リップル社を巻き込んで銀行関連の様々な取り組みの中心にもなっています。

”内外為替一元化コンソーシアム” はこのリップル社の技術を使用し、次の段階に進めようとしています。

具体的に言うと、61社もの銀行がRippleNetを使用する準備が整っており、大きな一歩を踏み出しています

この行いによって、国内及び、国際的な銀行業務がどのような影響を受けることになるのか注目されています。

リップル社がアジアの多くの銀行に大きな影響を与えることは確実と言えます。

そして、この技術を正確に理解するのに時間が少々かかったかもしれませんが、既に日本の銀行がこの取り組みに賛同してきていることを考慮すると、滑り出しは順調であると言えるでしょう。

”内外為替一元化コンソーシアム” では、既に稼働開始可能な商品を通してRippleNet を商業化する準備は整っていると発表しました。

これは、企業及び、コンソーシアムにとって非常に大きなブレイクスルーであり、私たちが求めている、より効率的で安価な銀行業務に繋がるのではないでしょうか。

リップルにとってのビッグニュースとそのサポーター達

RippleNetでは、最小限の労力で高速化を実現できるだけでなく、銀行同士の接続性も向上させています。

リップル・ネットワークに参加しているだけで、リアルタイムな国際決済にも比較的容易に行うことができるのです。

さらに、この技術は、高速なだけでなく、手数料の安価さや透明性も持ち合わせており、これは国内送金及び、国際間送金どちらにも反映されています。

これは、提携している61社の銀行だけでなく、日本市場において銀行に関連している全ての人々にとって良いニュースであると言えます。

リップル社のJVPディレクターである吉川絵美氏は下記のようにコメントしました。

”内外為替一元化コンソーシアム”において稼働準備が整ったのはリップル社のチームが支払いシステムを現代化させたいという一心で独創性や献身を積み重ね、そして、コンソーシアムの決済プロセスを向上させたいという強い想いの結果であると考えています。そして、これによって、日本の銀行はRippleNetを使用し、容易にその他の銀行にアクセスすることができるようになったのです。」

このように一元的な国内及び、国際の両対応のプラットフォームを作成することは、大きな挑戦でした。

リップル社のプロトコルは多くの機能を比較的容易に行うことができるのです。賛同者は、xCurrentを使用してリアルタイム決済を使用することもできます。

これは、運用コスト及び、取引コストを削減するだけでなく、支払い状況の透明性も高めることができるのです。

さらに、”内外為替一元化コンソーシアム” では共通ゲートウェイとなるAPI接続も可能にさせ、共有プラットフォーム上でのxCurrentへのアクセスを容易にするでしょう。

Japan Bank Consortium Deems Ripple Technology Production-ready

Dec 6, 2017 by JP Buntinx

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

内外為替一元化コンソーシアムがRippleNetを利用する準備が整ったことにより、リップル社が目指す送金革命に大きく近づいたことになりました。

これにより使われるxCurrentの技術には、XRPが直接的に利用されるわけではありませんが、

XRPを利用しないリップル送金ソリューションが世界で採用される事例が相次いだとしても、XRP送金システムの選択肢も付随し、自ずとXRPの需要増加にもつながる

という旨を、David Schwartz, リップル社チーフ暗号作成者も語っています。

着実に前進しているリップル社を応援するためにも、このような実用のニュースは大事なものとなるでしょう。

リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア