反政府デモが激化する香港と通貨急落のアルゼンチンで「BTCプレミアム」が発生

情勢不安の香港とアルゼンチンでBTCプレミアム発生
政情が不安定な状態が続いている香港とアルゼンチンで共にビットコイン価格にプレミアムが発生しているとの見方が浮上。背景が異なる地域におけるビットコインの市場状況を考察。

情勢不安が続く香港とアルゼンチンでビットコインプレミアムが発生

米8月14日、ニューヨーク株式相場が大幅に反落する中、金先物は反発した。米中貿易摩擦をはじめとする世界情勢の悪化が懸念される中、金現物相場も急伸を続けており、安全資産としての金の価値が再確認される形となった。

一方、ビットコインをはじめとする仮想通貨相場は、急激な下落に見舞われ、資産の逃避先=デジタルゴールド=資産の逃避先としてビットコインの地位が確立する日が、先延ばしになった印象は否めない。

なお本日、コインポストが報じたように、一部の有識者はビットコインが規模の大きいグローバル経済においては、いわゆる安全資産性を発揮することが難しいとも指摘している。

関連ビットコイン 1万ドル割り、安全資産性に陰りか

一方、香港やアルゼンチンといった、政情不安がより顕著な地域では、事情は異なるようだ。

香港の状況

まず、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例 」改正案を巡る抗議活動が、ますますエスカレートし混乱の続く香港では、ビットコインが約4%のプレミアムで取引されていると、14日米メディアのBloombergが報じた。

また、ビットコインのP2P取引サイトLocalBitcoinsのデータによると、香港における15日執筆時の希望売値には、176米ドルから596米ドル(1.7%から5.8%)のプレミアムをつけてリストされている。

このような『香港プレミアム』は、デモが地元警察によって強制排除される始めた6月から観測されている。6月のロイターの報道によると、法案が可決された場合(現在:法案が廃止された)、中国本土の裁判所が、本土で行われた犯罪に関連する資産を凍結し押収するよう、香港の裁判所に要請することができるため、一部の香港の富裕層は、資本をシンガポールなど海外へ逃避させ始めているという。その手段の一つとして、ビットコインが利用される可能性もあったという。

そして10週間にわたり反政府デモの続く香港では連日の空港占拠および抗議活動による欠航・機能不全の状態は14日より、改善が見られている。しかし、抗議の行方や中国政府の今後の対応における不透明な点が未だ多い。

関連13日の市況、香港やアルゼンチン

アルゼンチンの状況

アルゼンチンでは、11日に実施された大統領予備選挙において、野党左派のアルベルト・フェルナンデス元首相が、現職のマウリシオ・マクリ大統領に大差をつけ首位となったことで、金融政策の先行きに不安が広がり、同国資産が急落する中、通貨アルゼンチンペソは、中央銀行の為替介入にも関わらず、一時36%急落、過去最安値を更新した。

米ロサンゼルスを拠点とする仮想通貨ヘッジファンドArca 最高経営責任者のRayne Steinberg氏は、極端な通貨安と政情が不透明な状況において、ビットコインが、最後の砦となりつつあるとして、次のように述べている。

先週だけ見ても、ビットコインはアルゼンチンペソ建てで約50%上昇しており、現地取引所では、かなりのプレミアムで取引されている。同様のショックを経験したベネズエラや香港、トルコに、アルゼンチンも加わった。

アルゼンチンペソ建てで見ると、ビットコイン価格は高止まりしている。

出典:coingecko.com

LocalBitcoinsのデータを元に10%のプレミアムがついているとの報道もあるが、一方では、アルゼンチンにおけるビットコインの普及は、それほど進んでいないとする意見も見られる。

アルゼンチン出身の経済アナリストAlex Kruger氏 は、技術分野関係者を除くと、アルゼンチンにおけるビットコインの知名度は非常に低いため、その市場は小さく、流動性に欠けるものだと述べた。ごく一部の投資家の買いが価格を釣り上げた可能性が高いと見ている。

さらに、過去にも通貨危機を経験しているアルゼンチンでは、米ドルが準通貨として流通しており、ブラックマーケットも確立されているため、通貨安へのリスクヘッジは米ドルで行うことが主流だとしている。ビットコインに対する認識の低さに加え、アルゼンチンペソでビットコインを購入する手段も限られていることが、ビットコインが普及しない一因だと説明した。

参考:localbitcoins

CoinPostの関連記事

重要サポート割れでビットコイン(BTC)大幅続落、閑散続くアルト相場の関心指数は?|仮想通貨市況
ドル円、米国株急騰の影響で下げ足を強めた仮想通貨ビットコインチャート。軟調な展開続くリップルやイーサリアムのアルトコイン情勢では、検索ボリューム推移考察から一般投資家の関心指数が露わに。
韓国と他国の仮想通貨価格差が減少、「キムチプレミアム」は影を潜める
他国の市場と比較し、韓国内で仮想通貨価格が高騰する現象が最近見られなくなった。最大で54.48%あったという価格差が減少している背景には、法定通貨ウォンの下落などの要因があるとみられる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら