CoinPostで今最も読まれています

BTC全体の14%が行方不明/仮想通貨を安全に保管する方法とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨には、取引所に帰属するリスクと、所有者に帰属するリスクが存在する。
仮想通貨はサイバー犯罪者にとって恰好の的であり、ハッキングのリスクが高いです。同時に、仮想通貨をハッカーから守ろうとするあまり、その所有者も仮想通貨にアクセスできなくなる問題が頻発しています。ビットコインに関しては、現在、発行総数の14%が紛失されたという試算もあります。
安全な取引所で購入した仮想通貨を、オフラインで厳重に管理することが必要。
思わぬ事態を防ぐために、仮想通貨は安全な取引所で売買し、ハードウェアウォレットで保管するようにしましょう。さらに、そのパスコードは耐火性のある金庫などに厳重に保管しましょう。

ここ数週間に大勢の人が息を荒げてテキサス州ヒューストンのMcCann Investigations社に問い合わせをしました。

その中には、自分の仮想通貨を紛失してしまった人もいれば盗まれた人までいます。

McCann Investigations社の私設研究者で、仮想通貨を専門としているDorothy Flippov(以下、フィリッポ氏)は、仮想通貨取引アカウントを開設する際に、多くの脆弱性があることを指摘しています。

ビットコインは、従来の伝統的な市場への不信と、ブローカーや銀行から独立した新しい仕組みを創造したいという願望から生まれました。

しかし、多くの仮想通貨の価値が高まるにつれて、自分のデジタル資産へアクセスできるのは本当に自分しかいないのか、という人々の懸念も増大しています。

仮想通貨は従来のサイバー犯罪に比べ、犯罪にかける手間が少なくて済むので、犯罪者にとって夢のようなものです。

仮想通貨のセキュリティー会社であるLedger Wallet社のCEO・Eric Larcheveque(以下、ラチェベク氏)は次のように述べています。

例えば、社会保障番号や銀行口座情報を盗んだとします。

それらは情報であってお金ではありません。

その情報を売るためにブローカーを探す必要があります。

一方、ビットコインは、すでに「お金」であるので、そのような手間がかかりません。

世界中のすべてのハッカーたちが仮想通貨をターゲットにしています。

さらに、仮想通貨の安全システムが高度なことにより、自分までもが容易に締め出されてしまうということに投資家は気付きつつあります。

ブロックチェーンを追跡しているChainalysis社によると、現在までに300万BTC以上が紛失しています。

ビットコインの発行枚数には上限があるので、発行総数の14%が半永久的に失われたことになります。

ブロックチェーンセキュリティのベンチャー企業であるBlockstreamの主任アーキテクトChristopher Allen(以下、アレン氏)は、次のように述べています。

わが社にはビットコインの草創期に関わった人がいますが、愚かなミスのせいで、今であれば数百万の価値があったビットコインを失いました。

仮想通貨を安全に保管するために、専門家は以下のようにアドバイスしています。

安全な取引所で仮想通貨を購入

フィリッポ氏によると、自らの仮想通貨を間違ったアドレスに送金してしまったと言う人が多くいます。

しかし、恐らく実際に起こったことはそれ以上に不吉なことです。

フィリッポ氏は次のように述べています。

実際に間違ったアドレスに通貨を送ってしまうことはまずあり得ません。

宝くじに当たると同時に蛇にかまれ、しまいには雷に打たれるなどという可能性がほとんどないのと同じです。

実際には、仮想通貨を紛失または盗難された人は、誰かに通貨を送るように騙されたのでしょう。

フィリッポ氏は、すべての投資家はしかるべき勤勉さを身につけるべきだと主張します。

相手はどのくらいの期間いるのか、背後には誰がいるのか。

もし相手が訴訟に関わっていたならやり取りはしないようにしましょう。

売買トランザクションにしても、Coinbaseのようなよく知られた取引所にこだわるべきです。

仮想通貨はハードウェアウォレットに移してオフラインで保管

多額の仮想通貨を所有する場合は、Coinbaseのような取引所には保管すべきではないと専門家は言います。

ラチェベク氏は次のように述べています。

パソコンに仮想通貨を保存していて、娘さんがダウンロードしたゲームに付随していたウイルスによって資産がハッキングされた、という悲しい話をよく聞きます。

彼らはすべてを失ってしまいました。

代わりに、通貨と秘密鍵をいわゆるハードウェアウォレットに移しましょう。

the Ledger Nano STrezor(価格は100ドルから200ドル)が人気です。

そういったUSBに似たデバイスによってビットコインやリップルをハッカーに狙われやすいインターネット上から隔離することができます。

ウォレットの重要性について、ラチェベク氏は、次のように言及しています。

本物の金塊を購入したら、まず最初に金庫を買うでしょう。

同じように、仮想通貨を購入したらデジタル金庫を買う必要があることはすぐに理解できることでしょう。

ハードウェアウォレットでは、8桁のPINコードを設定するだけで済みます。

さらに、そのPINを忘れた場合には提供された24語のセットを使用できます。

しかし、オンライン取引所に頼って64文字の秘密鍵を失った場合、所持する通貨にアクセスする方法は他にありません。

ウォレットのパスコードは厳重に保管

アレン氏は次のように述べています。

仮想通貨の保管には注意してもしすぎることはありません。

銀行に行って「これを解決できますか?」などということはできません。

自分の仮想通貨にすぐにアクセスするための24文字を安全な場所に保管しましょう。

アレン氏は、摂氏1500度までの耐久性を持つデバイスであるCryptoSteelへこの文字列を保管することを勧めています。

それから、耐火性のある金庫に入れましょう。

カリフォルニアでは最近山火事も発生しており、アレン氏はこうした何重ものセキュリティがあって良かったと語っています。

How to stop your digital fortune from going up in smoke

January 27, 2018 by Annie Nova

参考記事はこちらから

主要通貨のウォレット一覧はこちら↓

仮想通貨のウォレット一覧 マルチカレンシーやコールドウォレットなど
多様なウォレットを紹介しています。ビットコイン対応ウォレットはもちろん、マルチカレンシー対応・コールド(ハード)ウォレット・モバイルウォレットなど、用途に応じた使い方を解説していきます。
ビットコインニュース一覧
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア