中銀デジタル通貨の基盤技術「ブロックチェーン採用は多くの検証が必要」=MITビットコインEXPO

「ブロックチェーンは中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)に最適とは限らない」

3月7日から8日にかけて、マサチューセッツ工科大学(MIT)でMITビットコインEXPOが開催。中央銀行出身者3名が登壇し、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の発行について見解を述べた。

CBDC発行について賛成することで3名の見解が一致するも、基盤システムとして、ブロックチェーンをはじめとする分散台帳技術を採用することについては、未だプライバシーや技術面などから検証が必要はあると指摘した。パネリスト3名の見解を紹介する。

パネリストらは一致してCBDC発行に同意

国際通貨基金(IMF) Sonja Davidovic氏

CBDCが発展途上国の送金環境を改善する余地があると説明。カリブ海地域の諸島では、家族が異なる島々に離れて暮らしているが、島をまたいだ送金の手数料が非常に高いことで、現金の流通性が大幅に向上する事例を挙げた。

ボストン連邦準備銀行 Bob Bench氏

「すでに数多くのデジタル決済サービスや仮想通貨が存在するが、世界多くの人々はこれらの決済手段を利用できていない」と指摘。デジタル決済サービスの提供は、CBDCの発行が鍵になると主張した。

元イングランド銀行 Robleh Ali氏

CBDCは先進国の経済にとってもメリットがあると主張。すでに企業が展開している便利な決済サービスについて、「各企業に潜在的なリスクが存在する。リスクを加味すると、決済や通貨の管理は国家が主導することが望ましい」と主張した。

コスト面でも、CBDCの発行によって紙幣の印刷コストや偽造防止コストなどが大幅に削減できることが挙げられた。

分散台帳にはプライバシーやセキュリティに関する課題も

パネリストらによると、仮想通貨は金融の効率性を高める重要なツールである一方で、プライバシーや技術的な問題などの弱点も存在する。

国際通貨基金(IMF) Sonja Davidovic氏

分散台帳には利点があるが、「ブロックチェーンという言葉が先行しているせいで、中央銀行は十分な検証をせずにこれらの技術を活用しようとしている」と指摘。分散台帳の導入時には、慎重な技術的検証が欠かせないと警鐘を鳴らした。

ボストン連邦準備銀行 Bob Bench氏

ビットコイン(BTC)を例に挙げ、CBDCにはBTCより強固なセキュリティ、高速なトランザクションが求められる、と主張した。

元イングランド銀行 Robleh Ali氏

CBDCのシステムは分散台帳と従来の中央集権管理システムとを混合させたものになると指摘。各中央銀行がそれぞれの事情に合わせてシステムを選択するべきである、と述べた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

Yilun Cheng

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。