CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン価格は2021年どうなる? 仮想通貨有識者の予想まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2021年、有識者のビットコイン価格予想

20年12月中旬に2万ドルの過去最高値を更新した暗号資産(仮想通貨)ビットコインは、現在も300万円以上の高値圏を推移する。

出典:CoinMarketCap

昨年12月上旬からの月間騰落率は最大+82%を記録したが、その後乱高下している。ビットコイン相場の行く末を予想する有識者の見解をまとめた。

JPモルガン アナリスト

JPモルガンチェースのアナリストNikolaos Panigirtzoglou氏は、今後数年間でビットコイン価格と時価総額はいずれ金(ゴールド)に投資されている資金と同等になると予想した。ブルームバーグが報じている。

ビットコインの時価総額は、年末年始の高騰に際して50兆円を突破したが、Panigirtzoglou氏はデリバティブ商品などを含めた金市場と同等になった場合、ビットコイン価格は146,000ドル(1500万円)に到達するポテンシャルがあると予想。一方で、そのための条件として機関投資家にとって参入障壁となっているビットコインのボラティリティー低下がカギとなると説明し、これには数年かかると分析している。

短期的には現在の上昇相場は続くと見込んでおり、5万〜10万ドル(510万円〜1030万円)に到達する可能性はあるものの、この水準を維持するのは難しいとした。

デジタルゴールドと呼ばれるなど、類似した代替資産性を有する「金市場」との比較は増加傾向にある。

米ニューヨークに本拠を構え、ビットコインファンドを運用する大手投資会社SkyBridgeキャピタルは、金の時価総額10兆ドルに対し、ビットコインの時価総額は5,000億ドルに留まることを指摘。将来的に同水準まで市場規模拡大に至った場合を仮定して、現在価格の約16倍となる535,000ドルを理論値に置いている。

トム・リー

米CNBCの経済番組「Fast Money」に登壇した著名アナリストのトム・リー氏は、2021年のビットコイン市場は約300%の年初来騰落率を記録した2020年相場をも上回ると予想。2017年のような状況が見られると持論を展開した。

トム・リー氏は、新型コロナウイルス対策の金融緩和政策などがドル安につながり、「リスクヘッジ資産」としてのビットコインの評価向上に至ったと説明。今後もドル安が続けばビットコイン価格にとっては上昇要因になり得ると分析した。

また、トム・リー氏が運営する米投資ファンドFundstrat社のデジタル・アセット部門アナリストのDavid Grider氏は、20年末に掲載した投資家向けレポート内で、2021年末までにビットコイン価格が4万ドル(410万円)まで到達する可能性があるとの見解を示している。

リー氏は、2016年の半減期後に強気トレンドが長期化したことを根拠に、2021年も好調な地合いは続くのではないかと予想した。

英投資企業アナリスト:Russ Mould氏

英投資企業AJ Bell社の投資ディレクターであるRuss Mould氏は、同じくビットコインと金(ゴールド)市場を比較する。

ゼロ金利政策や金融緩和において、債権利回りに大きな影響を及ぼす経済のマクロ要因を指摘した。

インフレヘッジの観点からは、米国を筆頭にQE(量的緩和)などの金融政策で法定通貨の価値が低下する中、ビットコインの最大発行枚数2100万枚の総供給量と、金市場の安定した年間供給量(年間約2%)が際立つかもしれないと紹介している。

参考:Forbes

仮想通貨取引所BitfinexのCTO、Paolo Ardoino氏

Mould氏同様、大手仮想通貨取引所BitfinexのCTOであるPaolo Ardoino氏も「デジタル・ゴールド」としてのビットコインの地位確立と、機関投資家の需要拡大が上昇につながっていると分析した。

「4月に4000ドル台だったビットコインが過去最高値を更新した2020年の後、ビットコインのドミナンス(市場占有率)が上がるのは必然的だろう」と説明。今後は個人投資家からもデジタルゴールドとして注目を集めると予想した。

米ヘッジファンド・ディレクター:Mark Newton氏

米投資コンサルティング企業のMark Newton CEOは、長期的には強気トレンドは続くと予想するものの、1月上旬にはビットコインが一旦天井を付け、ピークアウトするとの持論を展開している。

長期的には、1BTCで家が買えるレベル(15万ドル〜20万ドル)に到達する日が来ると予想している。

関連ビットコインの天井は「1月上旬」 米CNCB投資番組で予想

ブルームバーグ投資アナリスト:Mike McGlone氏

ブルームバーグ投資アナリストであるMike McGlone氏は過去のビットコインのトレンドや金との相関性を要因に挙げ、2025年に10万ドル(1000万円)に到達すると予想していた。

関連 ビットコイン1000万円到達は2025年と予想=ブルームバーグ

仮想通貨投資アナリストPlan B

仮想通貨のS2Fモデルを提唱した著名アナリストのPlanB氏は、半減期後の相場における騰落率比較チャートを参考に、過去のトレンドを踏襲した場合、8ヶ月以内にビットコイン価格が10万ドルに到達する可能性もあると強気予想を示している。

関連「過去10年のあらゆる金融商品で最大のリターン」著名アナリストPlanB氏が語るビットコインの資産価値

関連:ビットコイン300万円台到達、加速する資金流入「3つの要因」

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/14 金曜日
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
19:00
イーサリアムの買い方、取引所選びの完全ガイド
米国初のビットコインETF承認の影響でBTC価格が過去最高値を更新し、仮想通貨投資による資産運用の注目度が急上昇しています。本記事では初心者向けに高騰するイーサリアム(ETH)の買い方、アルトコイン投資のメリットやデメリット、リスクなどを解説しています。
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア