CoinPostで今最も読まれています

米国の仮想通貨取り締まり、罰金総額は8年間で2,700億円以上=Elliptic社

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米国の仮想通貨規制

英暗号資産(仮想通貨)分析企業Elliptic社は21日、米国の仮想通貨取り締まりに関するレポートを公開。ビットコインの誕生した2009年から現在に至るまで、仮想通貨関連の摘発で総額25億ドル(2,750億円)以上の罰金が支払われたとするデータを発表した。

Elliptic社はSBIも出資した仮想通貨データ分析企業。最近でも、5月に発生したコロニアル・パイプライン事件に際して、身代金受け取りに使用された仮想通貨ウォレットの特定に成功するなど、ブロックチェーンを利用した犯罪分析も手がける。

同社の調査によれば、ビットコイン誕生以降、米国の政府機関が摘発してきた件数の内訳は以下の通り。関係省庁を見ると、16.9億ドル(1,860億円)がSEC(証券取引委員会)による点だ。

出典:Elliptic

また、総額25億ドルの罰金の内、13.8億ドル(1,500億円)は未登録証券の提供(≠証券法違反)によるもので、詐欺が9.23億ドル(1,000億円)、資金洗浄対策(AML)違反が1.83億ドル(200億円)と続いた。

仮想通貨取り締まりの歴史

仮想通貨関連の大型犯罪が米当局に初めて摘発されたのは2014年。ポンジー・スキームを図り、投資家から累計70万BTCを騙し取った容疑でTrendon Shavers氏とBitcoin Savings and Trust社に対して4,000万ドル(44億円)相当の罰金支払いを命じた。

また、2013年には米財務省のFinCen(金融犯罪捜査網)が仮想通貨取引所にも銀行秘密法が適用されると説明。一般的なMSB(マネーサービス事業)同様に、KYC(本人確認業務)などを通して資金洗浄やテロ資金供与などの対策を義務付けられるようになったとした。

その後、2017年には、ICOによる仮想通貨企業やプロジェクトの資金調達が主流化に。ビットコインやイーサリアム(ETH)などのクラウドファンディングを通じて多額の資金を募る企業が増加したが、投資の見返りとしてトークンなどを提供した場合や、詐欺プロジェクトも多発した。

以降、ICO提供による米証券法違反を摘発する事例が相次いだ。2019年10月にはSECがICOを実行したテレグラム社に訴訟を起こし、20年6月には同社がSECに1850万ドル(約20億円)の罰金を支払い、投資家に総額11.9億ドル(約1,275億円)の資金を返却している。

関連:仮想通貨ICOの有価証券問題とその解決例 テレグラムが20億円の罰金、投資家に資金返還へ

さらに近年ではCFTC(商品先物取引委員会)やOFAC(外国資産管理局)も仮想通貨関連の摘発を強化している。CFTCは主に詐欺やウォッシュトレードなどの取り締まりを担当しており、財務省傘下のOFACは米国の安全保障に関わる組織や人物に対して経済制裁を管理する機関で、これに違反する形で仮想通貨を利用する団体を摘発している。

4月には、OFACがロシア政府の指示で2020年の大統領選挙に不正関与しようと試みた16の団体などに対する制裁措置を発表。関連組織が身分証明書の偽造などの違法サービスを購入した際に仮想通貨を利用したと述べ、取引に利用した仮想通貨アドレスがブラックリスト入りした。

関連:米財務省がロシアに制裁措置を表明──関連団体の仮想通貨アドレスをブラックリストに

仮想通貨関連の最も大きい罰金が下された事例は以下の通り。(判決日時:企業名:罰金総額)

  • 20年6月:テレグラム社:12億ドル(1,370億円)
  • 21年3月:Control Finance社:5.7億ドル(630億円)
  • 17年3月:Steve Chen:2.1億ドル(240億円)
  • 17年7月:BTC-e社:1.2億ドル(134億円)
  • 20年10月:Larry Dean Harmon:6,000万ドル(66億円)

関連:630億円の罰金判決、米仮想通貨投資詐欺の裁判

関連:ビットコインの資金洗浄業者に60億円超の罰金:米国FinCEN

規制は必要

仮想通貨を利用した犯罪の摘発がある中、Elliptic社はこのような大規模な取り締まりがある事は仮想通貨が金融業界における「無法地帯」ではない点を示すと考察。規制機関による違法行為の摘発は悪質業者が繁栄できない状況につながり、既存の法律が最先端技術にどのように適用するのかを明確化すると指摘した。

そのため、仮想通貨業界に一般的なイメージとは違い、米国の規制当局は違法行為に対する取り締まりを適切に行っており、長期的には仮想通貨の正当化と、より多くの人々に受け入れられる土壌作りに貢献しているとした。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧