CoinPostで今最も読まれています

ビットポイント:ICO支援の必要性訴える|決算発表で取引所の収益性の高さが話題に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

株式会社ビットポイントジャパンがICO支援の必要性を訴えた
モーニングスターの報道によると、仮想通貨取引所bitpointを運営する株式会社ビットポイントジャパンがICO支援に乗り出しますCEOがICO支援や枠組みづくりの必要性を訴えました。SBI、テックビューロをはじめとして、日本企業のICO関連事業参入が目立ってきています。これによって、今後日本発のICOが増加していく可能性があります。

5月15日のモーニングスターの報道によると、仮想通貨取引所を運営する株式会社ビットポイントジャパンCEOはICO支援事業を開始すると発表しました。ICO支援や枠組みづくりの必要性を訴えました

また、同日には、ビットコインによる不動産決済を表明しているルーデン・ホールディングスが豪州のブロックチェーン企業に委託し、「ルーデンコイン」を発行してICOを検討していくことをプレスリリースで発表しました。

※追記

株式会社ビットポイントジャパンに問い合わせたところ、ICO支援事業開始ではなく、イベントにおいて株式会社ビットポイントジャパンCEOが「ICO支援や枠組みづくりの必要性を訴えた」のが正しい情報となります。

日本企業のICO関連事業参入によって日本のICOが盛り上がる

最近多くの日本企業がICOコンサルやICO格付けなどのICO関連事業に参入しています。

現在のところ日本のICOの盛り上がりは海外に比べて劣っていますが、今後日本企業によってICOをサポートする体制が出来上がれば、日本でICOが盛んになるでしょう。

すでにICO関連事業に参入している主な日本企業にはテックビューロSBI Capital Baseモーニングスターなどがあります。

テックビューロ

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロは、ICO支援を行うプラットフォームであるCOMSAを立ち上げています。

2017年に行われたCOMSAのICOでは、109億円を調達し、日本のICO支援事業にいち早く名乗りを上げました。

2017年12月にはCOMSAプラットフォーム上で3つのICOが行われる予定でしたが、これらは規制当局からの風当たりが強くなったことで見送られています。

現在は、COMSAプラットフォームを法整備に則って運営するために必要な体制を整えています。

SBI Capital Base

SBI Capital BaseはSBIホールディングスの子会社で、円滑・安全なICOの運営をサポートします。

SBI Capital BaseのプラットフォームもCOMSAプラットフォームもICOの支援を行うという点で共通していますが、COMSAプラットフォームがICOのみに特化しているのに対し、SBI Capital Baseのプラットフォームでは株式などを含む様々な資金調達法の一つとしてICOをサポートします。

また、SBIホールディングスは自社でICOを予定しており、そのトークンが将来SBI Capital Baseのプラットフォームで利用される可能性があります。

モーニングスター

SBIホールディングスの子会社であるモーニングスターは、国内で初めてICO格付けを行う予定です。

モーニングスターでは仮想通貨情報やニュースを取り扱っており、4月にはICOの予定表などを表示するアプリ「My仮想通貨」をリリースしています。

マーケットの反応

さらに、5月15日の東京市場引け後にはリミックスポイントが決算を発表しました

それによると、経常利益は前年同期比560倍に達し、一株利益も-1.1円から46.3円に大幅改善しています

中でも注目なのは、取引所の収益が同社の営業利益の上昇のほとんどを占めている事です。

コインチェック社の業績開示時と同様に、仮想通貨取引事業の収益性の高さに対し驚きの声が上がっています

また、5月15日の引け後に報じられたルーデンホールディングスのICOのニュースによって、PTS取引で同社の株が一時ストップ高まで買われました。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア