CoinPostで今最も読まれています

米インフラ法案採決の前哨戦:アラバマ州に広告看板「仮想通貨を葬るな」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

9月27日に迫るインフラ法案採決

暗号資産(仮想通貨)セクターへの3兆円規模の課税強化を含むインフラ関連法案が、修正案を検討することなく採決へ進むことになった。8月24日、米下院議会は220対212という僅差で、9月27日までに同法案を採決することを決定した。

関連:米下院インフラ法案の修正は行わず 問題視された仮想通貨セクター報告要件の行方は

インフラ法案の仮想通貨条項について、業界からは広範囲にわたる「ブローカー」の定義を問題視する声が上がり、上院の審議では複数の修正案が提案され議論は白熱した。しかし、修正案が導入されるためには全会一致の決議が必要とされている中で、Richard Shelby議員(共和党)が反対したため、修正案が追加されることなくインフラ法案は、8月10日に上院を通過した。

下院に送られた同法案に対し、再度、ブローカーの定義に関する仮想通貨条項の変更がAnna Eshoo議員より求められたが、前述の通り、最終的には修正が加えられない結果となった。

関連:米下院議員、インフラ法案の修正求める 過度な仮想通貨規制に反対

このような経緯を辿ってきたインフラ法案だが、来月下旬に迫った下院での採択を前に、連邦議員と草の根運動の両レベルで、状況を改善するための努力が行われていることが分かった。

インフラ法案とは

米上院から提出され、今後8年間で1.2兆ドル(約130兆円)を道路・橋、鉄道、港湾・空港、水道、高速通信網、電力網などの国内インフラへの投資を提案する法案。バイデン政権の経済分野の主要政策の1つである。

▶️仮想通貨用語集

巨大な看板広告を設置

その一つが、アラバマ州バーミンガムに出現した大きな看板広告だ。上院で修正案の追加を阻止したRichard Shelby議員はアラバマ州選出の議員の一人。

「Richard Shelbyは我々の基本的自由の保護に反対した」という文言の広告は、デジタル権利擁護団体「Fight for the Future」が、仮想通貨で寄付を募って設置したもので、「♯DontKillCrypto」(仮想通貨を葬るな)のハッシュタグが添えられている。

Richard Shelby議員は、インフラ法案の審議で、仮想通貨条項とは関係のない、500億ドルの防衛予算の追加を求める独自の修正案を提唱していたが、民主党のBernie Sanders議員が却下した。結果的にShelby議員のみが仮想通貨条項の修正案に反対し、この修正案は導入されなかった経緯がある。

Fight for the FutureのEvan Greer氏は、この広告は選出された議員らに対し、「議員として、分散型技術や仮想通貨問題に無知であることは許されないということを示す意図がある」と述べた。

先に上院での修正案に対する議論が高まった背景には、仮想通貨支持派議員や業界からの呼びかけに応じた有権者が、議員事務所に頻繁に電話するなど直接的な行動を起こし、仮想通貨に関する社会の関心度の高さを議員らに見せつけた背景がある。

また、Fight for the FutureがSNSで開始した「♯DontKillCrypto」活動はトレンド入りし、大手メディアもインフラ法案関連で仮想通貨規制の議論を取り上げるなど、その圧倒的な反響は、議会も無視できない水準に達した。

関連:米インフラ法案の投票が再び延期、仮想通貨条項で議論難航

Toomey議員が仮想通貨法案の提出を呼びかけ

一方、上院でインフラ法案の修正に尽力したPat Toomey議員は、仮想通貨とブロックチェーン技術に好意的な法律を明確化するための活動を開始した。

8月26日、Toomey議員が幹部メンバーを務める上院銀行委員会は、同日から9月27日まで、「仮想通貨投資家の保護を継続しつつ、新興の仮想通貨およびオープンブロックチェーンネットワーク技術の開発をサポートする連邦法のアイデアや法案」を募集している。

提案可能なトピックは多岐にわたるが、ステーブルコイン、仮想通貨と証券問題、決済・送金の監督、分散型金融、仮想通貨取引所や適切な規制目標などが一部の例として挙げられた。

Toomey議員は、米国が仮想通貨とフィンテックをリードする存在であるためには、連邦議会が、そのシステムを正しく理解することが重要だと主張。議員に法案の提案を呼びかけることで、仮想通貨分野への理解を深める狙いがあると思われる。

仮想通貨やブロックチェーン技術は、インターネットと同様の革新的技術であるだけではなく、費用のかかる中間業者を介することなく、個人同士が直接、金融取引を行うことによって、富と経済的自立を築く可能性を秘めている。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。
10:30
LayerZero、脆弱性に関する指摘に反論
LayerZero LabsのCEOは、同社プロトコルのスマートコントラクトに脆弱性があるとの指摘に反論。仮想通貨の盗難につながる可能性もあるが、これは仕様であると説明している。
10:05
東欧モンテネグロ、リップル社とデジタル通貨の実証実験へ
モンテネグロのアバゾビッチ首相は、リップル社と協力してデジタル通貨またはステーブルコインを構築する実証実験プロジェクトを開始したと発表した。
08:30
マスターカード、ブラジルでバイナンスのプリペイドカード発行へ
仮想通貨取引所大手バイナンスは金融大手マスターカードと提携し、ブラジルでプリペイドカードを発行開始。
07:45
ツイッター、仮想通貨の決済機能導入か
ツイッターは、決済機能の導入に向けてソフトウェアを開発をしていることがわかった。Elon Musk氏は、仮想通貨機能を追加できるようにしたいと考えているという。
07:20
米株市場・仮想通貨全面安|31日金融短観
本日のニューヨークダウは7日ぶりに反落し、ナスダックや金先物なども全面安。ドル相場はFOMC政策金利や米雇用統計などの重要発表を前に買い戻された。
01/30 月曜日
17:15
YGG Japan、プライベートラウンドで4億円相当を資金調達
株式会社ForNは、YGG Japanがプライベートラウンドでスクウェア・エニックスやセガなど18社から4億円相当の資金調達を完了したことを発表。環境整備し「職業ゲーマー」の輩出を目指すとした。
15:47
岸田総理、メタバースなどデジタル技術用いた地方活性化に意欲 予算委員会の答弁で
自民党の神田潤一議員が衆院予算委員会で政府の「Web3政策」について質問し、地方創生に関するデジタル化推進提案を行った。これに対し岸田総理は、メタバースなど最先端デジタル技術を取り込んだ地方活性化に前向きな姿勢を示した。
12:43
米バイデン政権、仮想通貨のリスク軽減に関するロードマップを発表
米ホワイトハウスは仮想通貨のリスクを軽減するためのロードマップを発表。米議会に対し規制整備のための努力を強化するよう要請する一方で、仮想通貨と既存の金融システムの融合については「重大な誤り」と警告した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア