CoinPostで今最も読まれています

米SECゲンスラー委員長、仮想通貨について欧州議会と意見交換を実施

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨で意見交換

米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は1日、金融サービスについて欧州議会と意見交換を行なった。

議題として暗号資産(仮想通貨)も取り上げ、規制整備の必要性について、最近繰り返し述べている自身の見解を欧州議会にも伝えている。その中で、特に重要視したい内容として「仮想通貨の取引・貸付」と「ステーブルコイン」を挙げた。

オンラインで意見交換を行なったゲンスラー氏は仮想通貨について、「2.1兆ドル(約230兆円)規模のこの資産は、世界中で24時間休みなしで取引されている。この技術は、これまでと同様、金融や通貨の領域における変化のきっかけになり得る」と切り出した。

そして過去の発言と同様、「私は技術には中立だが、公共の政策に関しては中立ではない」と繰り返し、「我々は、新しい技術が誕生した際に、公共政策の目的を達成しなくてはいけない」と主張して、規制整備の必要性を訴えた。

今回も「金融のイノベーションは、公共政策の枠組みの中に取り込んでこそ長期的な繁栄が可能になる」と述べ、これからも投資家や消費者を違法な行為から守り、金融の安定を維持しないといけないと語っている。

関連米SECゲンスラー委員長「現在流通する仮想通貨の大半は、証券法対象となる可能性がある」

特に議題として取り上げたいとした仮想通貨の取引・貸付については、中央管理者がいるプラットフォームにもDeFi(分散型金融)の取引所にも、投資家保護のための明確な義務が与えられていないと指摘。「残念ながら、仮想通貨には詐欺などの不正行為が蔓延している」と話した。

またステーブルコインについては、すでにかなり利用が増加していると説明。内容を理解しやすいように、ステーブルコインの例として、現在フェイスブック主導で開発が進められているディエムを挙げて主張を行なった。

その上で、取引と貸付の両方でステーブルコインが広く利用されていると今回も主張し、既存の金融システムやマネーロンダリング対策(AML)、制裁等の抜け穴として使われる可能性があると指摘している。

ディエムとは

2019年6月に「リブラ」の旧称で、ホワイトペーパーが発表されたステーブルコイン。当初は、複数の法定通貨などに裏付けされたステーブルコインを計画していたが、金融システムへの影響等を懸念した政府や規制機関から懸念が相次ぎ、現在は米ドルのみに担保されたステーブルコインを発行する方針へ変更している。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨リブラ(ディエム)とは|初心者でもわかる特徴を解説

技術に関する質問

ゲンスラー氏は、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で「金融とブロックチェーン」に関する研究・指導を行なってきた。仮想通貨への造詣も深い。

CoinPostの提携メディアThe Blockによると、アイルランドの欧州議会のメンバーから、ゲンスラー氏に対し、技術に関する質問が上がったという。それは「規制当局が投資家保護を実行するために、取引所に適用することができる新しい技術はあるか」という内容だった。

ゲンスラー氏は「AMLや投資家保護のために、プラットフォームをサポートする技術は複数ある」と回答。「ハードウェアとソフトウェアを組み合わせて対応を行う必要があるが、特に重要なのはソフトウェア。立法機関や規制機関として、技術を活用して対策を行うことはできる」と答えている。

関連米SEC、DeFiの監視でブロックチェーン分析企業と契約か=報道

今後の仮想通貨業界の在り方

1日にゲンスラー氏は、『Financial Times』のインタビューにも応じた。

そこでも仮想通貨に言及し、公共政策の枠組みに取り込む必要性を語ったという。そして、「今から5年から10年後に仮想通貨業界が生き残るには、公共政策の枠組みの中に収まっているべきだ。最終的に金融に必要なのは信頼である」と指摘した。

そして、以前と同様に仮想通貨の多くは有価証券に該当する可能性があると繰り返し、その場合、取引所はSECへ登録して欲しいと主張。「仮想通貨のプラットフォームは許しを請うのではなく、許可を求めるべきである」と話したという。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア