急落後の仮想通貨市場に警戒感、最高値更新のSOLはXRPを超え時価総額6位に

ビットコイン相場と金融マーケット

9日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比-3.32%の506万円と軟調な値動きとなった。様子見基調で反発後の買いが続かず、警戒感が燻っている。

7日深夜帯〜8日にかけて起きたビットコインなど仮想通貨市場暴落に伴い大規模なロスカット(強制清算)が発生した。

関連:仮想通貨市場で大規模ロスカット発生 ビットコイン一時1万ドル幅の暴落

FTXの親会社アルメダ・リサーチ(Alameda Research)のクオンツトレーダーであるSam Trabucco(@AlamedaTrabucco)氏は、 先物市場でバイナンスのOI(未決済建玉)が急速に膨らんでいた点を指摘。「先物市場における現物市場との上方乖離とOI上昇が、過剰なレバレッジポジションの一掃をもたらした。いつものことだ。」と見解を示した。

このようなデリバティブ(金融派生商品)市場の過熱感を発端とする相場の急落・調整(是正)局面は、2021年以降の強気相場でも、1月10〜11日、2月22〜23日、3月15日、4月18日、5月12日(下図:①〜⑤)と、少なくとも5度に渡って発生している。

特に④は、米最大手取引所コインベースのナスダック上場直前の祝賀ムードも重なり、BTC価格は65,000ドル(700万円)近くに達するなど過去最高値を更新した局面だ。先物市場の資金調達率(ファンディングレート)が上昇するなど過熱感高まる中で発生しており、今回と状況が似ている部分もある。

今回も、アルト市場の過熱感が徐々に高まり、エルサルバドルでビットコイン法定通貨化法案が施行されるという歴史的節目にあって、利益確定の事実売り(セルザファクト)が強まった結果、相場に冷や水を浴びせた形となった。

短期的にはチャートが崩れ注意したい局面であるが、サポートライン(下値支持線)の42000ドルを割り込まない限りは、トレンド継続の目は失われていないようにも見受けられる。

個別銘柄の動向

地合い悪化で軟調な通貨が多くある中、一部銘柄は逆行高となった。

SOL

7日深夜〜8日の急落で仮想通貨市場は全面安となったが、その中でソラナ(SOL)はいち早く急反発。そのまま急落前水準を回復して過去最高値を更新するなど、ラージキャップアルトでは、独歩高と言える状況となった。

出典:Messari

9日にかけて、前日比+19%で200ドルの大台に達した。Coinmarketcap(CMC)時価総額ランキングではXRP(リップル)を超え6位に浮上するなど、その勢いは止まるところを知らない。

FTX経済圏への機関投資家参入のほか、オープンNFTマーケットプレイス及びSOL基盤のNFTプロジェクト「Degenerate Ape Academy」を筆頭に、直近では「Star Atlas(スターアトラス)」のNFTセールと関連銘柄高騰など、NFT市場で急速に高まる存在感が寄与しているものと思われる。

Solanaブロックチェーン上に構築されるNFTゲーム「スターアトラス」は、仮想空間(メタバース)で行われる大規模なマルチプレイヤーオンラインゲームだ。Epic Gamesが開発した「Unreal Engine 5」で動作するもので、映画品質のリアルタイム環境を搭載できる映像美も強みの一つ。

大手デリバティブ取引所FTXや分散型取引所Serumなど、Solana基盤のプロジェクトによって支援されている。

先日、Solana基盤の分散型取引所「Raydium」でIDO(Initial DEX Offering)が行われたほか、FTXでは150FTTのステーキングでIEO(Initial Exchange Offering)抽選権利が得られる仕組みを導入しており、今後もIEO需要継続が想定されることも、投資家心理とFTTなど関連トークンの需給面を後押しする。

スターアトラスでは、ゲームのNFT購入などゲーム内通貨として使用可能な「ATLASトークン」のほか、2つ目のトークン「POLISトークン」は、ゲーム内のガバナンストークンとして機能する。

IOST

国内上場銘柄では、アイオーエストークン(IOST)が前日比+40%近く高騰。8.58円まで上昇した。

出典:CoinPost

韓国大手取引所Upbitで出来高1位となるなど、韓国市場でも活気付いている。

出典:Coinmarketcap

IOSTは、次世代コンセンサスアルゴリズム「Proof of Believability(PoB)」に基づく、高速分散型ブロックチェーンネットワーク。分散型経済のセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たすオンラインサービスの基盤となるアーキテクチャを⽬指している。

IOSTは、国内取引所ではコインチェックで取り扱いされているが、今月10日には、OKCoinJapanへの新規上場が予定されている。

8月23日には、国内大手総合格闘技団体の「RIZIN」が、試合のハイライトやベストショットを収録したNFTを購⼊し、コレクションやトレーディングを楽しむことができるデジタルトレーディングサービス「RIZIN FIGHTING COLLECTION」を発表。

提携するNFT-Japanの合原CEOは、「ファン向けのリアルグッズや観戦チケット等を特典とした、RIZINならではの新しいNFTの活⽤⽅法に積極的にチャレンジしたい」と言及していた。

関連:総合格闘技「RIZIN」が提供するスポーツNFTにIOSTブロックチェーンを採⽤

公式mediumの発表によれば、8月31日には、バイナンススマートチェーン(BSC)基盤のAMM(自動マーケットメーカー)DEX(分散型取引所)である「KokomoSwap」との戦略的提携を発表。KokomoSwapチームによって開発された、クロスチェーンブリッジにより、IOSTとBSC間の相互運用性を実現。IOSTからBSCへのトークン(アセット)転送ができるようになった。

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します