ブロックチェーンはアフリカを変えるか? Jeluridaが現地で普及活動

急成長する巨大市場、アフリカ

アーダー(Ardor)、イグニス(Ignis)、ネクスト(Nxt)の開発および提供で知られる、スイスのブロックチェーン企業ジェルリダ(Jelurida)が10月12日、 教育イベント「East Africa Blockchain Expedition(東アフリカ・ブロックチェーン・エクスペディション)」の開催を発表。10月23日〜11月24日までの約1ヶ月間、東アフリカの8ヶ国でブロックチェーン技術の教育と普及を目指す。

本社のスイス以外にも、アフリカと韓国にオフィスを構えるジェルリダは、タンザニアのダルエスサラームに支部であるJelurida Africaを持つ。アフリカでの事業としては、ソフトウェア開発およびブロックチェーンに関するコンサルや啓蒙活動を行っている。

関連:Jelurida Africaがナイジェリアの仮想通貨サービス禁止令にコメント

今回のイベントでは、スマートコントラクトと分散型台帳技術(DLT)の専門家グループが、DLTの持つ可能性に対する認識を高めるため、現地のイベント参加者向けにトレーニングを実施。現地の政府関係者、大学、銀行、テクノロジーハブなどとのミーティングやオンサイトトレーニングを行い、参加者へ「ブロックチェーン認定証」とともに、電子書籍などが無償提供される。

分散型台帳技術(DLT)とは

分散型台帳技術はDLTとも呼ばれ、英語の(Decentralized Ledger Technology) の省略で、日本語訳したのが分散型台帳技術である。「De-centralized = 中央集権でない(つまり非中央集権)」な台帳技術(Ledger Technology)のことである。

仮想通貨用語集

Ignis活用による技術発展へ

ジェルリダが開発するアーダーブロックチェーン上では、そのチャイルドチェーンであるイグニスのように、完全に分散化されたパブリックチェーンが実装されているのが特徴の一つだ。

チャイルドチェーンとしてのイグニスには機能制限がなく、アーダープラットフォーム上の全ての機能が利用できるパーミッションレス型ブロックチェーンとして稼働していることから、新興地域でのNFT(非代替性トークン)やゲーミフィケーションなどの活用が期待されている。

関連:スマホでNFT取引が可能に アーダーブロックチェーンの「NFT Magic」とは

ジェルリダは、アーダーブロックチェーンとイグニスチェーンの豊富な機能を活用し、参加者がブロックチェーンの技術力を目の当たりにできるような、今後の活用が見込めるユースケースやイノベーションにフォーカスしたトレーニングを提供するという。

関連:墺政府機関も参画する実証実験「Cycle4Value」とは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します